X Course Advisor FREE Course Advisor
(Close)
Watch Tutorials
macProVideo.com
Close

無料プレミアムアクセス

プレミアムハブの記事、プロジェクトファイルとから、各チュートリアルビデオの最初の10%の私たちのライブラリ全体にアクセスするオンラインチュートリアルのライブラリを

今すぐ無料アカウントを作成しよう!

のAdobe Premiere対FCP X、パート1:比較メディアのキャプチャと管理
Google翻訳で翻訳さ

ロギングおよびAdobe Premiere Pro CS5.5でキャプチャ

それは、メディアドライブまたはソリッドステートカメラなどのデジタルデバイスからインポートするメディアのために今より一般的です。しかし、毎日テープベースのカメラを使用する人がいるので、テープからキャプチャすると、そのワークフローの基本的な部分です。 Adobe Premiere Proでは、キャプチャウィンドウを使用して非常によく、このワークフローをサポートしています。


手順1 - プロジェクトの準備

Adobe Premiere Proでは、新しいプロジェクトを作成し、必要に応じて一般的な設定を行います。

General settings


プロジェクトの一般設定を設定したら、スクラッチディスク]タブを選択します。は、Adobe Premiere、すべてのキャプチャしたビデオやオーディオだけでなく、編集中に作成されているすべてのプレビューファイルを保存する場所ここで決定します。

setup the scratch disk


二つの理由から、メディアを格納するための適切なドライブを選択することが重要です:まず、あなたのメインのハードドライブ上のメディアを格納すると、必然的に編集時にパフォーマンスの問題につながります。第二に、メディアドライブは、定期的にパフォーマンスを維持するためにデフラグする必要があります。これは、メインのHDに行うことができます。 [参照 ]を選択し、選択したメディアのドライブにスクラッチディスクを設定する。

Choose a media drive as the scratch disk


新しいプロジェクトを開くには[OK]をクリックします。


ステップ2 - ログビンを設定する

一度あなたのプロジェクトは、ログと取り込みプロセスを開始する準備youreの開きます。 ファイルを選択してください

File > Capture


[キャプチャ]ウィンドウが開き、接続されたテープデバイスを検出します。

ヒント:あなたはログインして、キャプチャするために、プロジェクトウィンドウのビンを作成する必要はありませんが、全体的な時間を保存する、それらをキャプチャする前に、ビンにクリップを直接ログインできるようにそれは意味がありません。

プロジェクトウィンドウでビンを作成し、適切な名前を付けます。

Create Bin in the Project window


これで、キャプチャウィンドウのロギング設定で作成されたビンのホードを選択することができます。あなたがクリップをログとして、これはいつでも変更することができます。

Select the bin



ステップ3 - ログクリップ

キャプチャウィンドウ内のコントロールからはあなたからキャプチャしているテープデッキまたはカメラを制御することができます。しかし、より経験豊富な編集者は、単にタイムラインで好きなJ、KLキーを使用します。

Controls in the Capture Window


映像を再生し、キャプチャするメディアのセクションのイン点およびアウト点をマーク。再び、同じように再生して、イン点とアウト点をIOのキーを使用して設定することができます。キーボードを使用すると、ポインタに比べてはるかに効率的な方法です。

The In and Out points are set


クリップがマークされるとそのような説明、シーンと任意のLog Notesなどの名前やその他のロギング情報を追加することができます。 [ ログのクリップをクリックします。

Click 'Log Clip'


ログインしている各クリップは、プロジェクトウィンドウのビンに配置されていますが、そのアイコンは、クリップがまだ捕捉されていないように異なっている。


ステップ4 - キャプチャバッチ

すべてのクリップがログに記録されると、彼らは、キャプチャする必要があります。ロギングをクリップするこの方法は、まず一度にすべてをキャプチャするにはバッチキャプチャと呼ばれています。

プロジェクトウィンドウ内のすべての記録されたクリップを選択し、 ファイルを選んでキャプチャを開始するには

Batch Capture Options


それはあなたが捕獲しようとしている各クリップに十分なサイズのハンドルに含まれているかどうかを検討する価値があります。そうでない場合はその後のAdobe Premiereを使用すると、 ハンドルのを使用してキャプチャーを設定することができます"便利な"機能を備えています。すべてが設定されている場合、[OK]を押すと、Adobe Premiereは、すべてのクリップはキャプチャースクラッチディスクにあなたのテープ(複数可)から一つずつをキャプチャを開始します。私は通常彼らが離れて行くと、ジョブが完了すると、後で戻って来ることができる人を言う、しかし、これはそのようなタイムコードのドロップとして、間違って行くことができるテープのワークフローとのことです。のでどこか近くに滞在。


Final CutでのロギングとキャプチャプロX

Final Cut ProのXは、テープからメディアのキャプチャをサポートしているのは、Final Cutの従来のバージョンと比較しているが、それは非常にシンプルなワークフローです。 Final Cut ProのXは、P2カードのような他のメディアデバイスからメディアをインポートするに重点を置きます。


ステップ1 - インポートクリップ

ファイルを選択してください

Choose the connected camera

View of footage on the connected camera


トランスポートが映像を再生コントロールを使用し、または編集するyoureのときと同じようにJ、KLキーを使用します。ロギングまたはオプションとアウトはありません。あなたがクリップの開始を見つけるときには、プレスのインポートをキャプチャする。

このダイアログボックスは、映像が(これはキャプチャスクラッチディスクの場所にある)の一部となるのか、イベントに関するいくつかの重要な質問をされます。また、エラーがないか、またはスマートコレクションのデータの分析するフッテージをするかどうかを決めることができます。今のところ、唯一の既存のイベントを選択するかに格納されるメディアの新しいものを作成します。

Import Options


Final Cut Proは、XしてFinal Cut Proの従来のバージョンで今すぐキャプチャに類似した状態になり、メディアのキャプチャを開始します。 ストップインポート]を押すと、キャプチャを停止します。これまでのFinal Cut Pro Xにはバッチキャプチャのオプションはありません。

Importing footage


ステップ2 - カメラのアーカイブを作成する

カメラアーカイブは自動的にメディアのディスク上にテープからすべてのメディアをキャプチャすることによって壊れやすいテープの株式を保護するための方法です。

Create Archive...

カメラのアーカイブを開始するには、カメラのインポート]ウィンドウのCreate Archiveボタンをクリックしてください。

ダイアログボックス名からアーカイブには、コピー先のドライブを作成し、選択しようとしてYoureの。

Naming the archive


メディアがアーカイブに自動的にキャプチャするために開始されます、あなたはいつでも停止インポート]を押すことができます。

Stopping the Import (button in bottom right)


ステップ3 - カメラアーカイブからのインポート

一度メディアにアーカイブすることではないのFinal Cut Pro 7のテープからのインポート機能とは異なり、任意のイベントにインポートする準備が整いました。各クリップ内の範囲を選択し、インポートを選択選択してスキマーを使用してください。

Choose


オープンポップアップ表示されるダイアログボックスから、メディアだけでなく、するために必要な分析オプションをインポートするイベントを選択することができます。

Choose the event to import the media into


メディアは、その後、イベントのブラウザで編集する準備ができて表示されます。

Media appears in the Browser


ステップ4 - メディアの管理

FCP Xとメディアの管理に関する誤った情報がたくさんある、実際に、それはとても単純です。

カメラのアーカイブは、デフォルトではユーザー/映画/のFinal Cutアーカイブに格納されています

アーカイブされたメディアは、あなたから編集する元のアーカイブメディアを使用して、メディアストレージ容量を節約できる代わりに、イベントファイルに重複する必要はありません。

Default location for camera archives on your Mac


のFinal Cutに行く

Uncheck the “Copy files to Final Cut Events folder” option


見てわかるように、これらは同じ目標を達成するために2つの非常に異なる方法があります。テープドライブを使用すると徐々にdecreasesandは(FCP Xで何が起きたように)テープのキャプチャのための完全にdisappeartheサポートが徐々に衰退される一日には間違いないでしょう。それまでは、しかし、それはまだ毎日のワークフローに一日の一部とすることができると私はこれは関係なく、あなたのNLEとしてのFinal Cut Pro XまたはPremiere Proを選択したかどうかのお役に立てばと思います。


David Smith

David Smith | Articles by this author

David Smith is Scotland's most qualified Apple and Adobe certified trainer. Having completed his education at Edinburgh College of Art's BAFTA winning Film School, David moved straight into TV production, first as a Vision Mixer then quickly becoming, at the age of just 24, a director of live TV studio productions. In 2001 he moved into Higher Education where he became a lecturer in TV Production, specializing in post-production and live studio production. During this time, and working with the support of the BBC, Channel 4 and independent production companies, David was instrumental in the design, development and implementation of industry-approved vocational courses across Scotland's Colleges. In 2006, after working closely with Apple Computers to create a unique multimedia studio for education at the Music and Media Centre in Perth, David became Scotland's first Apple-Certified Trainer for Pro Apps. This led on to David forming the first Apple Authorized Training Centre for Education, north of Manchester. In 2008 David made the move to full time training and joined the ranks at Academy Class, Ltd. where he continues to train industry professionals as a certified trainer across the Adobe Creative Suite and Apple Pro Apps range.

Comments

You must be logged in to post a comment.
Create an Account  Login Now

What is macProVideo.com?

macProVideo.com is an online education community featuring Tutorial-Videos & Training for popular Audio & Video Applications including Adobe CS, Logic Studio, Final Cut Studio, and more.
© 2018 macProVideo.com
a division of NonLinear Educating Inc.
Link