All Articles Audio Software
iPadのパート1からのリモート制御Omnisphere
Hollin Jones on Fri, October 14th 1 comments
There was a time when the jury was out on whether the iPad could be a useful tool for musicians. Around that time Spectrasonics released Omni TR for iPad. Hollin Jones explores its many uses.

Spectrasonicsのは、いくつかの他の開発者よりも、そのラインナップの少ない製品を持っているものの、それが持っていないしているものは、本当に印象的です。それよりも、企業は継続的に向上させ、時間をかけて、余分を支払うことなく、より多くのツールやコンテンツを取得することを意味し、それらを更新します。 Omnisphereへの最新の追加の一つは、Wi - Fi経由でリモートでシンセの特定の側面を制御することができます無料の専用iPadアプリです。 YoullはあなたがiPadとOmnisphereのコピーの両方を必要とするこれが機能するために、そのことに気づいた。既にあなたが両方を使って何ができるか見て、しかし2 の方法のいずれかをお持ち場合は、他を取得することで拍車があります。主にライブパフォーマンスツールですが、それはあなたのMacの前に座ってマウスを使用しなくても、クリエイティブなサウンドの整形のためのスタジオで、同じくらいの使用、です。


ステップ1

Omnisphereをインストールし、Mac上で実行している状態で、App Storeへ移動し、 オムニTRをダウンロードして iPadで。それを起動して最初の画面から、[接続]ボタンを押してください。 Omnisphereは、そのアドレスをブロードキャストされるようにするには、次の画面であなたのMacの名前が表示されるはずです。されていない場合は、お使いのWi - Fiおよびファイアウォールの設定を確認してください。

Connecting it up


ステップ2

Mac上のOmnisphereに接続するためにタップすると、メイン画面が開きます。何も表示されない場合には、Omnisphereは、お使いのMac上に表示されていることを確認する必要があります、そしてインストゥルメントスロットで非表示にすることはできません。それはあなたのMac上で実際に画面上であることを確認してください。次に、[参照] Multis]メニューをクリックしてください。

Browse Multis menu


ステップ3

覚えておきたいことが考えられます:オムニTRアプリはコントローラではなくプレイヤーです。それは持っているdoesntの内蔵キーボード、あなたのiPadからワイヤレスでご使用のDAWへのMIDIを再生する他のアプリを使用することができますけれども。だからあなたが音を聞くことができる前にあなたのDAWでレコーディングしたMIDIパートを持っている必要があります、またはハードウェアのMIDIキーボードから生演奏される。 MIDIコントロール機能は、ので、アプリ内からリモートでOmnisphere果たすことができると、Idがtheyreの読書なら、Spectrasonicsのが含ま​​れてすごく見てみたいものです。

Omni TR is a controller not a player


ステップ4

お使いのMIDI部分はお使いのコンピュータで再生すると、あなたは、アプリから新しいパッチを試聴するためにマルチ選択メニューを使用することができます。 Omnispheres 8つの部分のそれぞれが表示され、あなたがそれらのいずれかの左側にあるフォルダアイコンをクリックすると、パッチがそのスロットにロード厥再割り当てすることができます。

The 8 visible layers


ステップ5

パートの演奏、または実際にOmnispheres 8つのスロットのそれぞれにルーティングされた別々のMIDIトラックとの複雑なアレンジと、あなたが部品の相対的なレベルを変更する権利だけでなく、ミュートするレベルのスライダーを使用することができますまたはそれをソロにするとそれらの変化ちょうどスライダーの左のアイコンをクリックしてトリガモード。

Adjust levels, solo, pan, mute, etc for each part


ステップ6

スライダーを音のパラメータのいずれかを制御するように変更し、 レベルのメニューをクリックし、パンのような新しいパラメータを選択することによってこれを行うことができる、AUXは、送信フィルタのように。これをやっているすべての時間は、変更内容は、お使いのMac上で動作するOmnisphereに反映されている。

Adjust any parameter you wish!


ステップ7

興味深いトリックが考えられます:またはB層のレベルにコントロールを切り替え、上下いずれかのパッチ内の異なるレイヤーをオンにすることができます。 Omnisphereは、レイヤーの音に基づいているのであなたは、16音の合計のための2層にし、それぞれを最大8つのスロットを持つことができます!

You can load a total of 16 sounds!


ので接続し、Omnisphere TRアプリケーションとパッチの選択を実行する方法で簡単に見に厥。パート2では同様に、リアルタイムでサウンドを変更できるように顕著なオーブの機能を見てください。その後我々は、リモートアプリケーションから直接アクセスできる高度な合成のコントロールを見ていきます。

このチュートリアルを続けますオーブ:その2


でMac用にOmnisphereをより深く行くOmnisphere 101:コアOmnisphere

ダウンロードここにiPad用オムニTRを

Comments (1)

You must be logged in to comment.

  • lostnthesound
    This is something I wish more developers would implement with their plugins. Thus far, Omnisphere and Alchemy are the only two synths with iPad control integration...are you listening Native Instruments? :-) Great read btw. Cheers.
    • 6 years ago
    • By: lostnthesound
    Reply
Feedback
Course Advisor
Don't Know Where To Start?
Ask A Course Advisor
Ask Us!
Copy the link below and paste it into an email, forum, or Facebook to share this with your friends.
Make money when you share our links
Become a macProVideo.com Affiliate!
The current affiliate rate is: 50%
Classes Start Next Week!
Live 8-week Online Certification Classes for: