X Course Advisor FREE Course Advisor
(Close)
Watch Tutorials
macProVideo.com
Close

無料プレミアムアクセス

プレミアムハブの記事、プロジェクトファイルとから、各チュートリアルビデオの最初の10%の私たちのライブラリ全体にアクセスするオンラインチュートリアルのライブラリを

今すぐ無料アカウントを作成しよう!

FCP X対のAdobe Premiere、パート4:クロスフェードオーディオ
Google翻訳で翻訳さ

偉大なオーディオ:偉大な編集は、他のおそらく何よりもひとつ多く必要になります。


FCPのXステップ1 -

クリップの外観のボタンを開き、オプションから番目のボタンをクリックします。

Clip Appearance


これは、タイムラインのオーディオより多くの強調を与える。

Expanded audio


今、タイムライン内のクリップのオーディオが見やすくして編集するので簡単です。


FCP Xステップ2 - モニターオーディオのためのアシスタント

FCPXのオーディオメーターを有効にするためにダッシュでタイムコード表示の右側にクリックしてください。

Dashboard


オーディオメーターは、サウンドレベルの視覚的な監視に役立ちます。音レベルの音のモニタリングをさらに支援するために、Shiftキーを押しながらSを押すことでオーディオスクラブをオフに切り替えてみてください。これは、最小限に気晴らしを維持します。


FCPのXステップ3 - クロスフェードを作成する

約2秒で、最初に番目のクリップの背面からのオーディオのポイントにドラッグして重複を作成します。磁気タイムラインはここに本当に役立ちます。重複を作成するために別の上で1つのクリップをドラッグすると、ほとんどの編集のパッケージができるようになるものではない。オーディオは自動的に別の"トラック"に下に移動するのでしかしFCP Xでのオーディオの衝突が回避される。

The selected clip and handles


プロジェクトのタイムラインに送信クリップを選択します。選択したクリップの上の隅から、ハンドルをつかむと、(クリップに)左にドラッグします。

Audio Fade


このアクションは、発信オーディオフェードを作成します。ハンドルの長さは、フェードの長さを指示します(サウンドトラックProの操作に使用されるだれでものために、これはとても理解しやすいはずです)。

Second fade


着信クリップのオーディオフェードを繰り返します。


FCP Xステップ4 - フェードスタイルを選択してください

オーディオフェードハンドルを右クリックポップアップウィンドウからフェードのタイプを選択します。 4つのオプションのうち、 対数は FCP Xのデフォルトです。

Fade Style options


両方のフェードのためこの操作を繰り返します。その後、Shiftキーを押してください- /


FCP Xステップ5 - 削除するクロスフェード

、クロスフェードを削除し、再度クロスフェードハンドルをつかんで、スタート/クリップの終わりに戻ってそれをドラッグする。両方のクリップに対してこれを行います。

Crossfade gone!


Premiere Proの

シーケンスのタイムライン上で、そのビューを展開し、レベルを明らかにする各オーディオトラックの横にある開閉用の矢印をクリックします。

Premiere's Audio Levels


次の波形を表示するスタイルを表示するオーディオトラックを設定します。

Show waveform


ステップ2を初公開 - オーディオオーバーラップを作成する

オーディオ重複を作成するには、番目のクリップからオーディオトラックをつかむと、オーディオトラック2にそれを下方向にドラッグします。その後、クリップを拡大し、重複を作成するためのトリムハンドルを使用します。

Overlap


ステップ3 - オーディオフェードを追加する

オーディオトランジションして、クロスフェードのフォルダに移動し、エフェクトパネルを開きます。

Effects Folders


コンスタントゲイン、コンスタントパワーおよび指数フェード:から選択するクロスフェードの3種類があります。コンスタントパワーを選択してください。

Crossfade added to out


最初のオーディオクリップのアウトポイントを介して定電力のクロスフェードをドラッグして置きます。紫色のマーカーは、クリップ上に表示されます:これは最初のクロスフェードです。


プレミアステップ4 - クロスフェードを変更する

クロスフェード一端をつかむの長さを変更し、目的の長さになるまでドラッグして戻しますする。

Drag length


よりエレガントなオプションについては、紫オーディオクロスフェードをダブルクリックして、エフェクトコントロールパネルを開きます。

Duration in Effects Control

クロスフェードの継続時間は、オレンジ色の持続時間のタイムコードで示されます。タイムコードをクリックして、代わりに希望する期間を入力します。


プレミア

エフェクトパネルから、頭に別の定電力のクロスフェードをドラッグして、2番目のクリップのオーディオの先頭に同様のクロスフェードを追加。右にドラッグして希望の長さ、この時間にリサイズ。

Second crossfade


クロスフェードを聞くために、シーケンスを再生します。

ヒント:Premiere Proはショートカットがないデフォルト"遊んで"と持っているが、キーボードのカスタマイズツールを使用して1つを自分で割り当てることができます。


ステップ6 - クロスフェードを削除する

タイムラインのパープルクロスフェードのいずれかを選択 、Deleteキー押し、両方のクロスフェードにこれを繰り返します。

Crossfade gone


ご覧のように両方のアプリケーションのための同じようなワークフローがあります。 Final Cut ProのXの磁気タイムラインですが、おそらくそれをこの特定のインスタンスの利点を与える。


の完全な範囲での詳細情報ここでFCP Xのチュートリアル


David Smith

David Smith | Articles by this author

David Smith is Scotland's most qualified Apple and Adobe certified trainer. Having completed his education at Edinburgh College of Art's BAFTA winning Film School, David moved straight into TV production, first as a Vision Mixer then quickly becoming, at the age of just 24, a director of live TV studio productions. In 2001 he moved into Higher Education where he became a lecturer in TV Production, specializing in post-production and live studio production. During this time, and working with the support of the BBC, Channel 4 and independent production companies, David was instrumental in the design, development and implementation of industry-approved vocational courses across Scotland's Colleges. In 2006, after working closely with Apple Computers to create a unique multimedia studio for education at the Music and Media Centre in Perth, David became Scotland's first Apple-Certified Trainer for Pro Apps. This led on to David forming the first Apple Authorized Training Centre for Education, north of Manchester. In 2008 David made the move to full time training and joined the ranks at Academy Class, Ltd. where he continues to train industry professionals as a certified trainer across the Adobe Creative Suite and Apple Pro Apps range.

Comments

Oct 11, 2011
funwithstuff
Good to see a comparison.

Another FCP X method: use Motion to create a new Transition. Change nothing, but simply Save as "Audio-only Transition". Launch FCP X. Apply the transition where needed.

There will be no visual transition, but the audio will crossfade, and the style and length of the crossfade can be adjusted.
You must be logged in to post a comment.
Create an Account  Login Now

What is macProVideo.com?

macProVideo.com is an online education community featuring Tutorial-Videos & Training for popular Audio & Video Applications including Adobe CS, Logic Studio, Final Cut Studio, and more.
© 2018 macProVideo.com
a division of NonLinear Educating Inc.
Link