All Articles Reason
Propellerheadの理由6日
Mo Volans on Fri, September 30th | 1 comments
In the first article of our mammoth 6 days of Reason 6 Hub extravaganza, Mo Volans dives into one of the best music-making packages ever and explores what's changed and whether it's improved...

理由6は 、任意のPropellerhead社のファンのための大きな前進であり、それはブートするだけでなく、統合された単一の記録およびプログラミングソリューションが、真剣に印象的なエフェクトデバイスの束を提供しています。

このレビューでは病気の小道具は、物事をどのように変化したかを見てとバージョン6の打ち上げで、すべての理由のユーザに対して使用可能になる新しいデバイスや機能を取る。


ワンボックスのコンセプト

レコード1.0:理由5がリリースされたときに我々はまた、Propellerhead社の製品ラインの新しい顔の外観を見た。レコードには、待望のオーディオ編集機能を特色とも理由5Sデバイスと効果との完全な統合を提供。

そう混同する準備を...あなたが理由とレコードを所有している場合、レコードは、理由のデバイスでは動作しますが、理由はまだ音声をサポートしていませんでした。あなたが両方の製品を所有してもちろん、あなたは長い間、レコード内のあなたの理由のプロジェクトを開くことが心配そうでなければいけない:私たちの多くは、このソリューションは、少々複雑います。

両製品は、固体と完全に使用可能であったが、多くの新来者が少し混乱して残っていたそれは適切な製品を選ぶにしても、どのアプリケーションを作業に来たときに、小道具は今賢明に合理化された手続きがあり、あるスーパーのアプリケーションにすべてをロールバック:あなたは、推測それ... 理由6。

Reason 6 is now thankfully all in one box

理由は6つのボックスですべてのありがたいようになりました。


今すべてが一つのアプリと6はレコードとより多くのすべての機能を取る理由にロールバックされます。これで、オーディオ、プログラムのバーチャルインストゥルメントを録音して一つのプログラム内からすべてのカスタムラックシステムを構築し、最も重要なことはすべてストレートつのボックスからインストールすることができますすることができます。ニースの仕事、小道具!

You can now perform all your tasks with nothing but Reason. Simple.

これで、何が理由ですべてのタスクを実行できます。シンプル。


すべてのオーディオ

アイブ氏はすでに述べたように、理由6は今完全なオーディオ録音を引き受け、編集機能を我々はレコードで見た。これは間違いなく理由5からのユーザーのための最大の変化であり、あなたのプロジェクトにクリエイティブな自由の膨大な量を与える。

これで、楽器をバウンスちょうど約あらゆるフォーマットから独自の情報源およびインポートのサンプルを記録することができます。基本的なサンプルエディタや完璧なテイクを作成するための偉大なカンプのエディタもあります。すべては理由のすべては、このほかにそれが大きいのDAWと競争することを可能にし、オールインワンの生産ソリューションに変換します。

Audio Editing is now fully integrated into Reason

オーディオ編集は完全に理性に統合されています。


標準のオーディオ機能に加えて、理由6は、その袖の上のいくつかのトリックを持っています。これらのいずれかが記録1.5で使用されるアルゴリズムのPropellerhead社のストレッチだけで素晴らしい時間です。あなたは、より印象的に、おそらく全体のプロジェクトを個々のオーディオ部分を伸ばしたり、することができます。

にも適用されるストレッチのかなり大量に、効果は正直驚異的です。私は20以上のBPMSによって高いオーディオやインストゥルメントトラック数の両方でプロジェクトを調整している


モンスターコンソール

を活かし、すべてのこの余分な電力は明らかに仮想ラックマウントのミキサーよりも多くを取るつもりだった、小道具が賢明レコードから完全な機能をアナログスタイルのミキシングコンソールを使用することを決めたそう。

あなたがレコードから移動している場合youllは自宅に感じるが、経験豊かな理由のユーザーの多くである場合には、対処するための学習曲線の少しを持っているかもしれません。コンソールには、かなり巨大なとアイブこれまでどんなDAWにみられるおそらく最大です。その巨大さは、ミックス内のすべてのシングルチャネルのためではなく、大規模なチャンネルストリップを備えているという事実によるものである。

The new monster console in all its glory

そのすべての栄光に新しいモンスターコンソール。


ストリップ自体が(長いが)分解してナビゲートするのはとても簡単なので、ではないが恐れている。必要とされるあらゆる学習はコンソール全体が素晴らしいミキシングツールが満載されている努力には大きな意味があります。例えば、各チャンネルはコンプレッサー、ゲート、完全にパラメトリックEQ、セクション、コントロールの挿入]を送信し、で/オプションをルーティングアウトを収容する。 Reasonのミキサーから確実にステップアップ。

特殊能力がちょうどしかし、個々のチャンネルストリップに限定アレントコンソールは、マスターセクションでは、1つのエンティティとしてあなたの全体のミックスを扱うためにも非常に整っています。このセクションのハイライトの一つは、マスターバスコンプ​​レッサーです。非常に人気のSSLダイナミクスツールをモデルに、このコンプレッサーはマスタリングのチェーンにぶつかる前であっても、ただのミックス程度に凝集して均一性を追加することが可能です。


特殊効果

理由6S新機能の多くは本質的にフィーチャセットがレコードから取られていますが、そこにアプリケーションにいくつかの新鮮な追加であり、これらはエフェクトデバイスの形で来る。

これらの新しいデバイスは、ワニのゲーティングシステム、 エコーのテープエミュレートディレイラインと最終的に、 粉砕機を含む

Reason 6’s impressive new effects processors

理由6sを印象的な新しいエフェクトプロセッサを。


ワニは彼らの作品にいくつかのリズムとグルーヴを追加したいだけについての電子音楽家のための有用なthatllゲートやワンボックスでフィルターの素晴らしいコレクションです。 エコーがフル装備のディレイユニットである私たちの多くが待ち望んで、最後にされている

そう、すべてのすべてでは理由にこれらの新しいプロセッサと機能〜6のおかげで、創造の新たなレベルを期待することができます。これらの新しいデバイスは、私たちに今まで別のサードパーティ製のプラグインを考えずに、Propellerheadの宇宙内でよく滞在するもう一つの理由を(しゃれを許し)を与えます。


評決と思考

その理由は、常にそこに他のDAWとは異なるゲームを果たしてきましたし、バージョン6は、個性のこの伝統を受け継いでいます。そのミキサーとオーディオのサポート、それがそこに他のアプリのように見せるかもしれませんが、非常に事実はそれが非常に安定して使用する単純な競合他社から際立って、100%自己完結のまま。

私は、理由の製品ラインの簡素化は、多くのユーザーのために、このバージョンは、プラットフォームを作る音楽のように真の理由の時代の到来をマークすることだけが可能必要とされたものだけであり、その考え。

Having one simple product is certainly a step forward

つの単純な製品を持つことは、確かに一歩前進です。


私のアドバイスは、できるだけ早くあなたのができるようにこの不良少年をチェックアウトすることです。あなたは、コンピュータ上の音楽を作り、あなたが理由6を選ぶよりもはるかに悪いを行うことが必要としているがクラッシュしたり、どのようなプラグインを気にすることなく、迅速にあなたのアイデアを取得したい場合。

もちろん、ここで行われる可能性の改善が確かに存在する、それは、専用のグループチャンネル、ハイエンドフィルターデバイスおよびそれ以上の専用EQとコンプレッションのオプションを見ることができれば嬉しい。しかし全体的に、Propellerhead社はここに勝者を持っています。


ここmacProVideo.comによって理由6用の新しいトレーニングビデオをチェック

そして、あなたは完全にに慣れていない理由6このFREEシリーズ:理由6 101:クイックスタートガイドは、あなたのすべてのクールなものの内側の味を与える!

Reason 6 101: Quick Start Guide

理由6 101:クイックスタートガイド

Comments (1)

You must be logged in to comment. Login Now

  • Rounik Admin
    Nice review Mo! I'm looking forward to digging into your new Reasons Mixing Toolbox tutorial-video to see how to get Hands-on with the new SSL style mixing console. Also can't wait to see your review of the new audio interface, Balance!
    • 7 years ago
    • By: Rounik Admin
    Reply
Feedback
Course Advisor
Don't Know Where To Start?
Ask A Course Advisor
Ask Us!
Copy the link below and paste it into an email, forum, or Facebook to share this with your friends.
Make money when you share our links
Become a macProVideo.com Affiliate!
The current affiliate rate is: 50%
Classes Start Next Week!
Live 8-week Online Certification Classes for: