All Articles Reason
理由6チュートリアル:エコーとグリッチ
G.W. Childs IV on Mon, November 21st | 1 comments
The new Echo device in Reason 6 does more than its streamlined appearance suggests. Yes, it's a great delay effect, but G.W. Childs takes its processing capabilities to another level.

理由は一つ、二つ、または三つの効果や目的よりも多くを達成組み込んだ機器の長い歴史があります。ねえ、右、理由はスウェーデンで構築され、それらが狡猾なデザインで知られている?イケアを見て!

とにかく、理由6に組み込ま効果デバイスは、いくつかの別々のことを行うように、そしてこれらのいずれかであなたを啓発するためにここにイム。

エコーは、距離で有名なローランドのテープエコーをエミュレートしようとしている別の古き良き遅延デバイスのように見えます。と、エコーのノブのカップルは、そのサウンドを実現するために試みることが可能か、と非常に説得力することができます。しかし、他のノブやボタンも、あります。

エコー上で私のお気に入りの機能は多くの時間を見過ごされて行く。あなたがそれを使用し始めると、それは非常に中毒性があります。

あなたが今あなたの歌を開始し、それを使用しようとした場合、あなたは何の心地よい音でいただければ幸いです。あなたがエコーを通じて何かを実行し、それを使用しようとした場合、あなたはまだ、何を、いくつかのより多くの何も何も得ら​​れない、となる。しかし、何かを学んでいた!

今、あなたがロールモードにエコーを書けば、何かが本当にクール厥取得:インスタントフィードバックループを。これは、スタッター、ループ遅延、および多くのために使用することができます。 idはどのようにそれを使ってグリッチのをお見せしたい。


ステップ1 - ループをロードする

博士オクトレックスを作成し、あなたが本当に楽しんでいるループを選択してください。イムは、 理由ファクトリーサウンドバンクを選択する


The Roll Bar in The Echo


ステップ2 - 自分のエコーをロール

博士オクトレックス上で右クリックし、エコーのデバイスを作成します。これは、エコーのデバイスに直接ドクターオクトレックスにパッチを適用します。あなたも、インサートエフェクトとしてこれを行うことができます。 Imはちょうど、できるだけ簡単にすること好む。後でミキサーコントロール(F5)を好むいない場合は、お気軽に、それは同じように動作します。

roll an echo


一度ホードがあなたのエコーを作成、そのが初期化されていることを確認します。上部のアウト読み Init パッチが表示されいる場合Youllは、これが真実であることを知っている。

initialised Echo


何か他のものが表示されている場合は、エコー上で右クリックし、 パッチを初期化]を選択します。

次に、エコーで、 ロールにそのモードを切り替える

Go to Roll Mode


その後、約1/64- 1月28日に(上Syncで)ダウンタイムのノブを回します。


ステップ3 - それを実行!

さてさて、いくつかの楽しみを持っているその時間:博士オクトレックスのRunボタンを押す。エコーがロールモードになっているので、まったくエコー効果を聞くことになります。

準備ができたら、右にロールバーを押してみてください。速くしかしその常に良好な実験に、望ましい...

Push the Roll bar


この操作を行うと、youllはあなたのドラムループを置き換える大きなグリッチに注意してください。これは正常な、と好適である。 Timeノブで遊んでいる間、ランダムグリッチを導入してみてください。

と、準備youreのときに、youreのが新しい、妨害グリッチのループを作成するために行って何を自動化してみてください。

実際にサウンドを強化することができますこのようなヒントのトンがありますエコーのチュートリアルビデオ:理由6


Comments (1)

You must be logged in to comment. Login Now

  • Just to add a quick point: You need to create a separate track for the echo in the sequencer if you want to record your glitches in real time to the track (and/or smooth out the automation of the roll function). I mention this because I started using the roll feature when I first got reason 6 but it wasn't recording so I reached out to props and that's the advice they gave me. This thing creates some awesome sounds.
    • 7 years ago
    • By:
    Reply
Feedback
Course Advisor
Don't Know Where To Start?
Ask A Course Advisor
Ask Us!
Copy the link below and paste it into an email, forum, or Facebook to share this with your friends.
Make money when you share our links
Become a macProVideo.com Affiliate!
The current affiliate rate is: 50%
Classes Start Next Week!
Live 8-week Online Certification Classes for: