All Articles Reason
理由6:"トロンレガシー"のスタイルでダフトパンクのArpeggiationsを作成する
G.W. Childs IV on Tue, October 4th 4 comments
The Daft Punk Sons of Flynn soundtrack for Tron was arguably one of the best bits of film music from 2010. G.W. Childs is still rocking to it and shows how to create the arpeggiations in Reason 6.

電子音楽のジャンルの多くの愛好家と同様に、私はトロンとして知られている古典的な技術の傑作のための私の中心にある巨大な柔らかいスポットを持っている。子が電子音楽の面で私にとって決定的な瞬間だったので、初めてウェンディカルロスのサウンドトラックを聞いて。

数年後、ダフトパンクの"グリッド"の音楽部門の舵を取ったときに、ディズニーの私の信仰が強い開催。私の考えでは、長期返すフランチャイズのためのより良い後継が行われているcouldntの。

確かに、映画は年間今も出てきました...私はまだしかし、サウンドトラックロッキングしています!ここでダフトパンクでフリンの息子は次のとおりです。



先日、私は最初のトレーラーが初演、そして私はそれを作ったか私はIdシェアを考えたときにeveryonesの心がスキップ作ったそのオープンなアルペジオパートを演奏試してみることにしました。

ステップ1 - 減算を作成する

トロンかかわらず:レガシーが 、近年で作られた、ダフトパンクはウェンディカルロスが壮大な部品を再生し、クラシックなアナログシンセサイザーとの最初の映画に注入していたという感じをエミュレートすることに多くの時間を費やしたことを覚えておいてください。その結果、新しい映画で使用される音は非常に類似していた。

これを念頭において、それは使用することは容易として減算器のようなシンセサイザーを使用してフィッティングになる、と簡単にそのレガシーの音をエミュレートすることができます。

減算器のためのパッチは、非常に単純です、とだけは、約15にして崩壊を下げる完全にすべての維持を排除し、アンプエンベロープで24にしてリリースを設定する必要があります。これはarpeggiationsに最適です非常に不安定なシンセであなたをセットアップします。また、かどうかを確認し、フィルター1(タイプに設定する:"LP 12")上げるすべての方法を。フィルタ処理はここで必要ありません。

The Subtractor settings


ステップ2 - RPG - 8を作成する

それは手に描画することが可能です

このデバイスの設定には、あなたが最初の作成時にそのまま残るためです。特別な設定は必要ありません。

The RPG-8 settings

[オーディオのid ="9280"]


下記の和音で、youllは簡単にフリンピースの息子を再現することができます。

Chords to help re-create 'Son of Flynn'


ステップ3 - トールを作成します。

今、youllはあなたのアルペジエートの背後に移動するパッドを必要とする。よく以下の設定で、このためにトールを使用します。

Thor pad settings


起こっていただきました!は、ローパスフィルタを介して実行されているマルチオシレータです。ローパスでフィルタ周波数を1.56 kHzに設定されていますが、これは発振器の独特の雰囲気を与えます。 Youllはまた、ローパスをハイパスモードでの状態変数フィルタのセットアップを介してルーティングされていることがわかります。イムは、私は後で専用のベースシンセを追加することにした場合でより低い周波数の一部をカットするためにこれを使用して。フィルタ周波数は946 Hzに設定されています。

一度その両方の機器が同じ和音を演奏していること、、上記の設定をコピーしたホードあなたにもトールトラックにダウンRPG - 8で最初のトラックで演奏されたノートをコピーします。

Copy the notes to the Thor track


ステップ4 - 聞く

さて、あなたは今それを再生する場合、これを聞く必要があります。

[オーディオのid ="9281"]


ここから、次のいずれかを元に再現を試み、あるいは単に完全にこれらの音を使用して新しい曲を作成することができます。

あなたが音のこのアレンジでさらに行く予定がある場合、Idは非常にこのような構成に低音のシンセに追加する、どちらか別のトールまたは減算器を使用して奨励する。低音は間違いなくオリジナルの曲を複製するために必要とされます!お楽しみください!

の詳細情報ここに理由6を

Comments (4)

You must be logged in to comment.

  • Grayson Peddie
    The song, The Son of Flynn, inspired me to create a song called "Building a World From a Grid." https://soundcloud.com/grayson-peddie/building-a-world-from-a-grid The sawtooth came from Obxd. It is a lot brighter and more rapid-fire (sustain not eliminated) compared to the one in the movie. As for the bass synthesizer that go along with the sawtooth, it came from ZynAddSubFX that I created a patch from scratch. I'm using Linux and used free software to make music.
    • 2 years ago
    • By: Grayson Peddie
    Reply
  • leather_wings
    well, to me the original sounded more like analog synth with some really nice and smooth effects on it. nice try though, but it doesnt sound to me even close to the original by daft punk.
    • 7 years ago
    • By: leather_wings
    Reply
  • Rounik Admin
    Hi leather_wings. GW's article is intended as a in-the-style-of guide rather than a sound-exactly-like tutorial. As GW says towards the end of the article: "From here, you can either try to reproduce the original, or just create a new song altogether using these sounds." Thanks Rounik
    • 7 years ago
    • By: Rounik Admin
    Reply
  • atypfx
    Super cool.
    • 7 years ago
    • By: atypfx
    Reply
Feedback
Course Advisor
Don't Know Where To Start?
Ask A Course Advisor
Ask Us!
Copy the link below and paste it into an email, forum, or Facebook to share this with your friends.
Make money when you share our links
Become a macProVideo.com Affiliate!
The current affiliate rate is: 50%
Classes Start Next Week!
Live 8-week Online Certification Classes for: