All Articles Reason
理由のボコーダーでハードウェアのシンセを使う
G.W. Childs IV on Tue, January 10th 0 comments
Working with audio in Reason 6 is so much simpler than in previous versions. G.W. Childs take us step-by-step through how to use a hardware synth for real-time vocoding fun!

その以降のバージョンでの音声入力の理由を含めるには、簡単に以前は使用できなかった可能性が開かれている。古い学校の理由のユーザをyoureの場合、Imは必ず別のプログラムのオーディオを録音することでおなじみのより多くのyoureの、インポートは、理由のサンプラー(NN - XTまたはNN - 19)にオーディオだし、MIDIレコーディングを経由してオーディオをトリガします。

ありがたいことに、外付けのオーディオを使用するためのこの退屈で退屈な方法がなくなっています。言われていること、これは私たちのすべては、私たちが今できることを忘れている多くのものがあることを私達に思い出させてくれます。そのようなストックホルム症候群は(面白い、理由がストックホルムで行われている!):私たちは、我々は常に我々の前に持っていた希望のオプションがたくさんあることを忘れていること、作業方法の一つに奴隷であることに使用されていました。

可能性の通りに私の目で私を登録しよう!

私が最も実際に外部のオーディオ信号とのボコーダを利用することができることされて興奮していたことの一つ!はい、実際にリアルタイムボコーダーを行うことができます!しかし、あなたが必ずしも搬送波(シンセは音声、などによって変調されて厥)としてReasonデバイスを使用することがいけないことがさらにより顕著であるいただきました!、また、ハードウェアシンセのように、外部キャリアを使用することができます!

この打撃を与えることができます!


ステップ1 - あなたのキャリアを設定!

オーディオトラックを作成することでオフに開始できます。これを行うには、単にコマンドを押しながらTキー押します。オーディオトラックのデバイスは、ラックに、ミキサーで、そしてシーケンサーに表示されます。

audio track device


デバイスの左側にある小さな矢印を押し、そのデバイスを拡張するので、それが完全に開かれた見ることができます。その後、オーディオトラックのデバイスに、ハードウェアシンセが接続されている入力を選択します。

Extended device


この時点で、あなたが信号を持っていることを確認する(イムはこのために古いローランドXP - 50を使用して)ハードウェアのシンセを演奏。結局のところ、音は右、速い本当のこの旅を終了しないのだろうか?

play device


[オーディオID ="10915"]


ステップ2 - あなたの変調器のセットアップ

今、私はそうでなければ変調器として知られている私の声のためのオーディオトラックを、設定する必要があります。病気はもう一度コマンド+ Tを実行してから、この時間は、私のマイクはに起こっている入力を選択してください。

Choosing the mic input


病気に先に行くと物事をシンプルで理解しておくために、今これらのラベルを付けます。

Labelling


今私のトラックが設定されていること、その時間はボコーダで持参すること。病気の私のキャリアのオーディオトラックのインサートとしてBV512ボコーダーを挿入します。

BV512 as an insert


[オーディオID ="10917"]


ステップ3 - パッチ適用してボコーダー

通常は、理由の自動パッチ適用は完壁なので、理にかなっています。これはボコーダーの発生の自動パッチ適用の場合ではありません。あなたが運動のこの部分を開始する前に戻ってからケーブルを外します。

Remove cables from the back


今、のあなたのキャリアのボコーダーのキャリア入力にダイレクトアウトをドラッグします。

drag the direct out from your carrier in to the Carrier input on the vocoder


その後、キャリア出力からデバイスを挿入入力からのケーブルをドラッグします。

drag cables from the Carrier Output to the From Device Insert inputs


最後に、にデバイスの丸い点から変調器の入力には、左の出力をドラッグします。

Left output from the ‘To Device Ouputs’ to your Modulator Input


唯一の左の入力と出力を選択することによって、youllはモノモードでボコーダーを保つ。あなたはいつも同様に右チャネルを使用することができます。単なる変調器の入力は今までモノになることができます知っている。理由...ボーカルは、デフォルトでは、ボーカルです。


ステップ4 - リアルタイムボコーダー

ここからがお楽しみのため。シーケンサーの両方のオーディオトラックのモニタリングを有効にします。これらは、下の図の緑のボタンです。

Enable monitoring


[オーディオID ="10916"]


リアルタイムでハードウェアのシンセを弾きながら、マイクに向かって歌う:リアルタイムでボコーダーを。

あなたは、これを記録することを決定した場合、次のことを忘れないでくださいYoullは一度に、または別々に両方のトラックを記録する必要があります。最後に、youllのはオーディオの再生の両方のトラックを必要とする、またはリアルタイムで一度にこれが機能するためには。

また、ボコーダーとしてReasonを使用し、他のDAWには、コンピュータの出力を送信する、あるいはSoundflower経由でできます。あなたも、この設定が生きて使用することができます!


Comments (0)

You must be logged in to comment.

Feedback
Course Advisor
Don't Know Where To Start?
Ask A Course Advisor
Ask Us!
Copy the link below and paste it into an email, forum, or Facebook to share this with your friends.
Make money when you share our links
Become a macProVideo.com Affiliate!
The current affiliate rate is: 50%
Classes Start Next Week!
Live 8-week Online Certification Classes for: