X Course Advisor FREE Course Advisor
(Close)
Watch Tutorials
macProVideo.com
Close

無料プレミアムアクセス

プレミアムハブの記事、プロジェクトファイルとから、各チュートリアルビデオの最初の10%の私たちのライブラリ全体にアクセスするオンラインチュートリアルのライブラリを

今すぐ無料アカウントを作成しよう!

After Effectsは:クリスマスらしい粒子テキストは、明らかにする
Google翻訳で翻訳さ

Check out our After Effects: Secrets of Particle Playground course!

ので、そのクリスマスのように非常にすぐにどのようにAfter Effectsで効果を明らかに速いクリスマスらしい粒子のテキストを作成するHERESに。


ステップ1

まず、新しい構成( コマンド+ N)を作成し、それ1280px X 720pxにします。

New composition


次に、新しい固体を作る。それに素敵な深紅色を与える。

Solid red


[図形]メニューから楕円ツールを選択し、ダブルカンプサイズのマスクを作ってそれをクリック。約500pxにマスクパラメータと羽マスクをクルクル回す。

feather mask to 500px


ステップ2

作成

アイブレイヤに移動してそれをいくつかの簡単なレイヤースタイルを与え

add a Drop Shadow and Bevel and Emboss set to Hard Chisel


ステップ3

今作り付けのテキストアニメーションツールを使用して拭いてテキストをアニメーション化するつもりイム。テキストレイヤーを押すとアニメーションを開きます。 ぼかしを選択してください

Choose blur


ステップ4

1 Animatorを開き、20px程度にぼかしを設定します。

Set the blur to 20px


ステップ5

[ 追加]をクリックして、不透明度のパラメータを追加します。

Add opacity


ステップ6

あなたのテキストは、現在目に見えないはずです。

The text


ステップ7

範囲セレクタ1と0%にスタート 〜100%と終了を設定するダウン振り回す。

Range selector


ステップ8

オフセットパラメータを移動すると、あなたのテキストを明らかにする。 0%に、あなたのコンピュータの先頭付近(offsetパラメータでストップウォッチをクリック)キーフレームを作成することによって、これをアニメーション化。カンプに1〜2秒を移動し、100%に値を変更します。

Revealing the text


テキストは明らかに考えられます:

[動画ID ="11160"]


ステップ9

現在、いくつかの粒子を作成するためにその時間。あなたに沿って続くことができるようにIVEに及ぼす影響"デフォルトのパーティクルシステムのCCの粒子の世界の後でこれを行います。しかし、youllは赤色巨星からてTrapcode Particularを使ってはるかに良い結果を得る。

新しい固体を作成し、その上にCCの粒子の世界をドラッグします。

Creating some particles


アイブ氏はいくつかのキーフレームで拭く私のテキストに従うように位置のXプロデューサーのセクションをキーフレーム。

ここに私のスターのパーティクルの設定値は以下のとおりです。アイブ氏はまた、粒子にデフォルトのグロー効果を追加しました。

Star particle settings


ステップ10

今すぐ粒子のレイヤーを複製( コマンド+ D)といくつかの小さな二次粒子を放出するCCの粒子の世界での設定を変更してください。 IVEは、高い出生率を設定し、彼らはより多くのビットの跡ように粒子の寿命。

Duplicated particle layer


ステップ11

このように表示されます。

The result so far...


ステップ12

最後に、再び新たな粒子のレイヤーを複製し、テキストレイヤーの下にドラッグします。 IVEは、アニメーションのためのグロー効果を作成するために非常に大規模な新しい粒子を作った。層の転送モードは、それが背景とうまく溶け込む追加するために設定されています。

blend it with the background


最終的なアニメーションが考えられます:

[動画ID ="11161"]


CCの粒子の世界ではかなり基本的であるにもかかわらず、あなたはまだ重ねそれまでで、そこからいくつかの素晴らしい効果を得ることができます。

Check out our After Effects: Secrets of Particle Playground course!

Toby Pitman

Toby Pitman | Articles by this author

For the past 20 years Toby has worked as a professional guitarist, programmer and producer. Clients include Sir Paul McCartney, George Michael, Shirley Bassey, Yusuf Islam, Giles Martin as well as the London 2012 Olympic Ceremonies. He has also worked extensively in TV, Advertising and Film. As well as composing himself he has also worked alongside many composers like David Arnold, Clint Mansell and Simon Franglen on many major film releases. An expert in synthesis and sound design Toby has also lectured for Apple on their Logic Pro music software which he has used since its days on the Atari. He has also worked as an educator for the International Guitar Foundation and the Brighton Institute of Modern Music teaching guitar. In his spare time (of which there is very little) he moonlights as a motion graphics artist specialising in Cinema 4D and After Effects.

Comments

You must be logged in to post a comment.
Create an Account  Login Now

What is macProVideo.com?

macProVideo.com is an online education community featuring Tutorial-Videos & Training for popular Audio & Video Applications including Adobe CS, Logic Studio, Final Cut Studio, and more.
© 2018 macProVideo.com
a division of NonLinear Educating Inc.
Link