X Course Advisor FREE Course Advisor
(Close)
Watch Tutorials
macProVideo.com
Close

無料プレミアムアクセス

プレミアムハブの記事、プロジェクトファイルとから、各チュートリアルビデオの最初の10%の私たちのライブラリ全体にアクセスするオンラインチュートリアルのライブラリを

今すぐ無料アカウントを作成しよう!

単語を爆発:After Effectsでタイトルをシャターする方法
Google翻訳で翻訳さ

タイトルが逆に爆破されているかのように、映画やテレビのタイトルで見たことがあるかもしれません効果は、フラグメントのランダムな品揃えから、ロゴやタイトルのアセンブリです。我々は、簡単にこの効果の基本的なバージョンを作成することができますAfter Effectsを粉々にプラグインを使用して-あなたが治療の独自のバージョンの作成 ​​を開始できるように、この簡単なチュートリアルでは、十分なバックグラウンドを提供する必要があります。始めましょう。


ステップ1 - タイトルの作成

720pの、10秒のコンポジション( 構成することによって開始



あなたのテキストツールを選択して、あなたのタイトルのコンプウィン​​ドウと型にクリック - 私はちょうど短い"MPV"です。 、お好きな色のテキストを作る、それも画面いっぱいに、大きなフォントサイズにし、コンピュータウィンドウの中央に配置します。



ステップ2 - 適用と粉々に設定する

次に、選択したテキストのレイヤーと、 エフェクトを選択します。

次に示すように、シャターエフェクトのコントロールを設定します。



特に、(私たちは私たちの設定の最終結果を見ることができます)ビューをレンダリングするために設定されていることに注意してください。

  • Shape Pattern is set to Glass; 
  • Shape Repetitions is set to 150; 
  • Force 1 Radius is zero; 
  • Force 1 Strength is set to 4; and 
  • Physics Gravity is set to zero 


フォース1半径がゼロに設定されているため、今、これをプレビューする場合には、手紙を爆破する最初の爆発力はないサイズがないため、層に影響しないことを意味し、、変更は表示されません。あなたがすぐにわかるように我々は、この方法でそれを設定した理由があります。

次に、1秒間にあなたの現在の時間インジケータを移動し、フォース1半径のためにキーフレームを有効にします。 1秒15フレームに進める、と1にフォース1半径を設定します。この操作を行うと、すぐに画面上で何らかのアクションが表示されるはずです。このコンピュータをプレビューして、次のようなものが表示されるはずです。

[動画ID ="6733"]


我々は、1番目の点までフォース1半径を増加させる起動しなかったため、最初の爆発は、1秒間遅延されることに注意してください。

今それで良いのですが、私たちはそれを吹いていない、私たちのタイトルを組み立てることになっている。しかし、粉々にのみ時間で前方に動作します - あなただけの、粉々に物事を爆破するそれらを解除爆破することはできない - 従って私達は私達のタイトルを組み立てるに、もう1つのステップを必要とする。


ステップ3 - タイムリバース爆発

新しい720 10秒カンプを作成し、それタイムリバースコンプ呼ぶ。新しいコンピュータに粉々にテキストカンプをドラッグし、粉々にテキストレイヤーを選択し、 レイヤーを選択します。

[動画ID ="6734"]


タイトルは、我々は爆発がコンピュータには一秒になるまで起動を許可しなかった理由である最後の第二、ために表示されていることに注意してください。我々はタイトルがシャターのデフォルトの状態である、すぐに爆破させていた場合は、タイトルは、私たちはそれを参照できるようにする逆クリップの終わりに十分な長さの画面ではなかったであろう。

そして、それはこれだけです!あなたが粉々にしてクールなものの多くを行うことができますはAdobe After Effects 、といつものように、私はあなたが楽しんで実験していることをお勧めします。

Richard Lainhart

Richard Lainhart | Articles by this author

Richard Lainhart is an award-winning composer, filmmaker, and author. His compositions have been performed in the US, Europe Asia, and Australia, and recordings of his music have appeared on the Periodic Music, Vacant Lot, XI Records, Airglow Music, Tobira Records, Infrequency, VICMOD, and ExOvo labels. His animations and short films have been shown in festivals in the US, Europe, and Asia, and online at ResFest, The New Venue, The Bitscreen, and Streaming Cinema 2.0. He has authored over a dozen technical manuals for music and video hardware and software, served as Contributing Editor for Interactivity and 3D Design Magazines, and contributed to books on digital media production published by IDG, Peachpit Press, McGraw Hill, and Miller Freeman Books. Previously an Adobe Certified Expert in After Effects and Premiere, a demo artist for Adobe Systems, and co-founder of the official New York City After Effects User Group, he was, from 2000-2009, Technical Director for Total Training Productions, an innovative digital media training company based in New York and California.

Comments

You must be logged in to post a comment.
Create an Account  Login Now

What is macProVideo.com?

macProVideo.com is an online education community featuring Tutorial-Videos & Training for popular Audio & Video Applications including Adobe CS, Logic Studio, Final Cut Studio, and more.
© 2018 macProVideo.com
a division of NonLinear Educating Inc.
Link