X Course Advisor FREE Course Advisor
(Close)
Watch Tutorials
macProVideo.com
Close

無料プレミアムアクセス

プレミアムハブの記事、プロジェクトファイルとから、各チュートリアルビデオの最初の10%の私たちのライブラリ全体にアクセスするオンラインチュートリアルのライブラリを

今すぐ無料アカウントを作成しよう!

アップルは、Final Cut ProのX 10.0.1アップデートを提供
Google翻訳で翻訳さ

の導入によりビデオ編集パラダイムを再定義することにより、 Final Cut ProのX 、Appleは多くの批判、いくつかの公正といくつかの根拠を取った。多くの編集者は、彼らがFinal Cut Pro 7に依拠特定のプロの機能の省略によって当惑残っていた。騒動の中、アップルは、マルチカム編集に対応することを約束し、今後​​のアップデートでのXMLサポートのために解決策を示唆した。しかし、リンゴのリリーススケジュールを持つ大きな問題は、常にでしたか?アップルはめったに(決して)更新機能またはバグ修正を期待するときに期待し、 どのようなプロのユーザーが不明なまま、事実の前に明かされていないそれらのアプリケーションの更新スケジュールのために悪名高いです。

ので、良いニュースへに:今日のAppleはtheyveもリリース、というのFinal Cut Pro Xでだけで最初の無料のアップデートリリースのPro XのFinal Cutの無料の試用版をその潜在的ユーザーはそれを試してみると見ることができますそれが収まるかどうかをそれらのワークフロー。これは、特に異なるFCP Xはそれに先行したのFinal Cutのバージョンからのものであるか根本的に考えると偉大なアップルによる移動と私はよくボードを介して受信される想像一つです。


FCP Xの三大特長

10.0.1で、開発者は通常のトラックベースのワークフローなしにもかかわらず、 メディアの茎をエクスポートするユニークな方法を採用している。新しいロールのタグ使用すると、オーディオクリップにラベルを付けたり、単一のオーディオファイルに、あるいは別の茎にそれらをエクスポートすることができます。実際に、これはまた、ビデオクリップで動作します。

Export Media Stems in Final Cut Pro X 10.0.1

エクスポートメディアはFinal Cut Pro X 10.0.1で茎


リッチXMLをインポートおよびエクスポート機能は、からのリクエストのリストの上位にあった

この更新で最後のマーキーの機能は、再び、AppleがFinal Cut Proの将来に不可欠であるとして、そのProユーザとみなすいないことを示して、プロ市場を対象としています。 10.0.1のユーザーに今FCP XプロジェクトおよびXsanのイベントを作成および編集することができます。これは個々のプロジェクトの作成中に複数のユーザーが同一のソースメディアファイルにアクセスできるようになります。おそらく、現在のFinal Cut Pro Xの第二を見て可能性のある編集家はありますか?


小さい詳細

これら3つの主要な機能と共に、バージョン10.0.1には、小さな修正や追加の番号が付いています。プロジェクトは現在、 カスタムの開始タイムコードを持つことができ、ライオンのユーザーがフルスクリーンモードにFCP Xを切り替えることができる、GPUアクセラレーションのエクスポートが現在フォアグラウンドエクスポートジョブにはサポートされ、 ワンステップの遷移は、カメラメーカーは、二次ストーリーを作成せずに接続してクリップに追加することができます。今それらが直接FCP Xに自分のカメラからメディアをインポートするための独自のプラグインを作成できるように、 カメラのインポートSDKにアクセスできるように、4つのアニメタイトルと独自のトランジションを持つ新しいテーマが追加されました。


何が欠けている?

はい。かなり可能性のFinal Cut Pro 7では、ユーザーの間で最大の抗議を引き起こしたれたもの欠けている機能は、まだまだマルチカム編集は、放送品質のビデオモニタリングにも欠落している。。実装されていませんが、明るい面でこれらの機能が含まれるように予定されている両方によると2012年初めに来るアップデートでのFinal Cut Pro Xのソフトウェアアップデートページ

Appleが公然とFCP Xが関係する場合、ことを私は静かに確信して行う予定のソフトウェアまたはハードウェアのリリースのためのアップデートや機能を、議論するために、その珍しい、Appleはそのプロとセミプロのビデオ編集の顧客ベースの両方のため、このアプリケーションの開発について深刻である。


マイケルウォール、これらの元のFinal Cut Proの共同作成者を持つFCP Xについての詳細はこちら

Rounik Sethi

Rounik Sethi | Articles by this author

Rounik is the Executive Editor for Ask.Audio & the macProVideo Hub. As an Apple Certified Trainer for Logic (and a self-confessed Mac fanatic) he's taught teachers, professional musicians and hobbyists how to get the best out of Apple's creative software. He has been a visiting lecturer at Bath Spa University's Teacher training program, facilitating workshops on using music and digital media tools in the classroom. If you're looking for Rounik, you'll most likely find him (and his articles) on Ask.Audio & macProVideo.com.

Comments

Sep 20, 2011
RidvanDuzey
Thanks Apple….
Sep 20, 2011
FrotSkyman
As much as I love FCP X, the lack of OMF export is still a big issue for Pro Tools sound editors and mixers. At this point, it looks like we will have to buy a third party product for OMF support. Unless Pro Tools 10 offers XML import of audio....
Sep 20, 2011
Rounik
So aside from multicam editing and Broadcast quality video monitoring... (which will be added in the new year sometime)... there surely must be other "missing" features coming to FCP X in the future.

OMF export is one


... any others?
Sep 21, 2011
Spine
Sometimes even small and basic changes like, "Full Screen Mode" makes me happy.
Sep 22, 2011
Maqhead
Just want to see audio assignment abilities.
You must be logged in to post a comment.
Create an Account  Login Now

What is macProVideo.com?

macProVideo.com is an online education community featuring Tutorial-Videos & Training for popular Audio & Video Applications including Adobe CS, Logic Studio, Final Cut Studio, and more.
© 2018 macProVideo.com
a division of NonLinear Educating Inc.
Link