X Course Advisor FREE Course Advisor
(Close)
Watch Tutorials
macProVideo.com
Close

無料プレミアムアクセス

プレミアムハブの記事、プロジェクトファイルとから、各チュートリアルビデオの最初の10%の私たちのライブラリ全体にアクセスするオンラインチュートリアルのライブラリを

今すぐ無料アカウントを作成しよう!

After Effectsの:5恐ろしい生産性のヒント
Google翻訳で翻訳さ

Check out our After Effects: Core After Effects CS5 course!

時間の任意の長さのためにAdobe After Effectsで動作するすべての人は、特に期限で、最終的に彼または彼女の生産性を向上したい(または彼女)彼自身を見つける。このチュートリアルでは、私はあなたがより効率的に作業することを知らないれている5台の有用なヒントを紹介しよう。始めましょう。


ヒント1 - デフォルトのレンダリングおよび出力テンプレートを設定します。

あなたは正しい、カスタムレンダリング設定と出力モジュールを使うのですか?そうでない場合、あなたは間違いなくそれらを知って取得する必要があります。しかし、あなたが仮定して知っている一つの良いことは、あなたのデフォルトのレンダリング設定や出力モジュール、特に出力モジュールと同様にカスタムテンプレートを設定する方法です。

例えば、あなたが特定のジョブの特定のファイルタイプとコーデックにレンダリングする必要があるものと仮定し、その形式に出力するための総合試験がたくさんある。あなたがレンダーキューにしてカンプを追加することが、それぞれに標準出力モジュールを選択し、あなた自身の特定の設定にそのモジュールを修正する。しかし、それは明らかに、特にコンプの多くで、非効率です。ので、一度、あなたの出力モジュール([編集]を作成しました

Give it a unique name


あなたがしたら、[テンプレート]ウィンドウの上部にあるムービーのデフォルトのポップアップメニューのリストでそれを見つけることができます。それは、あなたの出力でそれをデフォルトとして設定するためにそこに選択します。

Set it as the default output


それ以降は、あなたがレンダーキューに追加したカンプは、その出力モジュールを使用します。とここでは、便利なサブヒントです:もし、既にレンダーキューにあなたのカンプのいずれかを追加し、カスタム出力モジュールを作成して保存している場合は、 コマンドキー押しながら、出力モジュールテンプレートのリストから、カスタムモジュールを選択してください。それは、選択したモジュールに新しいムービーのデフォルトになります。


ヒント2 - スケールキーフレームのタイミング

Effectsの作業の後で、それは多くの場合にのみあなたはまだ、すべてのキーフレームの作業を維持しながら、全体のことを長くまたは短くするために必要があることを見つけるために、アニメーションのいくつかの複雑なビットを作成するキーフレームの多くをやったことが起こります。幸いにも、シンプルなキー修飾子を使用してこれを行うために痛みのない方法があります。

注:このヒントは、同様に複数のアニメーション化されたプロパティと、複数の層にわたって動作します。

最初に、全てのアニメーションのキーフレームを表示する(タイプU BER keytoは単にアニメーションのキーフレームを示しています。)。その後は、Command - Option -すべてのキーフレームを選択するを入力します。

Select all keyframes


次に、Optionキーを押しながら、選択したキーフレームの最初または最後のどちらかをクリックしてドラッグします。あなたが最初のキーフレームをドラッグする代わりに、最後のキーフレームを維持しながら、あなたはそれと時間のすべての後続のキーフレームを移動することでしょう。場所の最初のキーフレームを維持する最後のキーフレームをドラッグします。キーフレームのタイミングを展開し、タイミングを縮小するために左にドラッグして右にドラッグします。

Expand and contract keyframe timing


あなたが選択したすべてのキーフレームはすべてが離れて近づいたり、さらに取得しながらそれらの相対的なタイミングと位置が所定の位置に保てるように、お互いに比例してスケーリングされることがわかります。それは非常に便利なアニメーション機能だし、単一のドラッグですべて。


ヒント3 - シーケンスレイヤーキーフレーム補助

あなたがタイムラインに持ち込むと、それらが順番に再生するように設定する必要があること静止画やクリップの完全な全体のフォルダがある場合は、シーケンスレイヤーキーフレーム補助は、あなたの友達です。あなたがそれを呼び出すことができる二つの異なる方法が実際にあります:私はあなたの両方を紹介します。

今あなたは彼らがムービークリップの一種として、After Effectsで表示されますが、スライドショーを作成するためにすべてのそれらの静止画の間にクロスフェードするとしますよように、シーケンスとして静止画のグループをインポートできることも事実ですか?または、ビデオクリップの束との間でクロスフェードするとします。あなたは、シーケンスとしてそれらをインポートすることはできません。これはシーケンスレイヤーは特に便利ですです。

最初に、あなたの静止画やクリップをインポートする:あなたはファイルを選択してフォルダとしてそれらをインポートすることができます

stacking the clips


次に、シーケンスしたいすべてのレイヤーを選択し、 アニメーションを選択します。

Sequence the layers


我々は[OK]を選択すると、静止画は、今時間的に連続して交互に実行されることを確認し、自動スライドショーに設定されている不透明度のキーフレームがあるでしょう。

Opacity keyframes for auto slideshow


これを行うには、さらに高速な方法は、 新しい構成を作成する直接の上だけで、シーケンスしたいすべてのフッテージアイテムをドラッグすることです

Drag onto create a new composition button


ご覧のように、このウィンドウには、シーケンス層をできるようになると同時に新しいコンピュータを作成しながら、それらの間に解散する。どちらの方法では、特に層数の多い、便利です。


ヒント4 - レイヤ映像を交換してください

例えば、あなたが特定のレイヤーとキーフレームの多くが付いている精巧なアニメーションを作成したと言うが、その後は完全に異なるものとレイヤーのソースフッテージを交換する必要が見つける。むしろ試しに新しい映像を追加し、アニメーションを再作成するよりも、単に単一のドラッグで新しい映像と現在の映像を交換してください。これを行うには:タイムラインのレイヤーパネルの現在のレイヤを強調表示し、プロジェクトウィンドウに新しいレイヤーを選択し、Optionキーを押しながら、レイヤーパネルで現在のレイヤーの名前に置換レイヤーをドラッグします。このレイヤーでキーフレームを露出している場合は、そのtwirly矢印は、ロールアップし、再度それらを非表示にするだけでそれらを明らかにするためにUを入力します。

このためのキーボードショートカットもあると、ところでみなさんは、レイヤーパネルに置換するレイヤーを選択し、プロジェクトパネルとtype コマンドで置換レイヤーを選択-オプション- /(スラッシュ)。


ヒント5 - あなたのキーボードショートカットを学ぶ

キーボードショートカットといえば、After Effectsでの作業をより効率的に行うことができる最も生産的なことの一つは、できるだけ多くのキーボードショートカットとして学ぶことです。ここに行くことが、ヘルプメニューの完全なリスト、へのリンクがあります:

http://help.adobe.com/en_US/aftereffects/cs/using/WS3878526689cb91655866c1103a9d3c597-7987a.html

さらに開発者はもちろん、それらをすべて記憶しているが、ほんの数キーのショートカットを学ぶことは本当にあなたのワークフローを手助けすることが可能ではない。特に、ツールをアクティブにするための、タイムラインナビゲーション、プレビュー、およびキーフレーム操作用のキーに焦点を当てる。と使う人(私のような)のための同等のショートカットの束があることに注意

また、レイヤーのプロパティをソロのためのショートカットを学ぶ。

  • A for Anchor Point
  • P for Position 
  • T for Opacity (think of it as Transparency)
  • R for Rotation
  • S for Scale
  • E for Effects
  • M for Mask 
  • F for Mask Feather

とShiftキーを押して、これらのレイヤプロパティのいずれかを入力するのではなく、以前にソロになってものを隠すよりも、目に見える性質にそのソロにプロパティを追加することを忘れないでください。

そしてそこには、いくつかの、おそらく有用とあまり知られているAfter Effectsの生産性向上のヒントがあります。私はあなたがそれらを最大限に活用願っています!

Check out our After Effects: Core After Effects CS5 course!

Richard Lainhart

Richard Lainhart | Articles by this author

Richard Lainhart is an award-winning composer, filmmaker, and author. His compositions have been performed in the US, Europe Asia, and Australia, and recordings of his music have appeared on the Periodic Music, Vacant Lot, XI Records, Airglow Music, Tobira Records, Infrequency, VICMOD, and ExOvo labels. His animations and short films have been shown in festivals in the US, Europe, and Asia, and online at ResFest, The New Venue, The Bitscreen, and Streaming Cinema 2.0. He has authored over a dozen technical manuals for music and video hardware and software, served as Contributing Editor for Interactivity and 3D Design Magazines, and contributed to books on digital media production published by IDG, Peachpit Press, McGraw Hill, and Miller Freeman Books. Previously an Adobe Certified Expert in After Effects and Premiere, a demo artist for Adobe Systems, and co-founder of the official New York City After Effects User Group, he was, from 2000-2009, Technical Director for Total Training Productions, an innovative digital media training company based in New York and California.

Comments

You must be logged in to post a comment.
Create an Account  Login Now

What is macProVideo.com?

macProVideo.com is an online education community featuring Tutorial-Videos & Training for popular Audio & Video Applications including Adobe CS, Logic Studio, Final Cut Studio, and more.
© 2018 macProVideo.com
a division of NonLinear Educating Inc.
Link