X Course Advisor FREE Course Advisor
(Close)
Watch Tutorials
macProVideo.com
Close

無料プレミアムアクセス

プレミアムハブの記事、プロジェクトファイルとから、各チュートリアルビデオの最初の10%の私たちのライブラリ全体にアクセスするオンラインチュートリアルのライブラリを

今すぐ無料アカウントを作成しよう!

シェイプレイヤーと液体背景:エフェクトのチュートリアルの後
Google翻訳で翻訳さ

Check out our After Effects: Secrets of Particle Playground course!

で動く液体タイプの効果を作成するための良い小さなテクニックHERESにAfter Effectsは、 。 After Effectsでのシェイプレイヤーのパワーと汎用性のその別の良い例。実際にはこの全体のことはただ1つのシェイプレイヤーを使用して行われます。あなたには、いくつかのかなり興味深い結果を得ることができるエフェクトプラグインした後、ベクトルエフェクトといくつかの株式に建てられたシェイプレイヤーのいくつかを使用!あなたがそれをいかにするかHERESに!


ステップ1

この最初の効果は、抽象型の背景にクールです。病気ポリスターのツールを使用して、新しい構成でのシェイプレイヤーを描画して始まります。

New Shape Layer


ステップ2

ここでは、上記の形状の設定を見ることができます。アイブ氏は、ポイント(13)の培地量を設定し、それがあまりにも鮮やかな緑色のストロークを持っています。

Shape settings


ステップ3

この効果は、IMの追加メニューからリピータの効果を追加しようとして始めることに。これは非常に汎用性の少ないエフェクターです。それはあなたがレイヤをコピーすることなく、オリジナルのシェイプレイヤーを繰り返すとオフセットすることができます。

Repeater Effect


ステップ4

あなたがここに効果を見ることができます。やってすべてのImは本当にランダムな抽象的な混乱を作成しようとしています。

A random abstract mess


ステップ5

私は今回の追加メニューから丸みを帯びた角の効果を使用して形状を滑らかにするつもり。

Adding rounded corners


ステップ6

私は今回完全に最後の効果を追加することによってこれをmangleする予定。ウィグルパスの効果はイラストレーターでエッジを粗くするようなものです。それは、ベクトルシェイプレイヤーにランダム性の多くを追加し、波線の負荷のように見えるかを生成します。これは良いです!

また、自己アニメーション化する能力を持っています。これは、ウィグル/ 2番目のパラメータを使用して行われます。アイブ氏はこれを設定する行がランダムに非常にゆっくりと移動するので、(0.1)は非常に低い。これは私達の液体の動きの基礎となります。

Wiggle paths effect


ステップ7

今すぐイムエフェクトを追加するつもり

Adding a glow effect


ステップ8

次の病気の追加効果

Adding a fast blur


ステップ9

液体の効果を作成するには悪影響を追加

Adding a vector blur


ステップ10

最後のステップのために病気のビットが効果を使用してアルファチャンネルを押しつぶす

Using curves to darken the image


ここでは、アクションの最終結果を見ることができます。

[動画ID ="9667"]


ステップ11

このテクニックは簡単に効果のようないくつかの非常に水を作成するように変更することができます。例えば古典的なスイミングプール。 IVEが行われたすべてのビット変更リピータの設定で、明るい青色に線のカラーを変更。アイブ氏はその後、別の青色の点灯層の上にこれを配置し、追加する転送モードを設定します。

Creating water-like effects


ここでそのアクションの中でです。

[動画ID ="9666"]


だけではなく、1つのシェイプレイヤは悪くない!

Check out our After Effects: Secrets of Particle Playground course!

Toby Pitman

Toby Pitman | Articles by this author

For the past 20 years Toby has worked as a professional guitarist, programmer and producer. Clients include Sir Paul McCartney, George Michael, Shirley Bassey, Yusuf Islam, Giles Martin as well as the London 2012 Olympic Ceremonies. He has also worked extensively in TV, Advertising and Film. As well as composing himself he has also worked alongside many composers like David Arnold, Clint Mansell and Simon Franglen on many major film releases. An expert in synthesis and sound design Toby has also lectured for Apple on their Logic Pro music software which he has used since its days on the Atari. He has also worked as an educator for the International Guitar Foundation and the Brighton Institute of Modern Music teaching guitar. In his spare time (of which there is very little) he moonlights as a motion graphics artist specialising in Cinema 4D and After Effects.

Comments

Nov 27, 2011
Apexxx
I cant complete the tutorial because I dont have CC Vector Blur. How do I get this Effect for AE?
Nov 27, 2011
tobypitman
CC Vector Blur ships with After Effects as standard. Depending on which version (older) you have it may be on your installer disk as a separate installation.
You must be logged in to post a comment.
Create an Account  Login Now

What is macProVideo.com?

macProVideo.com is an online education community featuring Tutorial-Videos & Training for popular Audio & Video Applications including Adobe CS, Logic Studio, Final Cut Studio, and more.
© 2018 macProVideo.com
a division of NonLinear Educating Inc.
Link