X Course Advisor FREE Course Advisor
(Close)
Watch Tutorials
macProVideo.com
Close

無料プレミアムアクセス

プレミアムハブの記事、プロジェクトファイルとから、各チュートリアルビデオの最初の10%の私たちのライブラリ全体にアクセスするオンラインチュートリアルのライブラリを

今すぐ無料アカウントを作成しよう!

After Effectsでリアルな地球のアニメーションを作成する
Google翻訳で翻訳さ

私のAfter Effectsのクイックチュートリアルでは、After Effectsのマップ上のパスをアニメーション、私は私のマップのために現実的な地球の画像を使いましたが、これを行う方法を説明していない。ここでそれを作成する方法ですAdobe After Effectsと


ステップ1 - リアルな地球のイメージを見つけます

今、任意のマップイメージは、現実的かどうか、このチュートリアルでは動作しますが、私は私のバージョンの実際の地球の写真マップを使用するつもりだ。このようなマップのための偉大なロイヤリティフリーのソースは、NASAのVisible地球です:雲のないコンポジットの地球画像のブルーマーブルシリーズ:

http://visibleearth.nasa.gov/view_set.php?categoryID=2363


私はここにこの素晴らしい次世代高解像度の画像を使用している(図示でスケーリングこのスクリーンショット 。)



それは平面の地図ではなく、既に世界中にマッピングされている画像のように限り、お好きな画像を使用することができます。それが上記のものがである、高さの2倍の幅になるはず、です - 重要なことは、可能な場合は、この画像は2:1アスペクト比で、、であるということである。あなたのイメージがその比ではない場合は、Photoshopでそれを修正することができますが、それがある場合には、いくつかの時間を節約できます。幸いなことに、最も現実的なマップの画像が2:1になります。


ステップ2 - あなたのコンプを設定し、イメージをインポート

我々は標準的な720pの10秒カンプ( コンポジションで開始するつもりだ


次に、マップイメージをインポートして、コンポジションに追加します。それは、カンプのためにおそらく大きすぎるでしょうが、それはOKです。


ステップ3 - CCスフィアを適用

次に、選択したレイヤーと、 エフェクトを選択します。


他のものの場合はもちろん、使用することはできますが、地球儀を作る - CCの球は、単にそれを行うように設計されています。ちょうどあなたのイメージは、私がいることを強調してきた理由です2時01アスペクト比、にいるときに最も効果があることに注意してください。


ステップ4 - グローブをアニメーション化

私たちの最後のステップは簡単なもの - 空間で回転する地球のアニメーション化。必要な地球儀がお試し版を埋めるために取得する場合、最初に、CCのSphereのエフェクトコントロールで、Radiusプロパティをスケールアップ。


次に、エフェクトコントロールでの回転のプロパティを公開して、タイムラインでフレーム0で回転Yのキーフレームを有効にします。


その後9時29分に、あなたのタイムラインの末尾に前方移動し、つの完全なYの回転(フル回転のプロパティ使用 - Xと1 - ので、厳密に1つの完全な回転を持っていない度のプロパティを、)のためにキーフレームを設定する:


ステップ5 - おわりに

これをレンダリングし、これを使用すると、スペース(すべての宇宙ゴミがなくても)から参照してくださいね何を非常に気に入って、買ってあげるものです。

[動画ID ="6738"]


そしてそれはそれと同じくらい簡単です。さまざまな照明効果をCC Sphereのエフェクトコントロールでライトとシェーディング特性を変化させてみてください。そして、いつものように、実験とで楽しい持っているAdobe After Effectsのを


Richard Lainhart

Richard Lainhart | Articles by this author

Richard Lainhart is an award-winning composer, filmmaker, and author. His compositions have been performed in the US, Europe Asia, and Australia, and recordings of his music have appeared on the Periodic Music, Vacant Lot, XI Records, Airglow Music, Tobira Records, Infrequency, VICMOD, and ExOvo labels. His animations and short films have been shown in festivals in the US, Europe, and Asia, and online at ResFest, The New Venue, The Bitscreen, and Streaming Cinema 2.0. He has authored over a dozen technical manuals for music and video hardware and software, served as Contributing Editor for Interactivity and 3D Design Magazines, and contributed to books on digital media production published by IDG, Peachpit Press, McGraw Hill, and Miller Freeman Books. Previously an Adobe Certified Expert in After Effects and Premiere, a demo artist for Adobe Systems, and co-founder of the official New York City After Effects User Group, he was, from 2000-2009, Technical Director for Total Training Productions, an innovative digital media training company based in New York and California.

Comments

You must be logged in to post a comment.
Create an Account  Login Now

What is macProVideo.com?

macProVideo.com is an online education community featuring Tutorial-Videos & Training for popular Audio & Video Applications including Adobe CS, Logic Studio, Final Cut Studio, and more.
© 2018 macProVideo.com
a division of NonLinear Educating Inc.
Link