All Articles Review
レビュー:波によってMaxxBassで低音を汲み上げる
Victor Mason on Thu, March 3rd | 1 comments
I once spoke with John Regan, the bass player for Peter Frampton. I asked how he liked his in-ear monitors and his less than enthusiastic reply stuck with me, "They're ok", and he said, and he went on

私は一度で話をジョンリーガン 、のためのベースプレーヤーピーターフランプトン 。私は彼が彼のインイヤーモニターと私と一緒に立ち往生彼未満の熱狂的な返事を好きか、"彼らはOKだ"、と彼は言った、と彼は低音の音のようにしなかったことを説明するようになった、それはあまりにか尋ねた薄い。ジョンが必要なものは、彼のモニターミックスの彼の低音の音を改善するための方法でした。うーん..しかし、どのように?

I always wondered how headphones or in-ear monitors were able to create bass from such a small driver? The fact is they depend on the psychoacoustic properties of your inner ear canal to create the bass sound you hear. You can go one further and say that the bass frequency you hear does not actually exist, but is created in your mind's ear. How's that? Well read on and I'll show you...

高調波からベースを作成する

入力して波によるMaxxBassを 。これは、プロのレコーディングやプロライブサウンド用に使用されて波がハードウェアの製品としてではなく、消費者製品に使用されているICチップとしてだけではなく、構築する製品ですと、プラグイン版。

それがどのように動作するかのテーマから始めましょう。一言で言えば、波はMaxxBassプラグインは、私は上記と同様の音響心理学の原理を使用する技術を開発しました。基本的な考え方は、(我々の場合で、これは、キックドラムになる)より低い周波数の基本に基づいてより高い周波数の高調波のセットを作成することです。それは、リスナー自体の基本的なしかし、実際には、高調波は基本周波数が含まれていないと一体になっている高調波成分を提供しています。あなたの心の耳では、これらの高調波を聞き、ギャップを埋めます。そう、それを打破するには、高調波を聞くと、彼らは実際にそこにない低い周波数を聞くにあなたの脳をだます。

ミキシングの原理

これはどのようにミキシングエンジニアのための利点を作成するのでしょうか。これを考慮し...でオラフBasoskiのチュートリアル、ロジック406、エレクトロニカの作業の流れのトリックは、オラフは一貫してほぼすべての彼のトラックに低いカット式を使用して表示されます。これは低音が特にダンスや重低音を含んだ材料のためにトラックを追加する場合に問題となるビルドアップを避けるためです。 lower周波数をmuddyingまたはコンプレッサがオン/オフスイッチlikeポンプに発生させないwhile私たちのほとんどが持っている問題は、ミックスの中でbassの強いレベルの作成にあり、これはいくつかの職人技を必要とします。 MaxxBassを使用すると、この目標を達成することができます。

プラグインMaxxBassの版を使用すると、チャンネルストリッププラグイン、AUXの効果やマスタリングのツールと​​して、ミックスで動作する多くの方法が可能になります。これらの各アプリケーションでは、強化シャープにまたはちょうど実際にはより多くの低音を加えることなく、音を増大させることができる。それは、メディア再生デバイスの今日の世界では理想的なソリューションです。

携帯電話は盗聴装置として普及してきています。ラップトップまたは、あなたが本当に運がよければ、テーブルトップのポータブルステレオのスピーカーで構築される可能性があるからアップグレード。これらの民生機器のすべてはあなたが聞かれるように、単にリスナーの終了時に生産されていない予定の可能性があることを低音域を作成するのに苦労。

我々はすべての媒体の種類の私達のミックスを測定する小型のモニターやローエンドの再生システムを使用しての古いトリックを知っている。私たちは私たちが本当に見たいと思ってオーディオ再生を提供するシステムで敗退したくないので、しかし、我々はまた、より高品質の再生システムの期待を持っている。それでは、テストするMaxxBassを入れて、ミックス太い低音を与えることができるか見てみましょう。

それは実世界でのしくみ

Here I have chosen a deep low end drum sound which can be hard to mix, especially for smaller speakers to hear the kick drum by the time all the instruments are layered. What you're hearing is a 26" Slingerland kick drum. Below is a screen shot of the Kick drum soloed and it's frequency and levels via the Analyzer.


Listen to the Plain drum track here:

[オーディオのid ="1831"]

あなたがまともなサウンドシステムを持っていれば、かなり良いキックドラムの音が聞こえるはずです。ないなら、おそらくある種のノック音を取得している。

Now the same track with some gentle MaxxBass processing added using an AUX Buss Channel.
Below is a screen shot of the same soloed kick drum with MaxxBass added. Notice it had not increased the low-end frequency:

[audio src="http://www.macprovideo.com/blog/wp-content/uploads/2011/02/Kick+MB.mp3"]

最後に、ここに最大のベース音のみです。

[オーディオのid ="1833"]

Below is a screen shot of the Max Bass plug-in set with only the Max Bass harmonics and the original bass taken out.


To hear a master in action using the MaxxBass plug-in, check out Greg Townley's Sonic Dimension in Mixing. Greg uses the MaxxBass with only the harmonic section added. His use will certainly open your eyes to the enormous possibilities of this clever and very useful mixing plug-in.

Comments (1)

You must be logged in to comment. Login Now

  • charredu
    I think you accidentally exchanged the "Plain drum" track and the one with Maxxbass above. You may delete this comment after you fix it so it doesn't confuse your other readers.
    • 6 years ago
    • By: charredu
    Reply
Feedback
Course Advisor
Don't Know Where To Start?
Ask A Course Advisor
Ask Us!
Copy the link below and paste it into an email, forum, or Facebook to share this with your friends.
Make money when you share our links
Become a macProVideo.com Affiliate!
The current affiliate rate is: 50%
Classes Start Next Week!
Live 8-week Online Certification Classes for: