X Course Advisor FREE Course Advisor
(Close)
Watch Tutorials
macProVideo.com
Close

無料プレミアムアクセス

プレミアムハブの記事、プロジェクトファイルとから、各チュートリアルビデオの最初の10%の私たちのライブラリ全体にアクセスするオンラインチュートリアルのライブラリを

今すぐ無料アカウントを作成しよう!

Final Cut ProのXチュートリアル:ラフカット第3部の作成:接続クリップ
  • Final Cut ProのXチュートリアル:ラフカット第3部の作成:接続クリップ

Google翻訳で翻訳さ

あなたが気づくかもしれない最初の事は私が編集を上書きについて話していないよということです。ワークフローの編集を上書きするとしても、FCP X.それはシンプルな3ステップのプロセスに存在する。

  • Mark in and out points in the Event Browser
  • Select the target clip in the Project timeline and park the playhead at the in point of that clip
  • Press D (instead of FCP 7's F10) or choose Edit > Overwrite from the menu (there is no Overwrite button anymore)


Overwrite in menu.

メニューで上書きする。


私が編集を上書き無視することを選択した理由は、FCP Xは、メニュー項目に追いやられていることと同じ理由です​​:それは、クリップを接続と呼ばれる新しい改良された機能に取って代わられています。


ステップ1 - 接続クリップ

私が使用してイベントブラウザでクリップをマークするつもりだこの時間

ヒント:編集ポイントを絞り込むには、どちらの方向に1フレーム単位で再生ヘッドを移動するJまたはLをタッピングしながらKを押し続けるとしてみてください。 IまたはOが新しい位置に対応する編集点を移動するときに押します。

Marked Clip.

マーククリップ。


タイムラインでは、あなたが(これは通常は上書き編集のためのポイントになる)に編集し、そのフレームに再生ヘッドを駐車するためにクリックする目的のフレームに目を通す。クリップは金枠で強調表示することに注意し、この接続が、そのクリップに行われることを示します。

Parked playhead.

駐車中の再生ヘッド、選択したクリップ。


FCP 7とは異なり、FCP Xは、トラックの概念を使用しません。その代わりに、マルチトラックシーケンスに相当するものを作成するためのストーリーとクリップの接続を使用しています。

プライマリ筋書きを押してQに ​​顕著なクリップを接続したり接続されているクリップを生成するために選択したクリップ上にクリップをドラッグする。

Connected Clip

接続されたクリップは、タイムラインの主なクリップの上に座っている。


あなたは、クリップが配置されて見ることができるように


ステップ2 - 持続の接続

接続をテストするには回復力は筋書きのプライマリクリップをピックアップし、他の2つのクリップ間に新しい位置にドラッグしてインサート編集を試してみてください。編集点のハイライトがクリップをドロップすると。

磁気タイムラインを利用して、接続されているクリップは、その接続位置に固定された会社のままです。

磁気タイムラインとクリップの接続は、シャッフルする、それがはるか​​に容易にし、再シャッフルはで編集

ヒント:単純にタイムラインに沿って新しい位置にドラッグして必要に応じてクリップの接続がまだ移動することができます。


ステップ3 - のみ接続するオーディオまたはビデオ

あなただけのようなV / OまたはサウンドFXなどのオーディオ、または別のカメラアングルや、特定の時点で、クリップに接続されているBロール映像のビデオが必要な場合があります。この方法は正確にQを押すか、ドラッグのポイントまで、同じ設定です。このインスタンスでクリックし、再生ヘッドのボタンで接続クリップでホールドし、 どちらも、のみまたはオーディオビデオのみに何が必要か挿入するかを選択。これは、FCP 7でソース/デスティパッチパネルを使用して最も近いものです。

Connect Clip Button & Menu.

クリップボタンを接続します


このシリーズで概説したすべての3編集の方法を使用すると、すぐにテキスト編集を作成するために使用する優れたツールを提供します。私はあなたはそれがFCP7から少し違う同意してもらえると確信しています。

編集者と専門家のマイケルウォールでこれらのチュートリアルと編集の詳細については、こちらをご覧ください。

David Smith

David Smith | Articles by this author

David Smith is Scotland's most qualified Apple and Adobe certified trainer. Having completed his education at Edinburgh College of Art's BAFTA winning Film School, David moved straight into TV production, first as a Vision Mixer then quickly becoming, at the age of just 24, a director of live TV studio productions. In 2001 he moved into Higher Education where he became a lecturer in TV Production, specializing in post-production and live studio production. During this time, and working with the support of the BBC, Channel 4 and independent production companies, David was instrumental in the design, development and implementation of industry-approved vocational courses across Scotland's Colleges. In 2006, after working closely with Apple Computers to create a unique multimedia studio for education at the Music and Media Centre in Perth, David became Scotland's first Apple-Certified Trainer for Pro Apps. This led on to David forming the first Apple Authorized Training Centre for Education, north of Manchester. In 2008 David made the move to full time training and joined the ranks at Academy Class, Ltd. where he continues to train industry professionals as a certified trainer across the Adobe Creative Suite and Apple Pro Apps range.

Comments

You must be logged in to post a comment.
Create an Account  Login Now

What is macProVideo.com?

macProVideo.com is an online education community featuring Tutorial-Videos & Training for popular Audio & Video Applications including Adobe CS, Logic Studio, Final Cut Studio, and more.
© 2018 macProVideo.com
a division of NonLinear Educating Inc.
Link