X Course Advisor FREE Course Advisor
(Close)
Watch Tutorials
macProVideo.com
Close

無料プレミアムアクセス

プレミアムハブの記事、プロジェクトファイルとから、各チュートリアルビデオの最初の10%の私たちのライブラリ全体にアクセスするオンラインチュートリアルのライブラリを

今すぐ無料アカウントを作成しよう!

FCP XでPhotoshopのレイヤー画像をご紹介
Google翻訳で翻訳さ

Check out our Final Cut Pro: DSLR Workflows course!

AppleはPro Xの最後の夏が(それは今ないが)そのような何かを探してのFinal Cutを公開していた場合、世界は君が言うのを聞くより良い場所でしょうか?私はあなたに同意しないことをふりをすることはできません。

本当に私は興奮しました.0.3のリリースに含まれている新機能の一つは、Photoshopのレイヤー画像のサポートを歓迎リターンです。そのは特にトリッキーworkflowat Final Cut ProのXSのエンドanywaybutさらなる調査に値するいくつかの分野があります。それでは、探検しましょう​​。

まず、その重要な我々はPhotoshopの画像の権利を得ること; FCP Xの生活がより簡単になりますその


ステップ1 - 新しいPhotoshopファイルを作成します。

それがテレビ画面に配信されるように意図されているすべてのPhotoshopのイメージは当初から念頭に置いてそれで作成されていることが不可欠です。 Photoshopの選択] ファイル内の

File new options

ファイル


録音709にカラープロファイルを設定することをお勧めします、通常のHDプロジェクトIDのために、しかしIveは私が今のsRGBを使用しているので、(おそらくバグ)FCP Xはまだこれをサポートするために表示されないことに気づいた。

ヒント:Photoshopは私の読み込みを使用してTVのためのグラフィックスの作成 ​​に関する詳細な記事のためにここにMPVHubの記事を


ステップ2 - マルチレイヤーのPhotoshopファイルをビルドします

IVEは(FCP Xでサポートされません全3そのうち3)コンテンツ層に加え、マスク、調整レイヤーとレイヤースタイルを含むイメージを作成しました。

finished Photoshop image

完成したPhotoshopの画像


そのあなたのターンのようなものを作成します。作業が終了したら、それを保存し、ステップ3に進みます。


ステップ3 - 調整レイヤーをマージ

その上に調整レイヤーに加えて、それらの調整レイヤーを持つ任意のレイヤーを選択して起動します。その後、 レイヤーを選択します。

これは1つにそれらのレイヤーを統合し、実質的にラスタライズ調整レイヤーの効果は、FCP Xに表示されます。


ステップ4 - ラスタライズレイヤーマスク

マスクまたはクリッピングマスクを含む可能性のある層は、いずれかのステップ3またはラスタライズと同じようにマージする必要があります。

Rasterize mask

ラスタライズマスク


ラスタライズマスクに、レイヤーを選択し、 レイヤーを選択


ステップ5 - レイヤースタイルをフラット化

このようなドロップシャドウまたは光彩(外側)などのレイヤースタイルをラスタライズに少しトリッキーです。ここで秘密はスタイルを含むレイヤーの下に空白のレイヤーを配置することです。両方のレイヤーを選択し、 レイヤーを選択

Merge Styles

スタイルをマージ


一度にすべてのマスク、レイヤースタイルや調整レイヤーをマージまたは。PSDとしてPhotoshopファイルを保存してラスタライズされています


ステップ6 - FCP Xへのインポート

ここでは複雑すぎる何も:グラフィックがに追加されるとファイルを選択してイベントを選択します

Select photoshop file

Photoshopファイルを選択します。


レイヤー化されたPhotoshopファイルを選択し、[OK]を押します。ファイルは、化合物のクリップとしてイベントブラウザに表示されます。


ステップ7 - 化合物のクリップを開きます。

これは、イベントブラウザから行うことができ、またはクリップがストーリーラインに編集された後。どちらの方法で化合物のクリップは、プロジェクトタイムラインで開き、ビューアに表示されます。

Compound clip

複合クリップ


クリップは3つのストーリーラインは、各Photoshopのレイヤの1(これはFCP 7にインポートするときにPhotoshopの画像が作成されたトラックのネストされたシーケンスと非常によく似ています)に分かれています。


ステップ8 - ショービデオアニメーション

私は、彼らがフェードイン、および/またはオフスクリーンから飛んでされるようにPhotoshopのレイヤーの一部にアニメーションを追加して開始したいと思います。 (私の場合はテキスト2012)上のトラックのポップアップメニュー調整の上で右クリックして、これは容易にし、 ショービデオアニメーションするか、Ctrl-Vを選択するのに役立ちます。

Animation timeline

アニメーションのタイムライン


ステップ9 - 不透明度を編集します。

それを開くには、不透明度:合成と題し、タイムライン上でダブルクリックします。右側にあるタイムライン24フレームの開始時に、ハンドルをつかむ。

Opacity TL

不透明度のタイムライン


黒不透明度線によって示されるように、これは、24フレームフェードを作成します。


ステップ10 - 第二にフェードを作成します。

第二トラック(私の場合はテキストがカーリング)の手順9を繰り返します。これだけ時間が48フレームのハンドルをドラッグして、テキストがフェードインするために2倍の時間がかかり

2 fades in

2フェードで


一度行って、再びダウンして、それを縮小する不透明度のタイムラインをダブルクリックします。


ステップ11 - モーションパスを追加します。

再び最初のトラックを選択します(2012年)と変換するためにアニメーションタイムラインを設定します。位置 。これは簡単に位置パラメータのキーフレームを追加および編集できるようになります。

Transform: Position TL

変換:位置


ステップ12 - 位置を変更します。

インスペクタ( コマンド4)を開き、その中に変換コントロールをオンにする変換エフェクトボタンをクリックします。

Modified Position

変更されたポジション


アニメーションのタイムラインにその位置にキーフレームを追加する+ +最初のフレームでタイムライン上のオプションにクリックします。


ステップ13 - モーションパスを作成します。

再生ヘッドの位置とタイプ58を移動し、Returnキーを押してダッシュボードをクリックします。再生ヘッドは58フレーム(第2層のフェード過去10フレーム)で前方に移動します。 2012年のテキストは、そのパスに沿って移動を停止する場所です。

Motion path

モーションパス


この時間は、単に変化に、再生ヘッドの位置にキーフレームを追加するには、ビューアに追加のキーフレームボタンをクリックします。その最終的な位置(モーションパスを示す赤い破線に注意してください)​​にテキストレイヤーをドラッグします。

あなたは、もう少し実験を試してみたい場合は、両方の多分アニメーション、またはスケールにいくつかの回転を追加してみてください...や!


ステップ14 - タイミングを変更します。

タイミングが奇数感じるなら、それは感じている/右に見えるまで、アニメーションのタイムライン内で前後のキーフレームをドラッグしてみてください。

Move keyframes

キーフレームを移動


ただのFinal Cutの従来のバージョンと同じように、FCP Xは、キーフレームを追加および編集するための多数の方法があります。私にとっては、単に以前のバージョンと同様に、タイムライン上でキーフレームを追加、削除および移動する能力は、まだ使用するための最良の方法です。


ステップ15 - 再生

最高のプレビュー体験を押してカーソルの上またはホームのための生気に満ちた化合物のクリップの先頭に再生ヘッドを移動します。 [フルスクリーンを表示するには、Shift +コマンド+ Fを押してください

私はあなたがFCP X便利なツールで、Photoshopのレイヤー画像のサポートの再導入を見つけることを願っています。あなたは常に正しい行ったように、意志イムよろしいですか?



Check out our Final Cut Pro: DSLR Workflows course!

David Smith

David Smith | Articles by this author

David Smith is Scotland's most qualified Apple and Adobe certified trainer. Having completed his education at Edinburgh College of Art's BAFTA winning Film School, David moved straight into TV production, first as a Vision Mixer then quickly becoming, at the age of just 24, a director of live TV studio productions. In 2001 he moved into Higher Education where he became a lecturer in TV Production, specializing in post-production and live studio production. During this time, and working with the support of the BBC, Channel 4 and independent production companies, David was instrumental in the design, development and implementation of industry-approved vocational courses across Scotland's Colleges. In 2006, after working closely with Apple Computers to create a unique multimedia studio for education at the Music and Media Centre in Perth, David became Scotland's first Apple-Certified Trainer for Pro Apps. This led on to David forming the first Apple Authorized Training Centre for Education, north of Manchester. In 2008 David made the move to full time training and joined the ranks at Academy Class, Ltd. where he continues to train industry professionals as a certified trainer across the Adobe Creative Suite and Apple Pro Apps range.

Comments

You must be logged in to post a comment.
Create an Account  Login Now

What is macProVideo.com?

macProVideo.com is an online education community featuring Tutorial-Videos & Training for popular Audio & Video Applications including Adobe CS, Logic Studio, Final Cut Studio, and more.
© 2018 macProVideo.com
a division of NonLinear Educating Inc.
Link