All Articles Audio Software
バッチプロセッサとしてSoundtrack Proを使用して
David Earl on Fri, January 20th 8 comments
While Soundtrack Pro is only available in the current boxed version of Logic Studio, it is still a useful audio editor to use! David Earl (aka sflogicninja) shows how to use it as a batch processor.

Soundtrack Proは、Logic Studioのスイートで最も強力かつ十分に活用アプリの一つです。初めてそれを開け、多くの人々は、ロジックは、go -へのマルチトラックオーディオプロダクションのためのツールであることを行っているので、そのサウンドトラックProは、冗長かもしれないと思う。

Soundtrack Proは、映画業界におけるポストプロダクションツールとしてスタートしました。それだけではなく、非常に有能なマルチトラックオーディオ編集とミキシングシステムを持っていない、それは同様に驚異的な2トラックのオーディオエディタを持っています。私はオーディオのためにPhotoshopにそれを例える。それは尊敬に値する!

今日のIdは、バッチエディタとしてSoundtrack Proを使用する方法を紹介したい。我々は、Soundtrack Proのサウンドを開いてエフェクトを適用し、AppleScriptを使用してバッチエディタを作成しようとしている。


ステップ1 - Soundtrack Proでオーディオファイルを開く

Soundtrack Proのオーディオファイルを開くには、単純にオーディオファイル Control -クリックして、サウンドトラックProで開く]を選択します。

open in STP


また、キーコマンドShiftキーを押しながらWを使用してロジックのセッションから直接Soundtrack Proのオーディオファイルを開くことができます。

一度Soundtrack Proの、我々は、古典的な2トラックのオーディオエディタを取得します。

2-track audio editor


ステップ2 - エフェクトを追加

効果を追加するには、キーコマンドを使用してコマンドオーディオファイルのすべてを選択し、[プロセス]メニューに進みます。リバースを選択するつもりでした。

Reverse the file


今オーディオファイル全体が逆になっています。 これで、プロセスに行くできます

Adding Reverb


今、私たちは、リバーブプラグインを参照してください。リバーブを適用するには、プラグインウィンドウの右下の[適用]を選択します。

次に、再びオーディオを逆転することができます!新しい逆リバーブエフェクトを聞くには、スペースバーを押します。

左側には我々が適用されているプロセスのリストを示されている。プロセスの再注文リストへお気軽に。それは、ファイルを再処理しますし、逆に後に、逆の前にリバーブを聞くことができる、またはチェックボックスをオフにし、我々はまったくリバーブを得られない。これはサウンドトラックの魔法です:我々は音にいくつかの層を与えられている。


Applescript for reversing reverb


ステップ3 - AppleScriptを作成する

今我々はすぐにリバースリバーブを作るための良い小さなプロセスを持っていることを、私たちのためにこのプロセスを追加できます

この名前を付けます

Save as Applescript


今すぐあなたからこのAppleScriptをアクセスできます。

Applescript menu in STP


今バッチを迅速かつ簡単にオーディオのフォルダ全体を変換することができます。


ステップ4 - 使用してフォルダを変換するバッチ

今、別の保存

Applescript icon ready to use


このアイコンの上にオーディオファイルのフォルダ全体を取得する場合、フォルダ内のオーディオのすべてが自動的に我々が以前に作成した設定が適用されます。 Soundtrack Proを開放する必要はありません。単にAppleScriptのアイコンの上にオーディオファイルのフォルダをドラッグし、そしてそれは行く見てください! (あるいは、自分で飲み物を作るに行く)

唯一の注意点は、PCMオーディオファイルを使用する必要があるということです。ないOGG、MP3、または他の圧縮形式。サウンドトラックはそれらを認識しないことがあります。

楽しい時を過す!


Comments (8)

You must be logged in to comment.

  • SixStringsDown
    GENIUS!
    • 7 years ago
    • By: SixStringsDown
    Reply
  • David Earl
    Thanks!!
    • 7 years ago
    • By: David Earl
  • Miloslav
    David Thx, but another thoughts. http://www.larryjordan.biz/soundtrack-pro-audio-files/ Miloslav
    • 7 years ago
    • By: Miloslav
    Reply
  • Rounik Admin
    Hi Miloslav Yes, perhaps we could've mentioned that STP will process audio files in this way in a destructive manner (i.e. altering the original file) and therefore, of course, it is always important to make a copy of the audio file if you wish to keep the original intact. However, the article in your link is describing the process of applying noise reduction which assumes you'll be tempted to work on the original file. Indeed, in that situation, you really should be making backups of your audio file first or exporting to a new file from within STP. You could actually build in a number of automator actions/scripts to duplicate the original file first before one of the copies gets processed in STP. Cheers Rounik
    • 7 years ago
    • By: Rounik Admin
    Reply
  • David Earl
    Hey there! With hard drive space being less expensive as the years roll by, I highly recommend that all audio to be batch processed should be copied to a new folder before processing. As for the linked article, I understand Larry's concerns regarding the source audio being effected without chance of undo, but copying the folder is pretty quick and painless for even the largest audio project. For noise reduction, I would create separate folders for different recording environments. These environments would have their own individual noise prints, given that the location audio includes room tone. This means separate scripts for different environments. I need to do a bit of research to see if noise prints are included in scripts. You cannot use the same noise print on very environment. Each folder would be batched individually. Noise reduction can be tricky, due to potential volume fluctuations that may increase artifacts in the noise reduction. This is why having copies of the files is important. I think Larry is right in saying that the best result would be to process individual files. I also know production schedules, and sometimes speed trumps quality depending on the project. Also, all projects should be backed up either by using Time Machine or a program like Chronosync. This way if you have screwed up the original audio, it can be replaced with an original very easily. *bows*
    • 7 years ago
    • By: David Earl
    Reply
  • Miloslav
    Hallo David, Hallo Rounik, Thanks for reading and solution. Miloslav
    • 7 years ago
    • By: Miloslav
    Reply
  • GaryHiebner
    Excellent tutorial. Soundtrack has some amazing effects and processors which I wish Logic will incorporate. Hopefully in Logic X?
    • 7 years ago
    • By: GaryHiebner
    Reply
  • David Earl
    @Gary I think you may be on to something. :-)
    • 7 years ago
    • By: David Earl
    Reply
Feedback
Course Advisor
Don't Know Where To Start?
Ask A Course Advisor
Ask Us!
Copy the link below and paste it into an email, forum, or Facebook to share this with your friends.
Make money when you share our links
Become a macProVideo.com Affiliate!
The current affiliate rate is: 50%
Classes Start Next Week!
Live 8-week Online Certification Classes for: