X Course Advisor FREE Course Advisor
(Close)
Watch Tutorials
macProVideo.com
Close

無料プレミアムアクセス

プレミアムハブの記事、プロジェクトファイルとから、各チュートリアルビデオの最初の10%の私たちのライブラリ全体にアクセスするオンラインチュートリアルのライブラリを

今すぐ無料アカウントを作成しよう!

Final Cut ProのXチュートリアル:ラフカットを作成する、第2部:挿入するクリップ
  • Final Cut ProのXチュートリアル:ラフカットを作成する、第2部:挿入するクリップ

Google翻訳で翻訳さ

インサート編集は、コロンブス一八月の朝を([OK]を、そうでないかもしれないその長い)から出航し、FCP Xでそれが今までよりはましです前からポストプロダクションでの定番ツールとなっている。に続き、このシリーズのパート1私はタイムラインにクリップを追加することで編集を作成した記事の、、私は今のクリップを挿入して開始するつもりです。


ステップ1 - より伝統的なアプローチ

イベントライブラリで、私は既存の付図を編集中に挿入するクリップを選択しました。クリップは、イベントブラウザで開いています。

ヒント:私は、リストビューは、ワークフローのこの部分に特に有用であることが見つけることが、その上に設定されたルールがない。

Event Browser.

イベントブラウザ。


フィルムストリップエリアでは、ポイントで見つけるために(マウスを移動したり、それを前後にトラックパッドを使用してください)​​クリップ流し読み。同様にFCP 7のキーボードで私を押してください 。アウトポイントにスキムミルクとアウト点をマークするためにOを押すと、プロセスを完了します。

Marked clip.

マーククリップ。


あなたがクリップのマークされた箇所を再生する場合は、を押して/。

ヒント:ループ再生には、編集時に便利な機能です。それをオンにするには、

今私のクリップがマークされていることを私は私の編集の最初の2つのクリップ間の所望の挿入位置にプロジェクトのタイムライン内を移動するつもりです。 FCP 7でこれを行う最も簡単な方法は、編集点の間で、それぞれ前後の移動するには上下の矢印キーを使用することでした。同じことがFCP Xの場合も同様です

タイムラインは次のようになります。

Playhead ready.

準備ができて再生ヘッド。


再生ヘッド位置にある既存のショットの間でクリップを編集、 ​​挿入するために私は、InsertボタンまたはWキー(黄色のキャンバスのボタンに似てやFCP 7で[F9]キー押す)をクリックすることができます。


ステップ2 - どのようなドラッグについて

FCP Xはまだ、単にFCP7のようにドラッグ&ドロップワークフローを持ってのみ、それほど複雑。 FCP Xは、FCP 7とは異なり、自動的にインサート編集を適用します。心配するタイムラインには水平方向の輪郭線や矢印はありません。

FCP7 Drag line.

FCP 7の概要を示します。


FCP Xでは、タイムラインの下方別のクリップを挿入することは、単純に編集点の上にクリップをドラッグすることによって行うことができます。エディットポイントのハイライトは、ちょうどインチクリップをドロップしたとき

Insert point highlight.

ポイントのハイライトを挿入します。


ステップ3 - 分割ショット

インサート編集を使用してタイムラインの既存のショットを分割するために、我々はスキムミルクツールの力を利用することができます。

タイムラインでは、あなたのマーククリップを挿入し、Wを押ししたいポイントに目を通す。

Skim Timeline Placement.

スキムタイムラインの配置(赤線)。


マーククリップがスキマーの位置にタイムラインに表示され、元のタイムラインのクリップは、どちらの側に分割されます。 FCP 7では、これは再生ヘッドの位置を使用したり、シーケンスの中のポイントをマーキング行うことができる。 FCP Xで再生ヘッドは、やはり目的の編集点をマークするために使用することは可能ですがスキマーの位置は優先順位がので、それらを混同しないように注意して取ります。

Split Clip.

インサート編集後の分割クリップ。


私は実際にどのように迅速に追加に感銘し、偉大な速度で動作するように私を助けFCP Xでのワークフローの編集]を挿入しています。練習を維持し、あなたもなる、私は確信している。

パート3はもうすぐ!

その間に編集者と専門家のマイケルウォールでこれらのチュートリアルと編集の詳細について:


David Smith

David Smith | Articles by this author

David Smith is Scotland's most qualified Apple and Adobe certified trainer. Having completed his education at Edinburgh College of Art's BAFTA winning Film School, David moved straight into TV production, first as a Vision Mixer then quickly becoming, at the age of just 24, a director of live TV studio productions. In 2001 he moved into Higher Education where he became a lecturer in TV Production, specializing in post-production and live studio production. During this time, and working with the support of the BBC, Channel 4 and independent production companies, David was instrumental in the design, development and implementation of industry-approved vocational courses across Scotland's Colleges. In 2006, after working closely with Apple Computers to create a unique multimedia studio for education at the Music and Media Centre in Perth, David became Scotland's first Apple-Certified Trainer for Pro Apps. This led on to David forming the first Apple Authorized Training Centre for Education, north of Manchester. In 2008 David made the move to full time training and joined the ranks at Academy Class, Ltd. where he continues to train industry professionals as a certified trainer across the Adobe Creative Suite and Apple Pro Apps range.

Comments

You must be logged in to post a comment.
Create an Account  Login Now

What is macProVideo.com?

macProVideo.com is an online education community featuring Tutorial-Videos & Training for popular Audio & Video Applications including Adobe CS, Logic Studio, Final Cut Studio, and more.
© 2018 macProVideo.com
a division of NonLinear Educating Inc.
Link