All Articles Review
レビュー:オーディオ食料品のLogic Pro Xツールキットv2の
Jay Asher on Sat, September 13th 0 comments
Comprising of MIDI FX plug-ins, Environment tools, EXS24 articulation switching presets, Transform presets and Logic X templates, Jay Asher was straight in to test this toolkit out from Audio Grocery.

EVERY DAWは別のユーザーがうらやましいことがある機能を欠いている。洗練された複雑なサンプルライブラリとオーケストラのシミュレーションを行うためのLogic Pro Xユーザのために最も重要なの一つは、関節スイッチングにCubases式マップである。それは、常にのLogic Proの環境で似ていますが、はるかに少ない上品な何かを考案することが可能であったと私のような一部のユーザーがいずれかを考案するマニアックな十分な友人に恵まれていたが、誰もが、一般市民とのLogic Pro Xは、市販のものを加えていません新しいスクリプターMIDI FXプラグインには、より視覚的なフィードバックと、よく、優雅さでそれを行うことを可能になりました。

プールに初めてとなるので、子供たちは、?それは、イヴァンKovachevがあるオーディオ食料品プールアナロジーで滞在すると、彼は大成功してきた!彼はユーザーがかなりまっすぐ非常にカスタマイズされたから域を実行し、いくつかのオプションを与えるために、バージョン2で彼のオリジナルツールキットプロに追加されました。ツールは、同様にkeyswitching、プログラムの変更、およびその他の方法を使用することができ、モノティンバーとマルチティンバーのインスタンスで作業することができます。

要件

のLogic Pro Xとそれを実行するまともなマック。これは、ために42ユーロの費用がかかりダウンロード

あなたは何を得る

あなたがプロ2ツールキットを購入する際には、MIDIチャンネルスイッチャープロ含めスクリプターのためのスクリプトを取得する。アーティキュプロ(簡単かつ高度なモードの両方);式マッパー;ロジック長所EXS24、そして他の人のためのスクリプト。また、あなたはそれを事前にシーケンサーであるので、あなたの関節をリアルタイムに変化はなく、手動で事後に制御点の図において、レイアウトするラッチモードでのLogic Pro Xはトラックベースの自動化を使用できるように環境ツールを取得します。 MIDIのCCにキースイッチに変換する環境ツールもあります。また、テンプレートは、いくつかのマニュアルやいくつかは私がこれを書いている途中でのものに従うことは簡単始めるとデモビデオを取得します。

あなたが本当に簡単なインストール手順を実行した後これらのすべては、スクリプターの選択肢に表示されます。そこに私はそれらをカバーするのは1列に不可能になるので、多くのオプションがありますので、私は、私はほとんどのユーザーがまた、あなたがやりたいことのほとんどを行う最も簡単な1であることがわかりになると思い1に集中するつもりです。つまり、チャンネルスイッチャーProである。

チャンネルスイッチャープロ

私はプロイージーと呼ばれる、出発テンプレートのいずれかを開いているピック1通知に。私はのKontaktにおけるフルートのマルチをロードし、あなたはイワンがすでに彼のAMプロイージースクリプトスクリプターのMIDI FXプラグインをロードし、インスペクタで見ることができる。それは非常に強力ですが、今の私はチャンネルスイッチャープロと交換するつもりです。ピック2を参照してください。

Pic 1

写真1


Pic 2

ピック2

私はあなたが私がピック3で行った見るように、私は単純に、それらに最小と最大のキースイッチノートを変更するチャンネルスイッチャー長所スクリプトパラメータでのように、C0-F#1と私のキーボードからこれらのトリガーを制御したい。

Pic 3

ピック3

MIDIチャンネルに名前を付ける

次のスクリプトの編集テキストエディタで開き、スクリプトであり、あなたがそれをクリックすると、スクリプトが表示されます。ピック0.4を参照してください。

Pic 4

ピック4

レディースとは違って、彼らはキースイッチにあらかじめ割り当てられていないが、あなたは私が既に説明と同じ方法を用いて行うことができます。その後、どちらか正確にパッチ名または単純な名前として、各MIDIチャンネルの隣に点線の上にマウスを描画し、それらをあなたがそれらを見たい方法で名前を付けることができます。ピック5では、私はこののKontaktのマルチ用に作成した簡単なものを見ることができます。

Pic 5

ピック5

あなたがそれを作成したら、スクリプトの実行]をクリックする必要がありますし、あなたがスクリプトエディタを閉じることができます。マウスを押したまま、名前を付けて保存するために移動して、あなたのスクリプトの名前を付けることができます。ピック6を参照してください。

Pic 6

ピック6

あなたがキーボードを演奏し、キースイッチのノートを押すと今、あなたは、パッチ名は、スクリプトでは変更が表示されます。明らかに、それはすべてあなたの楽器のためのスクリプトを作成する時間が非常にかなりの量を取ることができるが、私はあることを試みているように、関節の選択肢と順序と一致している場合は、多くが同じスクリプトを使用することができ、それらが存在したら、次のことができます任意のプロジェクトでそれらを開いて、テンプレートに保存します。私は、彼らが同じスクリプトの重複が生じる場合でも、希望の楽器名で保存

手動でトラックベースオートメーションでアーティキュレーション表示の変更

一部のユーザーは、単に彼らのキースイッチと一部でプレーしたいし、次に読み出しモードで適切なオートメーションレーンにコントロールポイント(プロロジックの以前のバージョンのノード)をクリックして、アーティキュレーションが表示される場合があります。このための最善のレーンを使用すると、ピック0.7で見パッチ/チャンネル名という名前の一つです。

Pic 7

ピック7

ピック8には、すぐに右にと私がしたいすべての地点で、別の残念なロジックは、パッチ名を反映するために、その最初の制御点を許さない、私が先頭にダミーのコントロールポイントでクリックしたことを確認し、することができます関節の変化。

Pic 8

ピック8

今、私はPIC 9の1を持っているように私は、所望の関節までのコントロールポイントをドラッグすることができ、私は私のLogic Pro Xプロジェクトを再生するとき、私はアーティキュレーションを変更し、私は、オートメーションレーンに視覚的なフィードバックを持って聞いています。非常にクール!

Pic 9

PIC 9

変更アーティキュレーションとラッチモードとリアルタイムでトラックベースオートメーション内の表示

私の意見では、これは飛ぶための方法です。私たちが始めた同じテンプレートだけでなく、他のAM Proのテンプレートでは、ある、彼のリモートコントロールツールを備えていますイワンは環境(プロジェクト間のインポート可能な)のクリック数とポート層で作られている変更があった彼は含まれています、その層のこの小さなフローティングポップアップウィンドウに表示。ピック10を参照してください。

Pic 10

ピック10

私はそれをオンにONボタンをクリックしたことに注意してくださいと私はキースイッチを使用するので、TBAがクリックされている間、私は、CCにTBA(トラックベースの自動化)およびKSにPC(プログラムの変更)をオフにしている。

私が今しなければならないすべては私のキースイッチとvoilを打つなど、私の部分にラッチし、再生するために読むからの私のオートメーション·モードを変更です!あなたがピック11で見たように、私は私の視覚的なフィードバックを作成し、また、私は、アーティキュレーションの変更を聞くことができます。ブリリアント!

重要な注意:あなたはラッチモードを有効にした後あなたが開いてスクリプトエディタを失うする必要があります。これは、Appleの事で、イワンはこれの必要性を回避するための方法は現在のところ存在しない。

Pic 11

ピック11

私が先に言ったように、あなたもプログラムチェンジやMIDIのCCを使用することができ、かつ他のツールやスクリプトがのLogic Pro Xに作業するためのあなたの他の偉大な方法を与えるしかし、あなたが見るように、それは千の言葉の上に連れて行ってくれただけで、これをカバーするために、そのようにしましょうあなたがより多くをカバーするために第二の記事をご希望の場合は、私が知っている。また、イワンはウェブサイト上でマニュアルやビデオの富を提供してきたことを覚えておいてください。

いつものように、それを楽しんでいる!

価格:

ウェブサイト:

Related Videos
Comments (0)

You must be logged in to comment.

Core Training: Mixing and Automation
Logic Pro X 105
Dream It. Do It.
Do you want to learn Core Training: Mixing and Automation?
Yes, I want to learn!
No Thanks, I just want to read the article.
Feedback
Course Advisor
Don't Know Where To Start?
Ask A Course Advisor
Ask Us!
Copy the link below and paste it into an email, forum, or Facebook to share this with your friends.
Make money when you share our links
Become a macProVideo.com Affiliate!
The current affiliate rate is: 50%
Classes Start Next Week!
Live 8-week Online Certification Classes for: