X Course Advisor FREE Course Advisor
(Close)
Watch Tutorials
macProVideo.com
Close

無料プレミアムアクセス

プレミアムハブの記事、プロジェクトファイルとから、各チュートリアルビデオの最初の10%の私たちのライブラリ全体にアクセスするオンラインチュートリアルのライブラリを

今すぐ無料アカウントを作成しよう!

After Effectsの冬の雪のシーンを作成する
Google翻訳で翻訳さ

Check out our After Effects: Secrets of Particle Playground course!

まあ、それはmacProVideoでここに年末休暇のための時間だし、シーズンに敬意を表し、ここでは、Adobe After Effectsの雪のアニメーションホリデーグリーティングを作成する方法について簡単なチュートリアルです。


手順1 - プロジェクトを設定します。

私たちのアニメーションの休日カードの場合、我々は適切な挨拶をフェードインし、雪の背景画像を使用して、それがちょうど雪が始まったいるかのように、いくつか雪がフレームに徐々に落ち始めている、とするつもりだ。だから、私は落ちる時間の雪のたくさんを与えるために、約20秒の640x360カンプにしてゆきます、と私の背景画像のために私は私のアーカイブに見られる私の家の休暇シーズンショットを使用します。

Richard's house


私達の背景画像として、我々はこれをアニメーション化する必要はありませんので、単にカンプにドロップし、全体のカンプの長さは、最後作ります。


ステップ2 - 調整レイヤーを追加する

次に、 レイヤーを選択します。


ステップ3 - 調整レイヤーにCCの雪を適用

次に、調整レイヤーを選択した状態で、 エフェクトを選択します。

(一般的なパーティクルシステムの詳細については、私のAfter Effectsのチュートリアル"チェックアウトパーティクルプレイグラウンドの秘密を "そして私は数あります。 ハブの自由な記事をエフェクトのパーティクルシステムの後、様々な機能:

あなたがいずれかの設定を変更することなく、雪の効果をプレビューする場合、これを見るでしょう:

[動画ID ="11134"]


それは素晴らしい効果ですが、雪があまりにも速く落ちている(我々は穏やかなドリフトをしたい)と私が述べたように、それはむしろフレームに落ちてくるよりも、右側のフレームで開始されます。その次に修正してみましょう。


ステップ4 - 雪のレイヤーをアニメーション化

アニメーションの最初のフレームに、これらの値には、CCの雪を設定してください。

Snow settings


フレークのサイズをゼロに設定されているため、この時点で、あなたは、何も表示されません。そう、時間の00:00にフレークサイズのためにキーフレームを設定し、5秒間に先に移動し、そして1.5にフレークサイズを設定します。これは、フレークは、合理的な大きさに何もないところから成長させるでしょう。

他のプロパティの場合:設定金額500ちょうどフレークの平均数を減らします。 0.2に速度を設定すると、徐々に雪のドリフトを行い、0.5それぞれに振幅と周波数を設定すると、フレークのぐらつきの平均量を減らすことができます。

あなたがプレビューすると今、、あなたはうまくフレークのドリフトが、彼らは上から下のフレームにフェードインではなく、ドリフトことがわかります。そう、ソロの位置をに、タイプPを調整レイヤー自体を選択し、00:00に位置するためのキーフレームを設定し、フレームの上に持ち上げてレイヤー全体をドラッグします。 5秒に前方移動し、フレームにそれをアニメーション化するために元の位置に戻ってレイヤをドラッグします。今我々は、フレークの遅いドリフトと降雪量がちょうど始まっているという印象の両方を持っている。

[動画ID ="11130"]


ステップ5 - あいさつ文を追加する

次に、我々はいくつかの挨拶のテキストをアニメーション化できます:文字ツールを選択し、フォントと色を(私は素敵な休日の雰囲気を持っているフォント、のためにアップルチャンを使っている)を選択し、コンピュータのウィンドウでクリックし、メッセージのタイプ。これは雪の層の上に新しいテキストレイヤーが作成されます。

一度、あなたのテキストを配置している、それにドロップシャドウを追加( 効果を

[動画ID ="11130"]


ステップ6 - もうひとつの雪の層を追加する

私たちの最後のステップは、深さの少しより多くの感覚を作成するテキストの前に少数の大きなフレークで2雪の層を追加することです。ので、テキストレイヤー上記の2番目の調整レイヤーを追加し、それにCCの雪を適用する。以下に示すようにパラメータを設定します。

Second snow layer settings


前と同様に、時間の00:00ゼロのキーフレームフレークサイズで始まりますが、この時間は5秒の時点で5にそれをアニメーション化。我々は少数の大きなフレークを持っているので、レイヤー自体をアニメーション化する必要はありません。全部をレンダリングし、ここではあなたが得るメリットです。

[動画ID ="11133"]


とmacProVideoとハブで私たちのすべてからの幸せな休日!

Check out our After Effects: Secrets of Particle Playground course!

Richard Lainhart

Richard Lainhart | Articles by this author

Richard Lainhart is an award-winning composer, filmmaker, and author. His compositions have been performed in the US, Europe Asia, and Australia, and recordings of his music have appeared on the Periodic Music, Vacant Lot, XI Records, Airglow Music, Tobira Records, Infrequency, VICMOD, and ExOvo labels. His animations and short films have been shown in festivals in the US, Europe, and Asia, and online at ResFest, The New Venue, The Bitscreen, and Streaming Cinema 2.0. He has authored over a dozen technical manuals for music and video hardware and software, served as Contributing Editor for Interactivity and 3D Design Magazines, and contributed to books on digital media production published by IDG, Peachpit Press, McGraw Hill, and Miller Freeman Books. Previously an Adobe Certified Expert in After Effects and Premiere, a demo artist for Adobe Systems, and co-founder of the official New York City After Effects User Group, he was, from 2000-2009, Technical Director for Total Training Productions, an innovative digital media training company based in New York and California.

Comments

You must be logged in to post a comment.
Create an Account  Login Now

What is macProVideo.com?

macProVideo.com is an online education community featuring Tutorial-Videos & Training for popular Audio & Video Applications including Adobe CS, Logic Studio, Final Cut Studio, and more.
© 2018 macProVideo.com
a division of NonLinear Educating Inc.
Link