All Articles Reason
独占プレビュー:プロペラヘッズによる理由6の新機能
Rounik Sethi on Tue, July 12th 2 comments
Arguably the most accessible, enjoyable and cool music program on the planet, Reason just got an upgrade. Version 6 combines the audio recording, editing & the mixer from Record...

バージョン1.0は、疑うことを知らない世界に解き放たれて以来、それは11年だったし、


さよならレコード、オーディオこんにちは

プロペラヘッズが最初に彼らのオーディオシーケンサー、リリースしたときのレコードを 、その機能が理由に直接マージwerentなぜ、私たちの多くは疑問に思いました。よく、理由6は、現在のレコードからすべての機能を兼ね備えています。そう、オーディオ録音と音声編集はすべてここにいます。これらの他のプログラムのオーディオとシーケンシング能力を利用するためにはAbletonの、ロジックは、Cubase、ReWire経由などに理由をフック過去の多くのスタジオミュージシャンに。今それが理由6がちゃんとした独自の本格的なDAWと見なすことができる表示されます。

理由6は、無制限のオーディオトラックを録音することができますし、それはまた、カンプのエディタを備えています。これにより、ユーザーがパフォーマンスを記録するために複数回を可能にし、だけでなく、最高のテイクを選択できますが、完璧な録音した演奏を作るために各性能の部分(または活用)とそれらの複合を選択します。


強化された時間ベースのシーケンサエンジンを含むことで簡単に時間のあらゆる種類のテンポと/または、曲全体または個々のオーディオ部分のピッチを変更するストレッチや入れ替えトリックを実行できることを意味します。そして、そのすべての非破壊的過ぎる。


混合デスク

すべてのDAWは、ミキシングコンソールを持っていますので、理由6に含まれているものについてとても特別なワーキングホリデー?各チャネルの機能は、EQ、ダイナミクスのコントロールの質量は、エフェクトセンド、フェーダーセクションの柔軟なルーティングオプション、バスの圧縮と、そしてもちろん、効果を挿入する。その後も曲をマスターするために迅速かつ簡単な方法を対象としたマスターコンプレッサーセクションのtheres。まだ感動ではない? [OK]をクリックします。あなたは音とルーティングオプションをチェックアウトする必要があります。プロペラヘッズは、有名なSSL 9000Kでその机をモデル化した。それは非常に良いことであるSSL 9000でモデル化されたEQやコンプレッションに等しい!


EMをため込む

三新たな効果も発表されている。実行スルー短いが考えられます:

Pulverisor:あなたのオーディオ信号に適用汚い、カリカリ、押しつぶさ圧縮または歪みを必要とすればこれが訪れる一つかもしれない。


エコー:プロペラヘッズは、遅延の両方近代的でアナログ、古い学校の長所としてこれを記述する。強調は、再生可能なパフォーマンスへの影響として使用されているエコー上の場所です。


ワニ:ゲート効果、私はほとんどこのトリプルフィルタ処理されたゲートの利益の愛好が過ぎる。アリゲーターに到達する音の信号はすべて個別に処理可能な3つのチャネルに分割されます。音のその各チャンネル、という発想だが、それは平らなシンセ音やドラムのループになるかどうか、複雑なリズムテクスチャまたはツイストループに変換することができます。ワニはまた歪み、モジュレーションやディレイが独立して3つのチャネルのそれぞれに適用できる独自のエフェクトセクションを搭載。


ネプチューン:プロペラヘッズは常に高く、そのタイムストレッチ技術が考えられてきた。海王星は、正面から自然に転置のボーカルを希望される方に向けたピッチ補正を提供します。音声合成機​​能は、ユーザーが新しいハーモニーを作成し、風変わりで素晴らしい効果のすべての方法を作成することができます。


他には?

バランスはいくつかの非常に興味深い機能を備えたプロペラによって設計されたUSB 2オーディオインターフェイスです。あなたがすべての後にその別のミキサーを必要としない場合がありますので、インターフェイスから/ 2の2であるにもかかわらず、バランスは入力の全範囲を持っています。

非常に使いやすいように設計された、バランスはクリップが安全と呼ばれる1つのスタンドアウト機能を備えています。インターフェースは別々のチャンネル(下のボリューム一つ)への入力信号の2つのバージョンを記録します。任意の場所に記録クリップは、オーディオのバックアップピースを持っている場合は、代わりに使用することができます。非常に賢い。

アップグレード :理由6は2011年9月30日に出荷する予定です。の範囲があります。

バージョン

  • Reason: 449 USD
  • Reason Essentials (Record + some elements of Reason): 299 USD
  • Balance with Reason Essentials: 499 USD

そして最後に:プロペラヘッズは、理由6は完全に64ビットになることを発表しました!



そのため、新しい理由6発表のあなたの見解は、ワーキングホリデー?バランスに興奮?下のコメントにあなたの考えをポップし、お楽しみにして、Googleまでお知らせ理由6ビデオチュートリアルでニュースをmacProVideo.com


Comments (2)

You must be logged in to comment.

  • Mortar
    Um, It's Propellerhead, not "heads".
    • 7 months ago
    • By: Mortar
    Reply
  • Tozyboy
    Thanks for the info. regarding Reason 6. I'm looking forward to use 'Reason 6' either standalone, or rewired into Cubase 6, and now that it is 64-bit (I guess also rewire is 64-bit), I will be able to rewire to Cubase 6 (64-bit). This was one of the things that were not possible to accomplish with 'Reason 5', since it was still a 32-bit application. The new instruments and effects in R6 look very cool, I just wish they integrated Recycle into Reason 6, but ... I guess they have some reasons for not doing so, or maybe they are planning to do so in a future R6 update. FINALLY.. I would love to see some new Reason 6 MacProVideo tutorials releases in the near future. Cheers, Muziksculp
    • 7 years ago
    • By: Tozyboy
    Reply
Feedback
Course Advisor
Don't Know Where To Start?
Ask A Course Advisor
Ask Us!
Copy the link below and paste it into an email, forum, or Facebook to share this with your friends.
Make money when you share our links
Become a macProVideo.com Affiliate!
The current affiliate rate is: 50%
Classes Start Next Week!
Live 8-week Online Certification Classes for: