All Articles Review
レビュー:ReaktorのためのSkanner
Toby Pitman on Tue, February 28th 0 comments
Using Reaktor? Downloaded the free Skanner ensemble yet? If not, Toby Pitman explains, with sound examples, why this should be the next file to land in your Downloads folder.

SkannerはReaktor 5.6.2またはReaktorのステファン·シュミットの作成者によって開発された無料のReaktorのプレイヤーで使用するための自​​由なアンサンブルです。行くとそのfeakinは素晴らしいので、今すぐダウンロード!無料の!

Reaktorののサンプル·ルックアップ·モジュールに基づいて、Skannerは、本質的には、仮想ヘッドを使用してサンプルをスクロールすることができます。 Reaktorのに慣れている方は、初期バージョンの頃からされているTravelizerを覚えています。 SkannerはステロイドTravelizerのようなものです!

2つのビューがあります。プリセットモーファー、アサイン可能なマクロコントロールのセットと、これらのパラメータを調節するためのグローバルLFOを持って表示:

The preset morpher


プリセットのグループ間のプリセットモーファーのモーフ:1-8グループ1、9-16グループ2等である

Morphs between groups


結果はかなりクールです!

[オーディオID = "11862"]


ビューBはパッチ作成用です。

patch creation


我々は、下部に別のタブのマクロコントロールのセットアップも見つけます。

Macro control setup


それはどのように機能するのか?

良い質問です!最初はほとんどのReaktorの楽器のように、そのほとんどは圧倒的。一度は、概念、その簡単に取得します。

まず、サンプル·プレイヤーまたはサンプル·ルックアップ·モジュールを持っています。これらの異なるデフォルトのサンプルを含む各12があります。あなたがReaktorのフルバージョン(S、EEマニュアル)を使用している場合に、独自のサンプルをドラッグすることができます。あなたは[進む]および[戻る]ボタンを使用したサンプルとの間で選択することができます。

再生ヘッドのファインと粗位置制御(グリーンライン)があります。

Fine and coarse position control


我々はキーを押すと、再生ヘッドが静的である場合、Skannerは音がするものではありません。我々は再生ヘッドを移動するならば、我々は音を得る!あなたのDAWのオーディオスクラブから得る音のように考えることができます。

我々はさまざまな方法で再生ヘッドを移動することができます。二つの発振器(AとB)、LFO、エンベロープとフィードバックループ:あなたは以下を参照のコントロールは再生ヘッドの変調源である。

Modulation sources


楽しみが始まるHERESに! Skannerの発振器は、再生ヘッドを調節する。私は、OSC A(正弦波に設定されています)の量を増やす場合、あなたは、それが再生ヘッドを移動聞くことができます。それはスクラブ低いピッチで、それは速くなりますように(高ピッチ)はウェーブテーブル·オシレータのようになることを開始し、ピッチが生成されます。 OSC 1は、さらにモジュレーションの量を形成することができます封筒を持っています。

shaping the modulation

[オーディオID = "11856"]


HERESにOSC Bは高いピッチに設定されています。再びアタックが遅い設定されています。我々はもっと認識シンセ·サウンドが得られます。

OSC 2

[オーディオID = "11849"]


LFOとエンベロープは、再生ヘッドを移動するために使用することができます。これはサンプルをはるかに急進的な掃引が可能になります。イムは、この例では、低速にLFOセットを使用して:

LFO and Envelope

[オーディオID = "11848"]


モジュレーション·ソースを結合するときのものが多くさらに興味深いものになる。この例では、OSC Bは、ピッチを提供し、LFOのモーフィングオシレーターを作成し、サンプル中の異なる位置に再生ヘッドを移動します。あなた自身のサンプルを読み込むことができますので、クリエイティブな境界線は無限です!サンプルでは、​​よりよい、より面白い!

combining modulation sources


[オーディオID = "11850"]


ブレークポイント·エンベロープを使用して、同様のものをHERESに。もっと過激!

Break point envelope

[オーディオID = "11847"]


これは単なるスタートです!また、フィルター、AMとエフェクトを使ってサウンドを形作ることができます!無限の楽しみ!

私はに行くことができる!うまくいけば、この非常に強力なシンセの基本的な概念を参照してください。私のアドバイスはSkannerを初期化し、実験を開始することでしょう!



Comments (0)

You must be logged in to comment.

Feedback
Course Advisor
Don't Know Where To Start?
Ask A Course Advisor
Ask Us!
Copy the link below and paste it into an email, forum, or Facebook to share this with your friends.
Make money when you share our links
Become a macProVideo.com Affiliate!
The current affiliate rate is: 50%
Classes Start Next Week!
Live 8-week Online Certification Classes for: