X Course Advisor FREE Course Advisor
(Close)
Watch Tutorials
macProVideo.com
Close

無料プレミアムアクセス

プレミアムハブの記事、プロジェクトファイルとから、各チュートリアルビデオの最初の10%の私たちのライブラリ全体にアクセスするオンラインチュートリアルのライブラリを

今すぐ無料アカウントを作成しよう!

FCP X対Adobe Premiere Proでは、パート2:編集
Google翻訳で翻訳さ

のワークフロー比較対照するために続けましょうFinal Cut ProのXとAdobe Premiere ProのCS5.5を 。今回は編集のワークフローを見て必要があります。それは、私はあなたを与える大きな課題の領域なので、私は少しダウンタイムのワークフローへの基本的な編集を比較すること絞り込むことでしょう。


ステップ1 - マークイン点とアウト点

Premiere Proに:そのようなスペース、JKLまたは画面上のコントロールのようなルーチン再生コントロールを使用して、[ソース]ウィンドウで、より伝統的な方法またはマーキングを持つハードと高速プレミアスティック、。あなたが本当の急いでいるなら、また、これはあまり正確ですが、前後にソースウィンドウの再生ヘッドをドラッグして映像をスクラブすることができます。

The preview window

プレビューウィンドウ。


インポイントとアウトポイントのマーキングすることはどちらのマークは、それぞれIN、OUTのボタン、画面の上またはIOのキーで押すことによってアウトマークを使用して行うことができます。

Premier marked clip

A


FCP X:のFinal Cutにもそのようなスペース、JKLとオンスクリーンコントロールなどの従来の方法に依存します。 FCP Xはまた、 スキミングと呼ばれるナビゲーションの新しい方法を提供しています。しかしそれはそれはEvent Browserでクリップ沿ってカーソルをスライドさせて行うのスクラブに似ているので、何を選択または関与ドラッグはありません。

Event Browser

FCP Xのイベントブラウザ。


FCPXにイン点とアウト点をマークすると、また少し異なっています。 IOのキーがまだ同じように機能する、ただし、利用可能なボタンはありません。代わりに、クリックして、黄色の範囲セレクタがマークされたエリアを示す表示される映像を流し読みするようにドラッグしたとき。

FCP Marked Clip

FCPは、クリ​​ップをマーク。



ステップ2 - 先のトラックを選択する

Premiere Proは:編集のポイントは、順番に設定する必要があります。は、エディットポイントが設定されていない場合は、再生ヘッドの位置がインポイントとして使用されます。

ヒント:ラフ編集時にW(アウトポイントに移動)キーボードショートカットを押すと組み合わせる場合、これは時間の節約になることができます。

Premier Sequence in point

ポイントでの初演のシーケンス。


もしあなたが編集するメディア(ビ​​デオ、オーディオまたはその両方)予定のトラックを規定しなければなりません。これは、トラックを活性化し、それらのトラックにソースのアイコンを設定することによって行う必要があります。これをしないと、(プレミアはまだ編集を行うのアクションを通過しますが)実際にその宛先に到着するからクリップを防止します

Premiere Source/Destination Tracks

プレミアソース/デスティネーショントラック。


FCP X:

Premiere Inserted Clip

FCPのストーリーは、最初のクリップから始まります。


ステップ3 - タイムラインにクリップを編集

Premiere Proは:

インサート編集を実行すると、スペースを(ではないキューにプッシュする誰かと違って、それほど不快な)ようにシフトアップ、既に所定の位置に任意のメディア内の目的の位置とその結果で、目的のトラックにメディアを配置します。

Premiere Overlaid Clip

プレミア挿入クリップ。

オーバーレイ編集を行うことも目的の位置に所望のトラックにメディアを配置します。しかし、そのトラック上でその位置を占めているメディアは、この強奪メディアに取って代わられていますでしょう。

FCP Insert/Append buttons

プレミアオーバーレイクリップ。

FCP X:

FCP Appended Edit

FCPの挿入/追加ボタン。

追加Editメソッドを使用して、Event Browserでマークされた各クリップは、現在のストーリーに自分自身を付加するシーケンスの最後に直接配置されます。

注:プレミアと違って、ビデオとオーディオは、プロジェクトのタイムラインの同じクリップの一部として表示されます。

挿入Editメソッドは、それがPremiere Proでの場合とちょうど同じようにスペースを作るためにに沿って、既存のメディアを押すことにより、イベントブラウザからストーリーラインにマークされたクリップを挿入するために使用されます。しかし、FCP Xはポイントで設定するためにのみ再生ヘッドやスキマーの位置を使用しています。

ヒント:スキマーと再生ヘッドの両方が異なるタイムコードに設定されている場合は、スキマーの位置が編集のために使用されている。

FCP Inserted Edit

FCPは、[編集]を挿入。


ご覧のように両方のアプリケーションは非常に異なる方法で時々同様のツールを使用しますが。あなたのファンだかどうかFCP Xの編集革命かの強硬な伝統主義者の支持Adobe Premiere Proでは 、(または私のように、両方を楽しむ)最終結果は同じであり、最も重要なことは、すべての編集自体が後です。 。


David Smith

David Smith | Articles by this author

David Smith is Scotland's most qualified Apple and Adobe certified trainer. Having completed his education at Edinburgh College of Art's BAFTA winning Film School, David moved straight into TV production, first as a Vision Mixer then quickly becoming, at the age of just 24, a director of live TV studio productions. In 2001 he moved into Higher Education where he became a lecturer in TV Production, specializing in post-production and live studio production. During this time, and working with the support of the BBC, Channel 4 and independent production companies, David was instrumental in the design, development and implementation of industry-approved vocational courses across Scotland's Colleges. In 2006, after working closely with Apple Computers to create a unique multimedia studio for education at the Music and Media Centre in Perth, David became Scotland's first Apple-Certified Trainer for Pro Apps. This led on to David forming the first Apple Authorized Training Centre for Education, north of Manchester. In 2008 David made the move to full time training and joined the ranks at Academy Class, Ltd. where he continues to train industry professionals as a certified trainer across the Adobe Creative Suite and Apple Pro Apps range.

Comments

Oct 26, 2011
BenB
It is VERY wrong to not include Connected clips, as that is the alternative to tracks. It is also wrong to state there is no overwrite, as ther very much is, and it is very flexible and easy.
Oct 26, 2011
David Smith
I'm glad your a fan of FCPX Ben, but like I said at the start, it's a big subject and a limited space to write in. I'll be covering Connections in another article don't worry.
As for Overwrite, I did mention it but I didn't go into detail as its not a primary editing function anymore in my opinion. Though it is very simple I agree.
Oct 28, 2011
ProPhotog
After editing with FCPX for 3 months now I can tell you that not having tracks that I can control has become very time consuming because this timeline has elements jumping all over the place. There are times when I can drag a transition across the timeline and randomly another element will snag it, copy it and paste it to itself. I have list 3 pages long of weird stuff that happens when editing in FCPX. The Magnetic Timeline will not last among any editors who really want to speed up the the workflow! Deleting one element can delete more if not all of the project at Times.
Oct 29, 2011
David Smith
If you're using a lot of storylines you might find consolidating them useful (similar to nesting). As for your other issues I havent heard of those before. Sounds like yours might be a bit buggy. Remember this is only version 1. With only the first update done, so like most apps it's not 100% fixed yet I doubt. Have you reported the issues to Apple? Maybe Ben has heard of some of them?
You must be logged in to post a comment.
Create an Account  Login Now

What is macProVideo.com?

macProVideo.com is an online education community featuring Tutorial-Videos & Training for popular Audio & Video Applications including Adobe CS, Logic Studio, Final Cut Studio, and more.
© 2018 macProVideo.com
a division of NonLinear Educating Inc.
Link