X Course Advisor FREE Course Advisor
(Close)
Watch Tutorials
macProVideo.com
Close

無料プレミアムアクセス

プレミアムハブの記事、プロジェクトファイルとから、各チュートリアルビデオの最初の10%の私たちのライブラリ全体にアクセスするオンラインチュートリアルのライブラリを

今すぐ無料アカウントを作成しよう!

After Effectsでのディスプレースメントマッピング:基本
Google翻訳で翻訳さ

ディスプレースメントマッピングはであまり知られていない技術の一つであるAdobe After Effectsのフッテージを持つ魅惑的な、実用的なディストーションエフェクトのすべての種類を作成することができます。このチュートリアルでは、我々はディスプレイスメントマッピングの基礎に紹介し、それを開始する方法をお見せするつもりです。


手順1 - 構成の設定

私たちのmacProVideo.comのロゴやプールの水を波打つのいくつかストックビデオ:我々は2つ​​の単純な要素を扱うことになるだろう。ここの考えは、それが現実の生活になるのと同じように、プールの底に描かれたと水の動きによって変形されているロゴの錯覚を作成することです。そう、新しいプロジェクトにロゴや映像ファイルをインポートした後、単にプロジェクトの下部にある"作成新規コンポジション"ボタンの上に水の映像クリップをドラッグして新しいコンポジションプールの映像のサイズと長さを作成することから始めますウィンドウ:

the 'Create A New Composition' button


ステップ2 - ロゴを追加する

私達はちょうどコンプに直接ドラッグするか、プールの構成および中央に配置しますで水層の上にmacProVideo.comロゴを(それは透明な背景を持っているので、私はアルファチャンネルを用いて調製したもの)にドロップする次のウィンドウ、またはタイムラインでレイヤーウィンドウに。

mPV logo on top of the water layer


ステップ3 - ロゴにブレンドモードを適用

それは水中だと同様にこの時点で、ロゴが見えるのではなく、水面に浮かぶ。そう、次の我々はそれが水のイメージと相互作用し、それがプールの底でそれのように見えるようにロゴにブレンドモードを適用するつもりだ。レイヤーに描画モードを適用すると、そのレイヤー内のピクセルは、上位レイヤーのピクセルの新しい色と透明度を作成するためにすぐ下にあるレイヤーのピクセルと対話。さまざまなブレンドモード、そして2つの層が互いに対話できる多くの異なる方法があります。今のところは、あなたが知る必要があるすべては、ブレンドモードは、私たちはロゴが表示されたまま残っている間、水の表面の下に表示されるように水でロゴのレイヤーの統合を支援することです。

そう、描画モードを適用するには、"トグルスイッチ/モード"モードの列を表示するには、レイヤウィンドウの下部にあるボタンをクリックして、様々なモードを表示するロゴのレイヤーの横に"ブレンドモード"ポップアップメニューをクリックします。我々に興味を持っているもの

Color Dodge from Blending Menu


程度の差こそあれ、上位層の色を維持しながら、加法モードは、目に見える二つの層の明るいピクセルをする傾向があります。この場合には、覆い焼きカラーは水面下というロゴの錯覚を作成する、水の波紋の明るいピクセルが透けて見えるように許可しながら、よくロゴの元の色を維持するようだ。もちろん、あなただけの彼らがどのようなものかを見て、そのうちの1つが、特定のロゴをよりよく働くかどうかを判断するには両方とも、他のカテゴリ内の他の添加剤のモードを備え、モードを試してみてください。ここでは、覆い焼きカラーモードは次のようになります。

Color Dodge blending mode in action


ステップ4 - 変位マップ効果を適用

我々は我々の場所でロゴと適切にブレンドを持っているので、我々は水の波紋が画像を歪めているように見せかけので、それを変位させるつもりだ。ディスプレースメントマッピングは一つのピクセルの値が物理的に、影響を受ける層内のピクセルの位置をずらす、または置換するため、それらの値を使用して変位mapandをlayercalled明度(または輝度)を取ることによって動作します。あなたが期待するとして、より大きな輝度値は、低い値を超えてシフトを作成します。私たちのケースでは、我々はロゴのレイヤーを歪ませる水層の輝度を使用する:それは現実には同じように水が移動すると、シフトの輝度値は、それは水によって歪めれているかのようにロゴが表示されるようになります。

ので、ロゴのレイヤーを選択した状態で、 エフェクトを選択します。

Displacement map effect settings


ロゴムービーは、次のようになります。

[動画ID ="9431"]


そして、それはそれがどのように動作するか基本的にありません。今、あなたが見ることができるように、これはかなりクールな効果ですが、ロゴ自体はかなりギザギザのであり、そしてそれは水中だとほとんど同じように見ていません。水層は、その明るいとのコントラストと急激な遷移をたくさん持っているからだ


ステップ5 - 水のレイヤーを複製

ギザギザを修正するには、我々はそれをぼかすことでやる私たちのディスプレイスメントマップとして水層、ソフトなバージョンを使用する必要があります。しかし、我々が目に見える水の層をあいまいにしたくないので、コピーをぼかすだろうし、代わりに私たちのマップのためにこのコマンドを使用。それを選択し、 コマンド+ Dを入力して、タイムラインでの水のレイヤーを複製。


ステップ6 - ブラー重複レイヤ

次に、レイヤウィンドウの2つの既存の水層の上部を選択し、 エフェクトを選択します。


ステップ7 - 事前構成かすみレイヤ

我々はディスプレイスメントマップとしてこのぼかしたレイヤーを使用する場合は、今この時点で、我々は実際に最終イメージの違いは表示されません。ぼかしたレイヤーはディスプレイスメントマップの効果は、ぼかしを"認識"する前に、事前に構成、または実質的にレンダリングする必要があるからだ。そう、ぼやけたレイヤーを選択し、 レイヤーを選択します。

'Move all attributes into the new composition'


ステップ8 - かすみマップの適用

今、我々は実際にぼやけた画像を表示したくないので、レイヤーのウィンドウで、名前の横に眼球のボタンをクリックして、その可視性をオフにする、それが事前に構成している限り、それがために可視である必要はありません。ディスプレイスメントマップの効果は、それを使用する。その後、再びロゴのレイヤーを選択し、エフェクトのディスプレイスメントマップレイヤーコントロールウィンドウとしてWaterDisplaceMap層を設定します。あなたが水の波紋を、以下のロゴを上に非常に滑らかで、よりリアルなディストーションエフェクトが表示されます。

[動画ID ="9432"]


そしてそこにそれがある。それはもう少し水中に見えるように小さなロゴのレイヤーの不透明度を減らすことを実験は、ロゴに異なるブレンドモードを試してみてください、またはわずかにロゴをフォーカスするために少しぼかしを適用します。といつものように、楽しい時を過す!

これらの優れたチュートリアルAfter Effectsの詳細については、こちらをご覧ください

Richard Lainhart

Richard Lainhart | Articles by this author

Richard Lainhart is an award-winning composer, filmmaker, and author. His compositions have been performed in the US, Europe Asia, and Australia, and recordings of his music have appeared on the Periodic Music, Vacant Lot, XI Records, Airglow Music, Tobira Records, Infrequency, VICMOD, and ExOvo labels. His animations and short films have been shown in festivals in the US, Europe, and Asia, and online at ResFest, The New Venue, The Bitscreen, and Streaming Cinema 2.0. He has authored over a dozen technical manuals for music and video hardware and software, served as Contributing Editor for Interactivity and 3D Design Magazines, and contributed to books on digital media production published by IDG, Peachpit Press, McGraw Hill, and Miller Freeman Books. Previously an Adobe Certified Expert in After Effects and Premiere, a demo artist for Adobe Systems, and co-founder of the official New York City After Effects User Group, he was, from 2000-2009, Technical Director for Total Training Productions, an innovative digital media training company based in New York and California.

Comments

Oct 13, 2011
Martin
A watery MPV Logo .. I love it!!! Nice one Richard :)
You must be logged in to post a comment.
Create an Account  Login Now

What is macProVideo.com?

macProVideo.com is an online education community featuring Tutorial-Videos & Training for popular Audio & Video Applications including Adobe CS, Logic Studio, Final Cut Studio, and more.
© 2018 macProVideo.com
a division of NonLinear Educating Inc.
Link