All Articles Reason
理由6で粉砕機をアニメーション化
Toby Pitman on Tue, January 17th 0 comments
Toby Pitman shows how the Matrix Pattern Sequencer can be used to control different sound characteristic of a loop. Basically, we're talking audio animation in Reason 6!

私は、理由6で新しいコンプレッサ/ mangler粉砕持つすべて非常に精通していたと思います。これは、本当によくドラムの音と、何かをマングリングするのは非常に部分的なイム私の理由に歓迎です!

それは、アニメーション化するビット奇妙に思える/テクニックはサイドチェインの形で長年ビジネスをしているコンプレッサーを自動化することがありますが。これは、別の圧縮量を制御するためのオーディオのワンピースの信号を使用しています。しかしこの記事では、イムループ上でスカッシュの量を制御するためのマトリックスパターンシーケンサーを使用してこれを実行するつもり。


ステップ1

だからここに私がDr.Rexループのプレーヤーを持って見ることができます。これは、Reasonのファクトリーサウンドバンクからループがロードされます。私はちょうどそれを音の文字のビットを与えるためにそれを介してバンドパスフィルタを持っている。このような基本的なループ音:

Dr.Rex loop player


[オーディオID ="10606"]


ステップ2

Dr.Rexを選択した状態で、私はちょうど作成するために行くことによって粉砕を追加することができます

粉砕器の内部にアイブはちょうど少しそれをグランジに汚れのビットを追加しました。スカッシュの設定はゼロになります(よくビットでこれに来る)とフィルターセクションはバイパスされます。ここでループは次のようになりました。

Pulveriser settings


[オーディオID ="10605"]


ステップ3

だから今我々は楽しみの一部になる。先に行くと作成するために行くことによってマトリックスシーケンサーを作成する

Matrix Pattern Sequencer


ステップ4

ここでは、マトリックス上に下の行にアイブプログラミングシーケンスを見ることができます。分解能は16分音符に設定されています。ゲートはまた速度の情報が含まれているため、あなたが門の行の値を調整することによって、目的のどれだけのスカッシュを制御することができます。私のループ上の効果の例です:

Programmed sequence


[オーディオID ="10607"]


ステップ5

また、味への粉砕器でCVの入力レベルを調整することによって、マトリックスから送信された効果の全体量を調整することができます。

Adjust CV input level to taste


Youllはあなたがドラムと、このテクニックを使用して、他の音楽のループ上にいくつかの本当に素晴らしいポンピング効果を得ることができる見つける。マトリックスはまた、利用可能な他の2つのパラメータ、注意してカーブを持っています。これらも同時に同様に粉砕器で他のパラメータを駆動するために使用できる、曲線によって変調されたフィルターのカットオフと言う。これはまた、汚れの量を使用して、本当によく働く。

マトリクスシーケンサーの良いところは、それがトラックoutを介してさまざまなバリエーションを可能にするトラックに配列決定することができる利用可能な32パターンを持っているということです。


Comments (0)

You must be logged in to comment.

Feedback
Course Advisor
Don't Know Where To Start?
Ask A Course Advisor
Ask Us!
Copy the link below and paste it into an email, forum, or Facebook to share this with your friends.
Make money when you share our links
Become a macProVideo.com Affiliate!
The current affiliate rate is: 50%
Classes Start Next Week!
Live 8-week Online Certification Classes for: