All Articles Reason
サウンドデザインチュートリアル:リアルタイムでのSFロボットサウンドを作成する理由5の
G.W. Childs IV on Wed, February 23rd 3 comments
During the heat of my video game industry days, I was often asked what I used to make so many Sci-Fi characters sound so authentic. To the surprise of many, I would always respond with simply, "Reason

私のビデオゲーム業界の間の熱の間に、私は頻繁に私は非常に多くのSFの文字は非常に本物に聞こえるように使用されるものを頼まれた。多くの驚きに、私はいつも、単にと"答えることが理由を "。そして、それは本当だった!から理由はプロペラヘッズは、ビデオゲームのサウンドデザインと音声処理のための金鉱である。

そして、それは本当だが、理由は、どのような方法で、製造工程をスピードアップすることが容易にできる便利な新機能があるなど、バッチ変換するなどのビデオゲーム開発の主食のニーズのほとんどを提供していません。

理由5で、プロペラヘッズは現在のサンプリング入力の機能が追加されましたが、そうすることで、彼らはまた、オーディオ入力を追加する必要がありました。ヘクタールああ!これは、彼らが前に持っていなかったものです。それは理由内にあるオーディオエフェクトユニット、楽器などへの直接入力のオーディオできるようになりました!

In this tutorial, I'm going to show you how to route the audio inputs of Reason in to an FX unit, and then set up some real-time Sci-Fi FX to have some fun with!

ステップ1

Go to your Reason 5 Preferences and select the Audio page.

ステップ2

" アクティブな入力チャネル "ボタンを選択し、マイクがにフックアップされているオーディオインターフェースの入力を選択してください。

ステップ3

今、先に行くと好みのフォルダを閉じます。理由の一番上にあるハードウェアのインターフェースを見てください。あなたが適切にすべてのものを設定した場合、あなたはあなたのマイクに話すように信号が表示されるはずです。あなたは、インターフェイス上であなたのオーディオ入力設定、等があることを確認してください一度信号を持って、上に移動!

さて、私たちは、このチュートリアルでは邪魔にならない技術的な部分を持っている。今、楽しいことのため。我々はリアルタイムボコーダー用ボコーダーを設定する予定、として、より現実的な、ロボットの効果を与えるために、いくつかのFXを介して実行している。これは、ホームムービー、ビデオゲーム、ストーカーの人、および詳細については、特に便利です!

ここで我々が​​開始する前に私の乾いた声があります。

[オーディオのid ="1704"]

ステップ4

理由では、ミキサー14時02分を作成します。我々は本当にミキサーで1つのチャネルを使用するだろうにもかかわらず、それは常にあなたのセッションで1つを持つことは良い考えです、後で狂ったように決定する必要があります。

ステップ5

次は、先に進み、BV512ボコーダーを作成してみましょう。 BV512の作成 ​​中に、それを作成中にShiftキー押していることを確認してください。これは、デバイスがReasonラック内の別のものにオートルートではないことを保証します。下の画像に示すように一度作成すると、設定を複製する。

ステップ6

Let's have a little routing fun now. Turn the Reason rack around by pressing Tab. Then route the audio input number 1 in to the Modulator Input of the BV512.

ステップ7

Shiftキーを押しながら、減算器を作成します。いったん作成されると、BV512のキャリア入力に減算器の出力をルーティングします。

すべてのボコーダーのための少し有用なヒントがあります。両方の信号を使用すると、ボコーダーの出てくる何かを聞くためにはボコーダに行くその再生をする必要があります。私はあなたにこのの世話をする簡単な方法をお見せしましょう​​。

ステップ8

シーケンサーの減算器のレーンでは、Shiftキーを押しながらコマンドeを押し、。あなたがコマンドキーを押し続けると、カーソルがどこにある、鉛筆が表示されます。 3を測定するために1小節目からの領域に描画します。次に3を測定するために1小節目から、C3上にメモを描く。画像を参照してください。また、あなたが1小節目から3へのループシーケンスをできるように、ループポイントを設定します。

ステップ9

今、戻ってラックに、ミキサー14時02分のチャネル1入力にBV512ボコーダーの出力を設定します。

ステップ10

Okay, if you hit the Space Bar on your keyboard, and start talking, you should hear a little robot going on in your voice!


Because you set up the carrier wave (the Subtractor) on a loop, you can freely hear your own voice being modulated and can live out all of your childhood fantasies... But wait, let's make the fantasy even more intense! Through the use of Reason FX, it's possible to add a little more realism to an unrealistic sound. We're going to attempt to make our robot voice sound like he's talking over a radio. And make him a little more interesting.

[オーディオのid ="1712"]

ステップ11

最初に、私の減算器の設定をコピー、以下に示す。注意:私は別のOSCと一緒に、いくつかのFMシンセシスに追加した。 FMシンセシスは、あなたのキャリアがより複雑になり、いくつかのケースでは、もう少し有機的...または、単に悪魔。

ステップ12

Shiftキーを押しながら次に、別の減算器を作成します。一度減算器を作成し、NEW減算器への以下の設定をコピーします。

ステップ13

プレスコマンドは、E以下のシーケンサー内でエディットモードを終了する。 Optionキーを押しながら、次の車線までドラッグして下の車線にで作成した領域をコピーします。

ステップ14

Shiftキーを押しながらスパイダーオーディオ合併のスプリッターを作成します。ルートもオーディオスパイダーへのBV512からの出力、およびルートだけでなく、スパイダーにNEW減算器2の出力を。

ステップ15

Shiftキーを押しながらスクリーム4とECF - 42フィルタを作成します。スクリーム4入力までの経路スパイダーオーディオ出力。 ECF - 42フィルタの入力に経路設定スクリーム4出力。

ステップ16

ミキサーの午後2時02分にチャンネル1の入力へのフィルタの出力を送信する

ステップ17

最後になりましたが!下図のように叫びとフィルタの設定をコピーします!

私たちがやったことも、一緒にホワイトノイズとロボットの音声の両方を圧縮するので、スクリーム4にで起こっているホワイトノイズを供給する減算器を追加されます。あなたがデジタルディストーションにスクリーム4を設定するときは、ロボットの音声のための非常に汚い、暗号化された音を得る。これだけではなく、もう少し信じていますが、もう少し汚れた過ぎる。は、それほどでもありませんでしたでも。

あなたがサウンドフラワー、またはオーディオハイジャックを持っている場合、それはあなたが欲しいすべてを話すと良い記録を得ることができるコンピュータ、に戻って理由のオーディオのルーティングを開始するために完全に可能です。その後、前に戻って自分の好みにクリップを編集することができます!あなたがより多くのホワイトノイズをしたい場合にも、、単に減算器のうち2つのマスターを上げる。

ここに下記の最終結果です!

[オーディオのid ="1720"]

この著者のチュートリアルをチェックアウトReasonのCombinatorが

Comments (3)

You must be logged in to comment. Login Now

  • Hrmonik
    That was awwesome !!!
    • 8 years ago
    • By: Hrmonik
    Reply
  • Rounik Admin
    +1. This is one of my faves too! Nice work GW!
    • 8 years ago
    • By: Rounik Admin
    Reply
  • Nice work G.W.! I always learn cool stuff from you.
    • 8 years ago
    • By:
    Reply
Feedback
Course Advisor
Don't Know Where To Start?
Ask A Course Advisor
Ask Us!
Copy the link below and paste it into an email, forum, or Facebook to share this with your friends.
Make money when you share our links
Become a macProVideo.com Affiliate!
The current affiliate rate is: 50%
Classes Start Next Week!
Live 8-week Online Certification Classes for: