All Articles Reason
理由で最初から最後まで作るループ
G.W. Childs IV on Thu, April 28th | 0 comments
It seems like there are two camps of people. People that use loops, and people that don't. The people that use loops like them because they can quickly flesh out a song with percussion, guitar riffs,

人々の二つのキャンプがあるようだ。ループを使用する人と、そうでない人。

彼らはすぐにパーカッションと歌を肉付けする、ギターのリフ、ドラム、そしてより多くの可能性があるため、それらのようなループを使用する人々、彼らは実際にそれらの楽器を演奏していなくても。ループは、それだけで本当に一人の人間の時のバンドの姿を作成するのに役立ちます。

オーディオループを使用していない人は、傾向にあるいくつかのケースで、すでに楽器、または2つを果たしていること"ドゥーイットyourselfers"。おそらく彼らは、必要性を感じていない、または他のケースで、彼らはちょうど考える、"私はそういったことより上だ!"

私は後者のsnobbiest深さに存在するために使用。私はすべての曲がすべてのドラムビート、あらゆる音、あらゆるリズムでちょうどその歌、時代に新しいのすべてのブランドを鳴らすように完全な調査であることを感じた!

As I began getting more business, however, I had to jettison this kind of elitism and realize how loops were extremely helpful, and would also help me get my tracks out on time, on budget, so I could make my money (unfortunately a very important portion of the freelance artists way of life. Mmmmn, food!).

At first, I began employing loops with a heavy heart, and some level of discretion. I was also very quick to hide this new addition to bandmates of mine who'd heard me rebel many times against using recorded loops. To this day, they either still don't know, or they're just humoring me.

私はループを採用し始めた後、私は、迅速に実現の一つは、私は定期的に私の歌の中で使用される定番リズムがあったことです。特定のハイハットのパターン、特定のドラムビート、ベースラインのパターン、およびより多くの。実際に、私はまた私が本当に私は別の曲に手に入れたしたい特定のパターン、ギターのリフとよりもあったことに気づいた。許、すべての後のこのクレイジーなループのものに何かがあります。

これは私が自分の曲のために後で使用することが私自身のもののループを作るために私を導いた。これらはプライベートであり、私は自分の芸術性を侵害したいような気がする必要はありませんでした。

セットアップ

このチュートリアルでは、私はあなたがそれらを必要なときにいつでも自分の作品の後半でそれらを使用できるように、簡単に自分でループをキャプチャする方法を紹介したいと思います!

しかし、私が始める前に、私は非常に簡単なルールを警告することができます。ループがシンプルに!それがドラムのビートの場合は含まれている多くのを使用したいのですが。

  • Hihats
  • Kick
  • Snare

キックとスネアつのループを行うことを検討し、完全に別のループをhihats。その理由は、Logic Proの、Ableton Liveの、リサイクル、などのオーディオプログラムでは、少し、複数の部品が互いの上に遊んでいるときに混乱することができますされている。と、これはループ全体の質の低下をもたらすことができる。ループがシンプルに!

さてさて、邪魔にならないその小さな警告で、私は既存の曲からループをキャプチャするに取り掛かる方法を紹介するつもりです。私はこれをチェックアウトして、あなたは、ループの非常に涼しい、個人的なライブラリを構築できるように、自分でそれを採用したお試しいただけることを願っております。

我々は、私が現在私達のモルモットとして働いているこのトラックを使用します。基準点の場合は、ここに(とように聞こえる)、それが現在のようになります。

[オーディオのid ="6118"]

ステップ1:あなたが望むソロ!

すべてのオーディオのエクスポート機能を使用すると、ソロ、あなたのループに使用する部品をする必要があるか、曲全体のループを得る。私は先に行くと私は楽器と一緒に、必要のないドラムパートをミュートするつもりです。

あなたは、私は一スネアをアクティブのままにしていることに気付くでしょう。それは、全体的なリズムに追加し、それが小さいです。また、私はシーケンサからミュートいないよいることに気づくでしょう。私はミキサーからそれをやってる。はい、私は自分の気に入った部分を持つサブミックスを設定する。また、キックは私ハイハットのサブミックスのコンプレッサーのサイドチェーンだと私はそのポンピング効果が起こっておきたい。

ステップ2:ループのループポイントを

我々は、オーディオ部分がエクスポートされようとしているDAWを伝える必要があります。それは全体の曲、または曲の一部になる?我々は、このインチコンピュータを埋めるためにループポイントを使用しますすべてのDAWとのための普遍的ですが、ここであなたが理由でそれを行う簡単な方法です。

Optionキーを押しながら、対策が最上部に示されている場所のループが開始する場所をクリックします。これは、左ロケータを配置。 Commandキーを押しながら、ループが最上部にあるタイムラインで終了する位置をクリックします。これは、右ロケータを移動します。


You can turn the loop function on in your sequencer just to verify that it's looping properly. However, in Reason, and in most sequencers, the snap function is set automatically that usually ensures that your loop locators land exactly on the bar. And it is extremely important that the bar snap function is on. If the loop exports slightly off, then your loop won't play right, (or loop right - Ed) and it's not fun to fix. Trust me.

手順3:ループをエクスポート

真実の瞬間:私達のループをエクスポートしてみましょう! DAWのファイルメニューまで進みます。あなたがロジックでいるなら、ファイルにアクセスしてください

一度選択すると、ファイルブラウジングメニューが表示されます。 Macは両方のフォーマットがうまく読み取るために、どちらかあなたの形式としてAIFFまたはWAVを選択できる、それはあまりにも多く、これらの日は関係ありません。 PCも同様にうまくAIFFをお読みください。

Once you create a name in the Save As... section, you can hit the Save button. A small box will appear asking what Sample rate, Bit Depth you want, and whether you want to apply dithering. Choose these settings accordingly. I'm going with good ol' CD quality. Press Export!

Your render will happen immediately because one bar is nothing when it comes to rendering. And... Your loop is complete!
Audio Hihat Groove:

[オーディオのid ="6126"]

これで、サンプラーに再びそれをもたらすことができる、ロジック、等にそれを持って、リサイクルするためにそれをもたらす

これはあなたの個人的なライブラリのためであれば一つの事は私が後で使用するために、あるいは友人のために、、お勧めします。名前でテンポを入れているので、ループで録音されたものをオリジナルのテンポを知っています。それは潜在的にあなたに行下に余分な手順を大幅に節約できます。

Comments (0)

You must be logged in to comment. Login Now

Feedback
Course Advisor
Don't Know Where To Start?
Ask A Course Advisor
Ask Us!
Copy the link below and paste it into an email, forum, or Facebook to share this with your friends.
Make money when you share our links
Become a macProVideo.com Affiliate!
The current affiliate rate is: 50%
Classes Start Next Week!
Live 8-week Online Certification Classes for: