X Course Advisor FREE Course Advisor
(Close)
Watch Tutorials
macProVideo.com
Close

無料プレミアムアクセス

プレミアムハブの記事、プロジェクトファイルとから、各チュートリアルビデオの最初の10%の私たちのライブラリ全体にアクセスするオンラインチュートリアルのライブラリを

今すぐ無料アカウントを作成しよう!

After Effectsで揺らすバナーを作成します。
Google翻訳で翻訳さ

IVEが接続カードダウンスイングと、非常に自然な形で残りに来るの一連をシミュレートするいくつかの異なる場所で最近効果を見て。私はこれが行われていた方法を考え出すことができれば見て歩き回った。

Googleで少し検索した後、私はダンEbbertの(表現の第一人者)振り子式を発見した。それはスイングのオブジェクトの指数関数的減衰をシミュレートすると、この式は、この効果に最適です。


ステップ1

最初にアイブオレンジ色の固体とテキストレイヤーからした3つコンプ、各単語に1つずつ作成。

three comps


Iveは私のメインコンピュータでそれらを揃えるため、theyreが参加し、それらを3Dした。各カンプのアンカーポイントがコンポジションの一番上に整列されることに注意してください。これは我々のスイングの軸です。アイブ氏はあまりにも、ライトのいくつかを追加しました。

swing axis


ステップ2

今親にピックウィップを使用して、レイヤを行くイム。レイヤ4(プロ)は、レイヤ4〜レイヤ3(Mac)およびレイヤ5(ビデオ)にペアレントされています。

Using the pick whip


層は、彼らがX軸上で個別に回転している場合でも、一緒に固執するようIVEこれを行う。

Layers now stick together


ステップ3

だから今私は、IMの作業は私のトップ(Mac)を試しに振り子式を追加しようとしてザッツを知っている。私は、 オプション-クリックする X回転のためにストップウォッチをすることによって行います。

Option-clicking the stopwatch for X Rotation


ステップ5

HERESにネザーランドのサイトにある振り子式便利な表現のグッズがいっぱいです。

  • veloc = 7; 
  • amplitude = 90; 
  • decay = .7; 
  • amplitude*Math.sin(veloc*time)/Math.exp(decay*time)


式自体は非常に単純です。我々は3つの変数を持っています: -

  • veloc (velocity) = The initial speed of the swing.
  • amplitude = The angle the initial swing will reach before it starts to decay.
  • decay = This is like resistance. The lower the value the longer the the swing will take to decay. 


し、効果を作成するいくつかの数学!

  • amplitude*Math.sin(veloc*time)/Math.exp(decay*time)


イムは、任意の長さで、これを打破するつもりはありませんが、それが私達の目的を達成するために操作できる方法を私はあなたが表示されます。私はあなたのその前半を伝えることができます....

  • amplitude*Math.sin(veloc*time)

...その後で割ったときの時間との関係で正弦波の放物曲線を使って動きやスイングとの情報....

  • Math.exp(decay*time)

...正弦波(またはスイング)の振幅を減少させるために指数曲線を使用している。


ステップ6

我々が対処する必要がある最初の事 、Math.sin一部です。これはスイングのカーブの開始位置を決定します。

Determine the curve swing


罪を (正弦波)を使用すると、スイングのアクションが中心(0)で開始し、このクリップで見られるように振幅値(90)に外側に移動することを意味します。式は、チェーン内の最上位コンプに適用されるため、すべてのペアレント層がこのコンプに従うことに注意してください。私は他の層に最終的な式を追加すると、彼らはまだ独立してスイングします。

[動画ID ="10659"]


我々はこれをほしいと思わない。我々は、我々は、COS(余弦)に罪を変更することにより、この問題を解決することができますインチそれは、振幅値とスイングで開始したい。

  • amplitude*Math.cos(veloc*time)/Math.exp(decay*time)

あなたは、コサインが振幅値(90)から、その曲線を開始する方法下の画像で見ると中心(0)に向かって移動することができます。

sin-cos

罪- COS

我々は今90度の開始角度でカードを持っている!

Cards start at 90 degrees


ステップ7

あなたがすべてのコンプのX回転に式を適用する場合、今あなたは私たちがすべてのコンプでスイングの効果を得ている見ることができます。

[動画ID ="10656"]


ここで唯一の問題はスイングが全てコンプで均一であることです。私はもう少しランダムと宙返り何かを作成したい。だから私は今の時間にこの式を相殺する方法を作成する必要があります。彼らはすべてを一度に表示されますいけないので、何を実際に行うことのようなIDは、レイヤーの開始位置をオフセットされていますが、ひとつ問題があります。

式の時間の側面は、マスターコンプをオフに実行されています。これは私が層をオフセットいても式は関係なく、フレーム0(00:00:00:00)から実行することを意味します。これは、層が、式はそのサイクルの途中になるが表示されたら意味します。

我々は、別の変数を作成することで、再びこれを改善することができます。そのは、次のように行く:

  • startT = thisLayer.startTime;

これは私のオフセット層の開始時間を取得し、変数に格納します。私は、曲線の開始、私たちのコサインを扱う私達の式の最初の時間の値からこれを差し引くことができます。これは次のようになります。

  • amplitude*Math.cos(veloc*(time-startT))/Math.exp(decay*time)

I can the subtract this from the first time value in our expression that deals with the start of the curve, our cosine.


今私は、オフセットを減算し、そのレイヤー上の式は層がフレーム0(00:00:00:00)またはその曲線の開始時に始まると考えている私のレイヤーのタイミングを、オフセットが。


ステップ8

そこでここでは、オフセット層を見ることができます。プロ層は、この時点で表示されるが、90度の角度で、MAC層の背後に隠れて。

Pro layer is hidden


ここにあなたが見ることができるアイブ氏は、完成式を追加しました....

  • veloc = 7; 
  • amplitude = 90; 
  • decay = .7;
  • startT = thisLayer.startTime;

  • amplitude*Math.cos(veloc*(time-startT))/Math.exp(decay*time)

...すべてのレイヤーへと時間の下の二つの層をオフセット。

Final expression


効果は、スイング時の層が一緒に対話する方法で、今までよりランダムです。完成したデモはHERESに。

[動画ID ="10660"]


美しさは、それがオフセット層の開始時間をどう扱うかで表現がより汎用的な作りで、それが簡単にカスケード効果を生成するようにしかし、多くの層にコピーできることです。

また、容易に全体としての効果の全体的なタイミングを調整するには、コントロール層での発現のスライダーに変動する量を関連付けることもできます。

これは、式がそれ以外のキーフレームに非常に長い時間がかかってしまうこのような単純なアニメーションのための非常に有効なツールとして使用できることを示すことを行く。

ここでプロジェクトファイルをダウンロードしてください。


Toby Pitman

Toby Pitman | Articles by this author

For the past 20 years Toby has worked as a professional guitarist, programmer and producer. Clients include Sir Paul McCartney, George Michael, Shirley Bassey, Yusuf Islam, Giles Martin as well as the London 2012 Olympic Ceremonies. He has also worked extensively in TV, Advertising and Film. As well as composing himself he has also worked alongside many composers like David Arnold, Clint Mansell and Simon Franglen on many major film releases. An expert in synthesis and sound design Toby has also lectured for Apple on their Logic Pro music software which he has used since its days on the Atari. He has also worked as an educator for the International Guitar Foundation and the Brighton Institute of Modern Music teaching guitar. In his spare time (of which there is very little) he moonlights as a motion graphics artist specialising in Cinema 4D and After Effects.

Comments

You must be logged in to post a comment.
Create an Account  Login Now

What is macProVideo.com?

macProVideo.com is an online education community featuring Tutorial-Videos & Training for popular Audio & Video Applications including Adobe CS, Logic Studio, Final Cut Studio, and more.
© 2018 macProVideo.com
a division of NonLinear Educating Inc.
Link