X Course Advisor FREE Course Advisor
(Close)
Watch Tutorials
macProVideo.com
Close

無料プレミアムアクセス

プレミアムハブの記事、プロジェクトファイルとから、各チュートリアルビデオの最初の10%の私たちのライブラリ全体にアクセスするオンラインチュートリアルのライブラリを

今すぐ無料アカウントを作成しよう!

FCP Xチュートリアル:新しいプライマリカラー補正ツール、パート2:彩度
  • FCP Xチュートリアル:新しいプライマリカラー補正ツール、パート2:彩度

Google翻訳で翻訳さ

この演習は、前に続くものFCP X(露出)で新しいプライマリカラー補正ツール

この演習では、で新しい飽和コントロールを見されるのFinal Cut Pro X (任意の論争を避けるために、どのテンと発音される)。暴露と同様の飽和レベルは、最終カットのカラーボードのワークフローの一部です。我々は彩度のコントロールを開く予定で開始する。


ステップ1 - インターフェイス

その後、機能強化のメニューまたはtype コマンド- 6から表示カラーボードを選択することにより、カラーボードを開いてバランスをとる必要があるタイムラインでクリップを選択します。

カラーボードは、3つのパラメータを、色、露出や彩度を開き、明らかに。ことを選択する上で彩度]タブをクリックします。

ディスプレイは、画像の彩度のレベルを制御する4ハンドルを明らかにする。黒、グレーと白がそれぞれ、シャドウ、ミッドトーンおよびハイライトのレベルを表す尺度の内部処理します。

スケールの上端に小さいRGBのアイコンで示されると、ハイライト部分のハンドルを上にスライドすると明るい色調の色の彩度を増加します。影のハンドルを下にスライドさせるとで、再びスケールのベースでRGBのアイコンで示されるように暗いトーンの色を、彩度になります。

スケールの左側にある大きなスライダーは、グローバルコントローラであり、カラースペクトル全体に彩度のレベルを調整します。あなたがクリップ全体の彩度をしたいときに便利。


ヒント:これらのハンドルを使用して微調整を加えるにはなるかもしれない少しトリッキーなので、代わりに小さな増分ステップを取るために矢印を、カーソルを上下に使ってみて、ちょうどあなたが開始する前に調整するために正しいハンドルを選択してください。


ステップ2 - を支援するためのスコープを使用して

あなたの目は色がクリップを修正するときに素晴らしいツールですが、その簡単にだまさので、専らそれに依存していけない。飽和レベルを制御するために本当のトリックは、適切なスコープを理解し、使用することです。

最初は、スコープをアクティブにしてみましょう。ビューアの表示オプションから表示を選択します。


これにより、より正確に色調整を測定することがビデオスコープに切り替えます。スコープが開いているしたら我々は、彩度のレベルを測定する範囲を選択する必要があります。これを行うには、スコープの設定メニューから[設定]を選択します。



それは約90%を読み取るまで、グローバル彩のハンドルを下に移動してみてください。ベクトルスコープは、中央のスポットに向かって下にすべての色情報を引き出し、そしてあなたのイメージが大幅に彩度注意してください。


今すぐ極端に行く試みと4つのすべてがベクトルスコープで何が起こるか80%以上と予告をアップハンドルをドラッグ:あなたの彩度の値は、銀河星雲のいくつかの種類のようなベクトルスコープを介して爆発したでしょう!あなたのイメージは、私が想像し、また、使用できなくなります。


現実にはこの中間のを探しているyoullの。主なベクトルスコープの機能だけでなく、小切手の飽和レベルを維持するためにはの滑らかさを支援するために、別のショットからバランスの作成を支援することもあります

ステップ3 - プレイお持ち

今いくつかのショットを自分の間にいくつかのバランスを作成してください。変更を監視するベクトルスコープを使用してください。それはすべての問題が発生した場合、心配しないで。カラーボードの湾曲したリセットの矢印をクリックし、(それがリセットされます一度にすべての4つの値として、しかし注意)再試行してください。


ヒント:バランス面では、通常、飽和調整のための主要な目的です。フッテージが肌トーンがある場合は、最初の中間トーンのハンドルを使用してみてください。


Want to learn more about Final Cut Pro X? These FCP X tutorials by Michael Wohl are essential viewing!


David Smith

David Smith | Articles by this author

David Smith is Scotland's most qualified Apple and Adobe certified trainer. Having completed his education at Edinburgh College of Art's BAFTA winning Film School, David moved straight into TV production, first as a Vision Mixer then quickly becoming, at the age of just 24, a director of live TV studio productions. In 2001 he moved into Higher Education where he became a lecturer in TV Production, specializing in post-production and live studio production. During this time, and working with the support of the BBC, Channel 4 and independent production companies, David was instrumental in the design, development and implementation of industry-approved vocational courses across Scotland's Colleges. In 2006, after working closely with Apple Computers to create a unique multimedia studio for education at the Music and Media Centre in Perth, David became Scotland's first Apple-Certified Trainer for Pro Apps. This led on to David forming the first Apple Authorized Training Centre for Education, north of Manchester. In 2008 David made the move to full time training and joined the ranks at Academy Class, Ltd. where he continues to train industry professionals as a certified trainer across the Adobe Creative Suite and Apple Pro Apps range.

Comments

You must be logged in to post a comment.
Create an Account  Login Now

What is macProVideo.com?

macProVideo.com is an online education community featuring Tutorial-Videos & Training for popular Audio & Video Applications including Adobe CS, Logic Studio, Final Cut Studio, and more.
© 2018 macProVideo.com
a division of NonLinear Educating Inc.
Link