X Course Advisor FREE Course Advisor
(Close)
Watch Tutorials
macProVideo.com
Close

無料プレミアムアクセス

プレミアムハブの記事、プロジェクトファイルとから、各チュートリアルビデオの最初の10%の私たちのライブラリ全体にアクセスするオンラインチュートリアルのライブラリを

今すぐ無料アカウントを作成しよう!

After Effectsでスポッティングオーディオ
Google翻訳で翻訳さ

として、映画やビデオ編集の業務処理で用いられる"スポッティング"オーディオ、、のいずれかの定義は、オーディオトラックまたはあなたが編集中の視覚的なイベントと同期する地域のポイントをマーキングのプロセスです。それがためにサウンド効果を整列するために視覚的なヒットポイントに特定したり編集するために音楽のトラックにビートを見つけることができる。

のスポッティングオーディオAdobe After Effectsとは簡単に、そして親切オタクな方法で楽しいのですが、一度方法を知っている。そしてここでその方法は次のとおりです。

ステップ1 - タイムラインでのオーディオ波形を明らかに

我々はすでに我々は発見したいオーディオトラックを持っているとすれば(我々はここで簡単なリズムトラックを使用している)、twirly矢印(また、"詳細表示三角形"として知られる-エド。)ダウンロールとレイヤーのプロパティを公開するのオーディオ、その後レイヤーのオーディオ波形を表示するtwirly波形その後、オーディオtwirlyを転がり落ちる。

(このためのショートカットは、キーボード上のLLを入力することです。)

ステップ2 - プレビューとマークトラック

これで、オーディオ波形を読みに慣れているなら、トラック内の主要なビートを特定することができたし、視覚的に、これらのポイントにマーカーを追加しますが、良い方法は、トラックを聴きながらリアルタイムでマーカーを追加することです。そのためには、まずオーディオレイヤーがタイムラインで選択されていることを確認してください。選択されていない層で、新しいマーカーが代わりにタイムラインに追加されます。次に、いずれかのRAMプレビューまたはオーディオのみのプレビューを行うことで、トラックを聴く:

RAMプレビュー:キーパッドの0(ゼロ)(MacおよびWindows) または Control - 0(Macのみ)

オーディオのみのプレビュー (現在の時間から):。 (小数点)キーパッド(MacおよびWindows) または Controlキーを。(ピリオド)(Macのみ)で

(それは完全なRAMプレビューよりもはるかに高速描画するため、この時点で、私は、オーディオのみのプレビューをお勧めします。)

オーディオは、それらのビートのポイントでレイヤーマーカーを追加するには、再生中に今、メインのビートを聞くためにオーディオトラックに耳を傾け、そしてヒット*(乗算またはアスタリスク)キーパッドで(MacとWindows) または Control - 8(Macのみ):

あなたのマーカーが少しオフになっていることを発見した場合、それらを手動で再配置する、それらをドラッグすることができます。そして、あなたはまた、スクラブ、または手動で音声でのヒットポイントを見つけるためにオーディオをドラッグすると役立つことがあります。手動でオーディオスクラブするには、Ctrlキー (Win)またはCommandキー (Mac)を押しながらタイムライン上の現在の時間インジケータをドラッグします。少し練習すれば、スクラブオーディオの音道に慣れると簡単にヒットポイントを識別することができます。

今あなたが場所にマーカーを持っていることは、アニメーションのキーフレームまたはオーディオとその他の視覚的なイベントを同期させるためにそれらを使用することができます。

チェックアウト効果101チュートリアルの後 、はるかに!

Richard Lainhart

Richard Lainhart | Articles by this author

Richard Lainhart is an award-winning composer, filmmaker, and author. His compositions have been performed in the US, Europe Asia, and Australia, and recordings of his music have appeared on the Periodic Music, Vacant Lot, XI Records, Airglow Music, Tobira Records, Infrequency, VICMOD, and ExOvo labels. His animations and short films have been shown in festivals in the US, Europe, and Asia, and online at ResFest, The New Venue, The Bitscreen, and Streaming Cinema 2.0. He has authored over a dozen technical manuals for music and video hardware and software, served as Contributing Editor for Interactivity and 3D Design Magazines, and contributed to books on digital media production published by IDG, Peachpit Press, McGraw Hill, and Miller Freeman Books. Previously an Adobe Certified Expert in After Effects and Premiere, a demo artist for Adobe Systems, and co-founder of the official New York City After Effects User Group, he was, from 2000-2009, Technical Director for Total Training Productions, an innovative digital media training company based in New York and California.

Comments

You must be logged in to post a comment.
Create an Account  Login Now

What is macProVideo.com?

macProVideo.com is an online education community featuring Tutorial-Videos & Training for popular Audio & Video Applications including Adobe CS, Logic Studio, Final Cut Studio, and more.
© 2018 macProVideo.com
a division of NonLinear Educating Inc.
Link