All Articles Review
レビュー:ReaktorのためのツイストツールMSMAX
G.W. Childs IV on Sun, July 14th 1 comments
If you want to super-charge your NI Reaktor experience, you owe it to yourself to check out Twisted Tools. Their new MSMAX, a powerful Mid/Side Matrix, is examined by G. W. Childs.

youveはすでに院内KOMPLETE 9のグッズのすべてを吹き、そしてより多くのReaktorのを探しに戻っている場合は、上で読むことをお勧めします。 NIのウェブサイトのほとんどがモノクロページの外では、他のReaktorのプロバイダは、あなたが前に遭遇していない可能性がありますいくつかの良さを提供しているそこにあります。一例としては、最近MSMAXとして知られる非常に強力な新しいReaktorのベースマキシマイザーとミッド/サイドマトリックスをリリースしているツイストツールでしょう。

MSMAXへのメリットは何ですか?スタート、とよく一緒にそれをチェックアウト。


極大詞

マキシマイザーとして、MSMAXは単なる印象以上のものです。あなたはマスタ​​リングのためにそれを使用するかどうか、または個々のモノ、またはステレオトラック上、MSMAXも目立たなかったかもしれない詳細や微妙なニュアンスを引き出すのが極めて印象的な仕事をしていません。 MSMAXは本当に一つのループを取る、それは別のループのような音にすることができ、両方の自然な響きのファイナライズ、または極端に過酷な最大化のために良いです...はるかに、はるかに厳しいと大きなループ。それは周りのネジはありません。

あなたはシンプルかつ柔軟である側鎖の機能に追加すると、すぐに、突然自分がMSMAXを育てる見つけることができます...たくさん。私が柔軟と言うとき、イムあなたの通常の音声、そしてより多くの想像力に富んだ方法をカモに使用することができ、複数の側鎖トリガ·ソースを参照する。着信音声に自動パルス、側鎖のリズムが追加されます1/4音符のパルスを導入外部信号を使用するためのオーディオと、自己を含めて、実際には4つのモードの一つです。

個人的に、私は非常に単純に個別の入力されたMIDIトラックからMIDIパルスを取得し、適用される側鎖トリガーとしてでMIDIモード、感銘を受けました。それは、例えば、単にトランス、ハウス、ダブステップやトラック内のソースリズミカルダッキング効果に、聞いたことはありませんキックドラムをセットアップする必要性が軽減され、これは、素晴らしいです。代わりに、単に自分でそのアヒルオーディオMIDIキーを演奏録音。実際には、これはめちゃくちゃAbletonのライブで設定するのは簡単でした。そして、私はこの正確な操作のために定期的にMSMAXを使用して自分自身を参照していますか...そして、より多くの。

Pic 1

M / S

MSMAXまた、ステレオ画像のいくつかの素晴らしい改変を行うことをあなたに能力を与えるテーブルにM / S(ミッド/サイド)エンコードおよびデコードをもたらします。真剣に、そのベースラインの音はもっと狭い行ったり、最終的なミックスがはるかに広いするようヤウド場合、youllはこれが大好きです。

MSMAXはまた、組み込みのマキシマイザーの効果以外の​​効果を導入する機能を提供します。またReaktors工場ライブラリからの効果を挿入する追加することができます。あなたが試すことができNanoverb呼ばれるビルトイン例·リバーブは、さえtheresの。半ばチャネルは乾燥したまま、サイドチャネルにいくつかのリバーブを適用してみてください。それは本当にクールな取得することができます。

Pic 2

結論

アイブ氏は本当にMSMAXで作業爆発がありました。私のビートが大きく聞こえる、私の声が大きく聞こえる、と私は大きな音をミックス。これ以上何を求めることができる?と、39ドルの値札で、それがすべてを行う方法を検討してはるかに大きい。まあ、それを渡すために夢中になるヤウド。それはMSMAXはReaktorのプレーヤーで動作しないことに注意すべきである、とReaktorの5.8を必要としません。

ああ、それはLemurのテンプレートが付属しています。ええ、私たちはツイストツールが好きです。

ウェブサイト:


Related Videos
Comments (1)

You must be logged in to comment.

  • Rexinator
    G.W., Thanks for the run-down on MSMAX. I'm probably missing something obvious, but even after checking the TT website, I'm not clear how the effects work. It sounds like the maximization, side-chaining and M/S processing are applied to audio channels. But Reactor 5.8 is inserted into an insert slot on SWI channels. So it's unclear to me how this can be 'applied to a drum buss or used to squeeze the master channel' (as described on the website), unless the entire project is SWI-based. I'm working in Logic, not Live, so maybe that makes a difference. Also, do you think this processing is more exciting than a fully equipped mastering plugin, like Ozone 5? It certainly is less expensive. Thanks again.
    • 6 years ago
    • By: Rexinator
    Reply
Reaktor: Revealed
Native Instruments 203
Dream It. Do It.
Do you want to learn Reaktor: Revealed?
Yes, I want to learn!
No Thanks, I just want to read the article.
Feedback
Course Advisor
Don't Know Where To Start?
Ask A Course Advisor
Ask Us!
Copy the link below and paste it into an email, forum, or Facebook to share this with your friends.
Make money when you share our links
Become a macProVideo.com Affiliate!
The current affiliate rate is: 50%
Classes Start Next Week!
Live 8-week Online Certification Classes for: