X Course Advisor FREE Course Advisor
(Close)
Watch Tutorials
macProVideo.com
Close

無料プレミアムアクセス

プレミアムハブの記事、プロジェクトファイルとから、各チュートリアルビデオの最初の10%の私たちのライブラリ全体にアクセスするオンラインチュートリアルのライブラリを

今すぐ無料アカウントを作成しよう!

FCP Xチュートリアル:FCP Xパート1で新しいプライマリカラー補正ツール - 露出
  • FCP Xチュートリアル:FCP Xパート1で新しいプライマリカラー補正ツール - 露出

Google翻訳で翻訳さ

この演習では、新しく改良された探求しようとしているFinal Cut ProのXでのカラー補正のワークフローを具体的に、フッテージの露出レベルを調整し、。

最初に注意することは、以前のバージョンとは違っていることであるFinal Cut Proのすべての修正がフィルタFCP Xの色補正で、基づいていたユーザーインターフェイスの主なタスクフローの一部となっている。


ステップ1

色補正を必要とするタイムラインのクリップ上に再生ヘッドを置きます。


ステップ2

強化メニューからShowカラーボードまたは Command - 6を選択してください


新しいデザインの色補正ツールとその色、彩度、露出の機能に注意してください。古いカラーバランスの輪であるゴーン、これはどれもあまり効果は非常に異なるワークフローですが、。


ステップ3

画像のコントラストの範囲を調整して色調整ウィンドウの上部から露出]タブを選択します。 4スライダーに注目してください。これらのコントロールクリップの影、ミッドトーンおよびハイライトの曝露(のようなスライダーのトーンによって反映)。


ステップ4

独立して各色調範囲のレベルを調整するために上下に個々のスライダをドラッグします。ツールの左側に設定された大きなボタンは一度にすべての3つのレベルを調整するグローバルスライダーです。より正確な調整を行うことを支援するためには、FCPX再設計されたスコープを利用することができます。


ステップ5

選択してください:


ステップ6

[設定]から、ポップアップ波形を選択します。波形グラフは、露出の設定を支援するツールです。グラフ0レベルに注意して、これは、デジタルイメージング、純粋な黒の休符になります。 100レベルでは、ブロードキャストのために受け入れて最も明るい部分(白)の最大レベルです。

(注:波形グラフ上で右クリックすると、そのビューのオプション、色補正用の特に有用なビュー(およびFCPの新しいの)が表示されますRGBオーバーレイですここでは、赤、緑でハイライト、シャドウおよび中域のレベルを表示したりできます。青チャネル)1つのビューで一緒に合成


ステップ7

影を使用するが、彼らはちょうどグラフの0%ラインに触れるように、グラフの下のトレース(線)を移動するための制御、これはあなたのクリップの最も暗い点がちょうど暗い黒とではないことを保証します。


ステップ8


彼らはちょうど軽い点は白であり、さらに重要なことは露出オーバーにならないように100%のラインに触れるように一番上のトレースを移動するためにハイライトのコントロールを使用してください。コントローラが選択されているキーの微調整はカーソルを使用するようにしてダウン。

(ヒント:このようなショットの後の方で表示される可能性のある反射スポットなどの明るいスポットが100%以内を維持できるようになるように、90%近くを目指して検討するかもしれない)。


ステップ9

技術的に0%と100%の間、すなわちを修正している第一のレベルを確保しようとするいくつかの異なるクリップのレベルを調整し続ける。彼らがよりスムーズに一緒にカットできるように、それらが互いの露出に合わせて、得ることができるならば、参照してください。

以前のFCPのバージョンとは異なりFCP Xは100%を越えるに対するガードは、しかし、あなたの白レベルが100%を超過しない保証するフィルタと呼ばれる放送の安全があることを示して過剰な輝度の機能が含まれていません


ステップ10

タイムラインの上部にある[効果]ボタン上でブロードキャストセーフフィルタ最初のクリックを見つけるには。検索フィールドの型に安全なブロードキャストおよびフィルタは、ビデオエフェクトのウィンドウに表示されます。クリップを選択し、ダブル適用するブロードキャストセーフフィルタをクリックしてください。

これで、MPVのハブにすぐに来てさらにレッスンで覆われている色と彩度の設定に対処する上で前進する準備が整いました。


の詳細情報Appleのコースウェアの作成 ​​者(およびデザイナーのオリジナルFCPのの一つ)、マイケルウォールからのFinal Cut Pro Xを

以下のコメントを残し、私たちはあなたがこの記事についてお聞かせください

David Smith

David Smith | Articles by this author

David Smith is Scotland's most qualified Apple and Adobe certified trainer. Having completed his education at Edinburgh College of Art's BAFTA winning Film School, David moved straight into TV production, first as a Vision Mixer then quickly becoming, at the age of just 24, a director of live TV studio productions. In 2001 he moved into Higher Education where he became a lecturer in TV Production, specializing in post-production and live studio production. During this time, and working with the support of the BBC, Channel 4 and independent production companies, David was instrumental in the design, development and implementation of industry-approved vocational courses across Scotland's Colleges. In 2006, after working closely with Apple Computers to create a unique multimedia studio for education at the Music and Media Centre in Perth, David became Scotland's first Apple-Certified Trainer for Pro Apps. This led on to David forming the first Apple Authorized Training Centre for Education, north of Manchester. In 2008 David made the move to full time training and joined the ranks at Academy Class, Ltd. where he continues to train industry professionals as a certified trainer across the Adobe Creative Suite and Apple Pro Apps range.

Comments

You must be logged in to post a comment.
Create an Account  Login Now

What is macProVideo.com?

macProVideo.com is an online education community featuring Tutorial-Videos & Training for popular Audio & Video Applications including Adobe CS, Logic Studio, Final Cut Studio, and more.
© 2018 macProVideo.com
a division of NonLinear Educating Inc.
Link