X Course Advisor FREE Course Advisor
(Close)
Watch Tutorials
macProVideo.com
Close

無料プレミアムアクセス

プレミアムハブの記事、プロジェクトファイルとから、各チュートリアルビデオの最初の10%の私たちのライブラリ全体にアクセスするオンラインチュートリアルのライブラリを

今すぐ無料アカウントを作成しよう!

Final Cut ProのXの設計タイトル:パート2
Google翻訳で翻訳さ

この記事では、どこにピックアップ


ステップ6 - カラーの変更

上の移動、タイトルの色を変更してみましょう。まず、基本的な設定を非表示にすることでビットをテキストインスペクタウインドウをクリーンアップすることができます。これを行うには、 基本的な単語が座っているタイトルバーにカーソルを置き、そしてあなたは、ワード隠す青色で表示さわかります。それをクリックして、これらすべての基本設定が収縮されます。 (!)、また、特性(以下、例:"基本")のそれぞれでだと隠す]の隣に少し後方にカーブした矢印に気づくそれは、プロパティグループ内のすべての値をリセットするので、そのいずれかをクリックして、十分注意し、それはどちらかの取り消し可能ではない:

Changing the color


次に、フェイスの表示]ボタンをクリックして、フェイスのプロパティパネルを開きます。

Click the Face Show button


連続階調のカラーピッカーを開くには、標準のカラーピッカーを開いたり、見本の横にある下向きの矢印をクリックして色見本をクリックして - 好みに応じても、一度に両方のオープンを持つことができます。

Open the standard Color Picker


(上の画像は連続階調のピッカーでスポイトツールを表示する必要がありますが、画面のキャプチャソフトウェアは、それをレンダリングできません。)

いずれにせよ、ここにフォントの色を選択します。もう一つ注意すべき良いところは、どちらピッカーで周りのスキムミルクとタイトルがすぐにその色を更新することです。ほとんどのビデオタイトルが黒または白ですが、私はある程度は背景色を反映するライトグリーンを使用するつもりだ。

Choose the font color


ステップ7 - ドロップシャドウを追加する

次に、それはもう少し背景に対して目立つ助けるためにタイトルテキストにドロップシャドウを追加してみましょう。そのためには、それを有効にするためにドロップシャドウのプロパティ名の横にある空のボックスをクリックし、プロパティの値を明らかにするために表示する]をクリックします。私は柔らかい影を自分で使用したいので、私はぼかしを少し増加し、微妙な影を作るだけでなく、距離を増加している:

adding a drop shadow


とここでは、これまでのところ私たちのタイトルです。

the title so far


[OK]を、私たちのタイトルの位置と、最終的に、それをフェードインとアウトを設定するために移りましょう。


ステップ8 - タイトルの位置を変更

我々はそれがあまりにも多くのハチドリのを曖昧にしないようにフレームの下の方にタイトルを移動する[次へ]をクリックします。これを行うためのいくつかの方法があります:最初の、我々は、トランスフォームのコントロールを明らかにするためにインスペクタの上部にある[ビデオ]ボタンをクリックすることができます。かつてそこに、私達はちょうどフレームで上下にタイトルを移動するには、Yプロパティの値を水平方向にドラッグすることができます。

reposition the title


それはあなたがビューアウィンドウに表示タイトル/アクションセーフゾーンのオーバーレイを有効にするには、これをやっているとよいでしょう:

Show title/action safe area


これはタイトルがすべてのテレビモニター上で完全に表示されていることを保証します。ここで私たちのタイトルは今のところです。

the title so far


ご希望の場合は手動でも、そのように配置するビューアウィンドウにタイトルをドラッグすることもできます。そのためには、ビューアのタイトルを右クリックし、ポップアップメニューから変換を選択します。

Choosing Transform as a way to move the title


これで、タイトルに照準をクリックして、ビューアの周りにタイトルをドラッグすることです。

clicking on the crosshair in the Viewer


あなたがあなたの満足に配置されたタイトルを持っている場合、変換を設定するには、ビューアの右上隅にある[完了]ボタンをクリックします。


ステップ9 - タイトルをフェードインとフェードアウト

タイトルをでとフェードアウト:[OK]を、我々はそれが最も明白なので最も注意が必要です最後のステップ、でね。の終わりの前にタイトルをフェードする100%の別の多分10フレーム後に、0%の不透明度を持つタイトルの先頭に一つ、さらに100%10フレームで:これを行うには、我々は4つの不透明度のキーフレームを設定する必要がある途中でフェードアウトからタイトルを保つためにタイトル、および終了時に値0%となっている最後のキーフレーム。

これは、別のキーフレームを追加し、ご想像のとおり、新しい値を設定し、前進する、値を設定し、合成のプロパティパネルで不透明度のキーフレームのボタンをクリックすると、単に再生ヘッドを移動させるような簡単な問題ではありません。あなたがそれを行うことができますが、キーフレームは何の効果もありません;。あなたはこれが謎ですやらなければならない、なぜ最初のタイトルのためのビデオアニメーションエディタを有効にする必要があります...しかし、それを実行します。

そう、タイムラインで選択されたタイトルで、 クリップを選択します。

Choose the Video Animation Editor


エディタには、タイトルクリップ上記タイムラインに表示されます。あ​​なたは全体のエディタを表示するにはタイムラインのウィンドウをスクロールする必要があります。

我々はタイトルをフェードインとフェードアウトするために使用できるいくつかの異なる不透明度のパラメータが実際にありますが、我々は、スタックの最下部にある"合成"を、使用します。

Choose opacity from the compositing controls


次に、、タイトルクリップの先頭に再生ヘッドを置きインスペクタで合成プロパティ]パネルに移動する、および不透明度の値の隣にあるキーフレーム追加]ボタンをクリックします。

click the add a keyframe button next to opacity


再生ヘッドラインの下にエディタの不透明度バー:あなたは合成のダイヤモンドの形をした小さなキーフレームアイコンが表示されます。

A keyframe diamond icon appears under the Playhead


今0パーセントダウン不透明度の値スライダをドラッグして、私たちのタイトルが表示されなくなる。先にあなたが完了するためにフェードインしたいポイントに再生ヘッドを移動し、もう一度[追加]キーフレーム]ボタンをクリックして、100%に不透明度スライダをドラッグします。あなたがエディタで2つ目のキーフレームを表示されます。

Creating a second keyframe


あなたがタイムラインに戻ってこの部分を再生すると、タイトルが期待どおりにフェードインで表示されるはずです。

次に、タイトルクリップの終了前にいくつかのフレームに再生ヘッドを移動し、その時点で別のキーフレームを追加します。 100%で不透明度にしておきますが、これはこの時点までは100%で不透明度"棒"を確認することです。 (我々は単にタイトルの最後にキーフレーム別の0%を追加した場合、それが徐々に最後までキーフレームの最初の100%からクリップの全長にわたってフェードアウトでしょう)。最後に、、タイトルの末尾に再生ヘッドを移動する最後のキーフレームを追加し、0%に、その不透明度を設定します。全部を再生し、そしてあなたは(私は画面のスペースを節約するために半分の解像度でこれをレンダリングし)このように表示されます。

[動画ID ="8392"]


そして、それはこれだけです!他のプロパティのキーフレームの任意に、これと同じ基本手順に従ってください。あなたが多くの場合は単にプリセットタイトルテンプレートのいずれかを使用することができます特にため、これは、すべて非常に複雑に見えるかもしれませんが、今、少なくともあなた自身のタイトルをカスタマイズし、正確に、必要な効果を作成する方法を知っている。といつものように、実験との楽しみを持っているFinal Cut ProのX

Richard Lainhart

Richard Lainhart | Articles by this author

Richard Lainhart is an award-winning composer, filmmaker, and author. His compositions have been performed in the US, Europe Asia, and Australia, and recordings of his music have appeared on the Periodic Music, Vacant Lot, XI Records, Airglow Music, Tobira Records, Infrequency, VICMOD, and ExOvo labels. His animations and short films have been shown in festivals in the US, Europe, and Asia, and online at ResFest, The New Venue, The Bitscreen, and Streaming Cinema 2.0. He has authored over a dozen technical manuals for music and video hardware and software, served as Contributing Editor for Interactivity and 3D Design Magazines, and contributed to books on digital media production published by IDG, Peachpit Press, McGraw Hill, and Miller Freeman Books. Previously an Adobe Certified Expert in After Effects and Premiere, a demo artist for Adobe Systems, and co-founder of the official New York City After Effects User Group, he was, from 2000-2009, Technical Director for Total Training Productions, an innovative digital media training company based in New York and California.

Comments

Dec 15, 2012
On FCP 7 I used to use a dropper to select the colours of my titles from images and colours in the video footage... can I still do that in FCPX? If so, how?
You must be logged in to post a comment.
Create an Account  Login Now

What is macProVideo.com?

macProVideo.com is an online education community featuring Tutorial-Videos & Training for popular Audio & Video Applications including Adobe CS, Logic Studio, Final Cut Studio, and more.
© 2018 macProVideo.com
a division of NonLinear Educating Inc.
Link