X Course Advisor FREE Course Advisor
(Close)
Watch Tutorials
macProVideo.com
Close

無料プレミアムアクセス

プレミアムハブの記事、プロジェクトファイルとから、各チュートリアルビデオの最初の10%の私たちのライブラリ全体にアクセスするオンラインチュートリアルのライブラリを

今すぐ無料アカウントを作成しよう!

After Effectsでビジュアルオーディオ波形を生成する
Google翻訳で翻訳さ

あなたがミュージックビデオで見る一般的な効果は、多くの場合、ビデオのアクションの上に重ねオーディオ波形、、音楽に同期しているパルスです。それは、この基本的な効果を簡単に作成できますAfter Effectsで 、そしてこの簡単なチュートリアルでは、我々は方法を紹介します。


ステップ1 - あなたのオーディオトラックを設定します

もちろん、あなたがこの効果のための使用可能な任意のオーディオソースを使用することができます - このチュートリアルでは、私はシンプルなドラムループを使用するつもりだ。ループが短いので、私のケースでは、、私はそれを少し拡張して、私は最終的な波形のアニメーションを作成するときに、それがループきれいにすることを保証したい。私は、ウィンドウの上部にあるトラックの情報を確認できるようにそう、私は私のトラック(DrumLoop1.aiff)をインポートした後、私は、プロジェクトウィンドウの中から選んでクリック。



それは、長さは4秒間で少しだけだ、と私はこのデモのための長いカンプをしたいので、私はそれで作業を開始する前に私がループするトラックに行くんだ。これを行うには、プロジェクトウィンドウでトラックを選択し、その上でコントロールクリックして、私は映像をnterpret選ぶ



このダイアログで、下2の二回のループトラックをし、その長さを倍にループ、型の隣にあるその他のオプションの下の底に:



今正確にループの長さである新しいコンピュータを作るプロジェクトウィンドウの下部にある新規コンポジションのボタンの上にそのクリップをドラッグして、その時にレンダリングされたカンプを繰り返す、オーディオがスムーズにループされること。私は私のカンプ1280x720ピクセルを作りました。


ステップ2 - 固体を追加し、オーディオ波形を適用

オーディオレイヤーは非常にレンダリングするためには何もないビジュアルコンポーネントがないとので、今、我々は、カンプのオーディオレイヤーにオーディオ波形効果を追加することができます、とAfter Effectsを私たちはそれを行うことができますが、ここは実際に何も表示されないでしょうの波形。そこで、視覚情報を含むように固体層を追加する必要があります。いつものように、 レイヤーを選択します。



次に、オーディオ波形の効果( エフェクトを適用


ステップ3 - 波形のエフェクトを設定

まず、効果のためのオーディオレイヤーとしてのDrumLoop1を使用するオーディオ波形を指示する必要があります、または我々は任意の波形の生成を取得することはありません。次に、我々は効果のいくつかの設定を試すとどうなるかわかります - 私はあなただけでなく、自分で試してみることをお勧め。

波形が画面の多くを占める(最良値はの振幅に依存するのでので、私はそれは昔ながらのオシロスコープのようなもう少し見えるように緑にデフォルトの波形の色を変更するつもりだ、最大の高さを増加させるあなた自身のオーディオトラック)、および次に示すように、波形の柔らかさを増やします。



これをレンダリングし、これはあなたが買ってあげるものです。

[動画ID ="6739"]



最終的な考え

そして、それは基本的な手順です。時間をかけて、それらをアニメーションを含め、エフェクトコントロールウィンドウ内の任意の設定とすべてを変えてみてください。あなたが試みることができる一つの興味深い変化は、ランダムシードの値を(波形に少しバリエーションを追加して、増加し、(それぞれのコピーが表示されるように)重複のためにオリジナルの複合が可能、オーディオ波形の効果を何度も複製することであり、年々増加しここに示すように重複して"厚さの値、:



これにより、もう少し視覚的な関心を持つ多くの混沌とし​​た波形が得られます。

[動画ID ="6740"]



常にとして、あなた自身の上で実験、とで楽しみましょうAfter Effectsの

Richard Lainhart

Richard Lainhart | Articles by this author

Richard Lainhart is an award-winning composer, filmmaker, and author. His compositions have been performed in the US, Europe Asia, and Australia, and recordings of his music have appeared on the Periodic Music, Vacant Lot, XI Records, Airglow Music, Tobira Records, Infrequency, VICMOD, and ExOvo labels. His animations and short films have been shown in festivals in the US, Europe, and Asia, and online at ResFest, The New Venue, The Bitscreen, and Streaming Cinema 2.0. He has authored over a dozen technical manuals for music and video hardware and software, served as Contributing Editor for Interactivity and 3D Design Magazines, and contributed to books on digital media production published by IDG, Peachpit Press, McGraw Hill, and Miller Freeman Books. Previously an Adobe Certified Expert in After Effects and Premiere, a demo artist for Adobe Systems, and co-founder of the official New York City After Effects User Group, he was, from 2000-2009, Technical Director for Total Training Productions, an innovative digital media training company based in New York and California.

Comments

You must be logged in to post a comment.
Create an Account  Login Now

What is macProVideo.com?

macProVideo.com is an online education community featuring Tutorial-Videos & Training for popular Audio & Video Applications including Adobe CS, Logic Studio, Final Cut Studio, and more.
© 2018 macProVideo.com
a division of NonLinear Educating Inc.
Link