All Articles Reason
理由6:ベース変調のPulveriser
G.W. Childs IV on Mon, January 30th 0 comments
What is Reason 6's Pulveriser? Why is it so darn good for Bass modulation? How can you create excellent DubStep wobbles using it? G.W. Childs answers all the above!

Pulveriserは誤解を招く少し獣です。それは、コンプレッサー、または歪みの装置ですか?本当に、それは何か他のタブに分類されます。それは十分に圧縮し、歪みの両方を満たしていますが、その全体的なpackagewithその高度にアサイナブルモジュレーションcapabilitiesthatは群集からそれを分離する。

パーカッション、声、そして間違いなくドラムのためのその素晴らしい。しかし低音の処理は、私の考えでは、Pulveriserがその本領を発揮です。

そのフィルタスカッシュと混合例について、、そして汚れは完全に元の音の動作を変更することができます。非常に基本的な音がはるかに大きいと汚れたものになることができます!

ダブステップのスタイルのベース:この記事では、Idは頻繁に使用されるサウンドの作成をご案内したい。 YoullはそれがPulveriserでそれを作成することがいかに簡単かを参照してください。


ステップ1 - ベースシンセ

減算シンセサイザーを作成することでオフに開始できます。これはシンプルなベースのパッチのための偉大なシンセであり、そして一般的にはかなり速いマークを打つ。

sub synth


減算器を右クリックして選択することによって、あなたが減算器を初期化することを確認してください

次に、1にしてポリフォニーを下げる。あなたには、いくつかの複雑なオクターブをプレイしたいと音符の重複をほしくない場合にはこれがちょうどです。

Polyphony to 1


オシレータセクションの場合は、下のオシレータ1が3にダウンオクターブです。その後、オシレータ2をイネーブルにし、同様に鋸歯状の波形を維持してください、しかし)(負にその位相の極性を変更する。これらの設定は、私たちに寛大な厚さといいオクターブ低音が得られます。オシレーター2の位相設定は微調整、次のとそれをさらに大きくするつもりです!

sawtooth in OSC 2


LFO 2のセクションに移動して、約11 Oclockにあなたの速度を上げる:現在いくつかの大きな厚さ​​を作成することができます。これは負の位相極性に設定されているオシレータ2で発生する位相変調の原因となります。これは低音を厚くするための素晴らしいトリックです。

Big thickness!


速度]セクションで、フィルタエンベロープはもはやまったく減算器のパッチに影響をされないように、F. Envのノブを下げます。その後、パッチが、今は、ボリュームの面では、キーボードのキーを押すとどのようにハードに非常に敏感になるように、あなたのアンプの設定を上げます。

Raised amp setting


今、あなたのフィルタ1周波数、その完全に開いているほぼすべての方法を上げます。私たちは、一次フィルタのためPulveriserを使用することになります。

Primary filter


最後に、プログラム(もあり、いくつかのソフトをいくつかノートをヒット)劇的な速度の変化を持っているベース部分。 idは、実際に可能であればでパターンを描画することをお勧めします。テンポは140bpm前後となるはずです。

Program a bass part


ステップ2 - Pulveriserを挿入

今、でそのPulveriserをドロップし、開始の微調整をすることができます!

Insert the Pulveriser


最初に、約2 oclockにスカッシュを上げてください。これは、チェックで私たちの非常にダイナミックな低音を維持します。その測距速度と遊んだにもかかわらず、我々はそれがあるレベルで再生されているように見える必要があります。速度の必要性は私を信頼し、少しで出てくる!また、コンプレッサーが速い上閉じているように、リリースを下げます。我々はそのポンピング低音を求めています。

Turn up the squash


LP12ノッチモードでフィルタを置きます。この設定は、拡張されたフィルタースイープの効果に最適ですし、端のノッチはそれを素晴らしいです、追加の位相シフトを与える。この設定では、3 oclockにあなたの周波数をダウンさせている。

Filter in LP12+Notch mode


振戦のセクションでは、非同期化された、9-10周りoclockに速度を設定します。振戦LFO非同期化された維持することで、非常に野生の変調パターンを確保した。これは、あまりにも、あなた自身の好みに合わせて任意の時点で調整できます!

The Tremor section


右側のモジュレーションノブを回して、2〜3程度oclockに振戦のセクションの左側。左側のノブはフィルターに微動の変調を送信すると、右側のノブは、音量を調節する。これらを設定することで、実際にあなたの減算を再生するときに私たちの変調を聞く、またはあなたのシーケンスを実行することができます。

Adjusting modulation


さて、あなたが今あなたの減算器のパッチをプレイする場合、あなたは間違いなく進行中のぐらつきがあるでしょう。ぐらつきがランダムに発生するように、今その時間は、動作を変更する。

フォロワのセクションでは、10歳から11 oclockにあなたのしきい値を上げる。しきい値が高いほど、よりダイナミックなぐらつきはなります。次に、あなたの攻撃とどこか途中のリリースを上げる。これらは、ぐらつきがどのように速く増加すると、時間と信号よりも速度で減少する調整。

Speed of wobble


今、このすべての本当のトリックをHERESに:も最高約3〜 レートのノブにフォロワを回し

The Follower adjusts the modulation speed


また、同様に変調を中断するにはフォロワに三角のボタンを使用することができます。

Trig button will interrupt the modulation



今残っているすべてのザッツは、いくつかのドラムで追加することです!いくつかの本当にクレイジーな変調の変更を取得するには多かれ少なかれあなたの減算器内でのダイナミクスをお試しください。


Comments (0)

You must be logged in to comment. Login Now

Feedback
Course Advisor
Don't Know Where To Start?
Ask A Course Advisor
Ask Us!
Copy the link below and paste it into an email, forum, or Facebook to share this with your friends.
Make money when you share our links
Become a macProVideo.com Affiliate!
The current affiliate rate is: 50%
Classes Start Next Week!
Live 8-week Online Certification Classes for: