X Course Advisor FREE Course Advisor
(Close)
Watch Tutorials
macProVideo.com
Close

無料プレミアムアクセス

プレミアムハブの記事、プロジェクトファイルとから、各チュートリアルビデオの最初の10%の私たちのライブラリ全体にアクセスするオンラインチュートリアルのライブラリを

今すぐ無料アカウントを作成しよう!

After Effectsで波紋と振ってフラグを作成します。
Google翻訳で翻訳さ

After Effects CS5では、Digieffects自由形AE、以前に効果自体の後に利用できなくなっている真の3D空間にワープや変位のすべての種類を行うことができる強力な3次元歪みのプラグインが含まれています。ここで、我々は単純な振る旗のプロジェクトと自由形を紹介するつもりだ。

All you'll need to reproduce this is a public domain flag image of your own, or any kind of image you'd like to turn into flowing fabric. Let's get started.

ステップ1 - [適用自由形

After Effectsで、10秒のコンポジション( 構成を作成する

私の旗のイメージのために私はアメリカ南北戦争の時代からサムター要塞フラグのパブリックドメインの画像を使用しています。

次のようにフリーフォームを設定します。

ここで注意すべきいくつかの重要なことは、私は3D空間(回転XYZの設定)でフラグの位置を変更するにはFreeFormでは独自の3Dコントロールを使用していることですので、より簡単に波紋を見ることができます。

また、私は非常に高いメッシュ細分割値を設定している。 FreeFormは3D表面にあなたの層を回すことで動作し、より高いこのメッシュのサブディビジョンの設定、なめらかに変位がなります。ただし、まだあまり変化は見られません。

ステップ2 - 変位マップを作成する

次に我々は、さざ波ファブリックのエフェクトを作成するアニメーションを作成するつもりだ。新しい固体( レイヤーを追加します。

その後、1500(あなたがいると仮定して、タービュレントノイズエフェクトコントロールウィンドウでのオフセット乱流と進化プロパティのストップウォッチアイコンをクリックして、あなたのコンピュータの終わりにあなたの現在の時間インジケータを移動し、3000にオフセット乱流の値を設定あなたが小さいカンプで作業している場合、1280 × 720のCOMPで働いて)約2倍、あなたのコンピュータの寸法にこれらの値を設定し、以下に示すように、2倍に進化するための値:

これが何を行っているかは、それがそうする内部的に画面上を移動し、変更が大規模な、塊のノイズを作成することです。

次に、事前に構成するこの乱流騒音の層(レイヤ

ステップ3 - 旗リップルを作る

最後に、あなたの旗のレイヤーを選択し、バック自由形式のエフェクトコントロールでは、ロールダウンして

Check out our After Effects courses!

Richard Lainhart

Richard Lainhart | Articles by this author

Richard Lainhart is an award-winning composer, filmmaker, and author. His compositions have been performed in the US, Europe Asia, and Australia, and recordings of his music have appeared on the Periodic Music, Vacant Lot, XI Records, Airglow Music, Tobira Records, Infrequency, VICMOD, and ExOvo labels. His animations and short films have been shown in festivals in the US, Europe, and Asia, and online at ResFest, The New Venue, The Bitscreen, and Streaming Cinema 2.0. He has authored over a dozen technical manuals for music and video hardware and software, served as Contributing Editor for Interactivity and 3D Design Magazines, and contributed to books on digital media production published by IDG, Peachpit Press, McGraw Hill, and Miller Freeman Books. Previously an Adobe Certified Expert in After Effects and Premiere, a demo artist for Adobe Systems, and co-founder of the official New York City After Effects User Group, he was, from 2000-2009, Technical Director for Total Training Productions, an innovative digital media training company based in New York and California.

Comments

You must be logged in to post a comment.
Create an Account  Login Now

What is macProVideo.com?

macProVideo.com is an online education community featuring Tutorial-Videos & Training for popular Audio & Video Applications including Adobe CS, Logic Studio, Final Cut Studio, and more.
© 2018 macProVideo.com
a division of NonLinear Educating Inc.
Link