X Course Advisor FREE Course Advisor
(Close)
Watch Tutorials
macProVideo.com
Close

無料プレミアムアクセス

プレミアムハブの記事、プロジェクトファイルとから、各チュートリアルビデオの最初の10%の私たちのライブラリ全体にアクセスするオンラインチュートリアルのライブラリを

今すぐ無料アカウントを作成しよう!

Final Cut ProのXチュートリアル:ラフカットを作成する、第1部:アペンドクリップ
  • Final Cut ProのXチュートリアル:ラフカットを作成する、第1部:アペンドクリップ

Google翻訳で翻訳さ

FCP 7は、エディタは大まかなカットを構築することがその基本的な編集ツールの数を提供する。 FCP Xは、同じことを、いくつかの類似点が存在するときはいくつか違いもあります。私はこれらの違いを巡るつもりですし、彼らがFCP Xの大まかなカットを作成する方法の3クイックヒントの一連の記事の類似性を指摘して存在する場合にこれがパート​​1です。


ステップ1 - アウトの開始

新しいシーケンスを開始するのと同等の操作を実行して開始することができます。 FCP Xに新しいプロジェクトファイルを作成します。

Project Settings dialogue.

プロジェクトの設定]ダイアログ。


ただ、FCP 7とFCP Xのワークフローの違いを明確にするXのあなたがイベントに関連付けられているプロジェクトを作成しながら7にはプロジェクト内のシーケンスを作成する。彼らは本当に同じものではないですが、シーケンスを同じように移行を容易にするためのプロジェクトの考え。

プロジェクトの設定]ダイアログボックスには、FCP 7内のシーケンスの設定]メニューと同様の設定が含まれていますが、1つの事forコードはよりシンプルand設定はプロジェクト固有の別の、これ以上、新しいプロジェクトを開始するときにそれらを変更する忘れずforです。

Video Properties.

新規プロジェクトダイアログボックスのビデオのプロパティ。


ビデオのプロパティ]メニューでは、FCP 7の"簡単なセットアップ'と等価です。この演習の場合、これはあなたのプロジェクトの作業形式がバージョン7でオープンソースのタイムラインのワークフローと同様に、編集の最初のクリップが設定されることを意味として"最初のビデオクリップに基づいて自動的に設定"のデフォルトのままにしておきます。

あなたが特定の作業のフォーマットを持っている必要がある場合は"カスタム"を選択すると、再度のEasy Set - upのワークフローにです。オープンソースのワークフローを持っているFCP Xはまだ、これは私が思うにそれは少し簡単になります。


ステップ2 -

イベントブラウザへイベントライブラリからクリップをロードし、あなたのショットの希望の最初のフレームに(マウスまたはトラックパッドとスクラブ)スキムミルク。 Iを押してください

Marked Clip.

マーククリップ。


Tip: Viewing your Event Browser Clips in list view brings up a really nice filmstrip for you to work with. To switch click on the List View button at the bottom of the Event Library as indicated in this image.

ヒント:リストビューでEvent Browserのクリップを表示するには、処理するために本当にいいフィルムストリップが表示されます。この画像に示されるように切り替えるには、イベントライブラリの下部にあるリスト表示ボタンをクリックしてください。


FCP 7を使用する場合は、あなたがクリップをドロップする正確な位置に再生ヘッドを得ることに失敗すると、半ば、編集、またはわずかに発信クリップをトリミングするスラグのフレームを導入することがあります。

FCP Xで

Append Edit.

追加編集。シンプル。


、自分で編集して、スキムミルクを使用して基本的なプロジェクトをカットする速度を確認迅速にしてみてください

A Growing Time Line.

成長するタイムライン。


MPVのハブにここにクリップを挿入するにパート2を見つける

その間に編集者と専門家のマイケルウォールでこれらのチュートリアルと編集の詳細について:

David Smith

David Smith | Articles by this author

David Smith is Scotland's most qualified Apple and Adobe certified trainer. Having completed his education at Edinburgh College of Art's BAFTA winning Film School, David moved straight into TV production, first as a Vision Mixer then quickly becoming, at the age of just 24, a director of live TV studio productions. In 2001 he moved into Higher Education where he became a lecturer in TV Production, specializing in post-production and live studio production. During this time, and working with the support of the BBC, Channel 4 and independent production companies, David was instrumental in the design, development and implementation of industry-approved vocational courses across Scotland's Colleges. In 2006, after working closely with Apple Computers to create a unique multimedia studio for education at the Music and Media Centre in Perth, David became Scotland's first Apple-Certified Trainer for Pro Apps. This led on to David forming the first Apple Authorized Training Centre for Education, north of Manchester. In 2008 David made the move to full time training and joined the ranks at Academy Class, Ltd. where he continues to train industry professionals as a certified trainer across the Adobe Creative Suite and Apple Pro Apps range.

Comments

You must be logged in to post a comment.
Create an Account  Login Now

What is macProVideo.com?

macProVideo.com is an online education community featuring Tutorial-Videos & Training for popular Audio & Video Applications including Adobe CS, Logic Studio, Final Cut Studio, and more.
© 2018 macProVideo.com
a division of NonLinear Educating Inc.
Link