X Course Advisor FREE Course Advisor
(Close)
Watch Tutorials
macProVideo.com
Close

無料プレミアムアクセス

プレミアムハブの記事、プロジェクトファイルとから、各チュートリアルビデオの最初の10%の私たちのライブラリ全体にアクセスするオンラインチュートリアルのライブラリを

今すぐ無料アカウントを作成しよう!

InDesignでグリフパネルの紹介
Google翻訳で翻訳さ

その上でマックを押しオプション- Gをご存知ですか

この記事では、活用方法を学習しますInDesignsのグリフパネルを 、あなたの文書を作成するためにかかる時間と労力を節約、それらすべてのキーストロークを覚えておく必要がいけないので。


ステップ1

[ウィンドウ]メニューから[ウィンドウ]を選択


ステップ2

すでにいくつかのテキストパネルはそれがそのパネルグループにグリフを配置することに意味がある例えばテキストの回り込みや文字スタイルとして開いている場合、あなたに多くの画面のスペースを与えるためにパネルをドッキング。


ステップ3

利用可能なグリフをスクロール。グリフパネルでは、ドキュメントやテキストボックスに選択したフォントで使用できるすべての文字が表示されます。ただし、うまく見つけることができるように、多数のオプションがある場合もあります。

ヒント:あなたのオプションを絞り込むには、グリフパネルの表示メニューでカテゴリを変更することにより、探しているグリフのコンテキストを選択します。そのような記号、数字やギリシャ語などのカテゴリから選択してください。


ステップ4

一度あなたが探しているグリフを発見して、ドキュメントに追加したいしている、最初にカーソルが文書内の挿入位置で点滅していることを確認し、ダブルグリフをクリックしてください。あなたはそれがあなたのページに現れます。

ヒント:すべてのグリフは、すべてのフォントで使用できるわけではありません。このような場合は、単にあなたがグリフパネル(パネルの左下)に目を通しているフォントを変更する。


ステップ5

あなたがする必要がある場合には、グリフパネルの下部にあるドロップダウンメニューから別のフォントを選択することができます。おそらく、テキストを作るのを恐れて遠く離れてあなたの現在のフォントから移動したいいけない読者に奇妙に見える。


グリフパネルでさらなるワークフローの簡素化

実質ベースでは、文書のスペース上で使いそうなグリフの数が限られている、しかし、あなたが望むものは、潜在的にあなたが検索より多くの時間を費やし、その結果、非常に遠く離れてお互いにすることができます。このような状況を回避する作業を補助するために、InDesignでは、パネルの上部に使用されている最後の10のグリフの可視記録を保持。ここをダブルクリックしても、文書にそれらのグリフが追加されます。大きな時間の節約には、わかります。

このコマンドでは、さらに一歩先を行くと、すべてのあなたの好みのグリフで構成される独自のグリフのライブラリを作成することができます。


ステップ1

グリフのパネルを選択"新規グリフセットの上部にあるフライアウトメニューをクリックして...'.


ステップ2

あなたのグリフの名前を入力セットとソート方法を選択します。


ステップ3

新しいグリフセットが作成されているかどうかを確認するために[表示]メニューをクリックしてください。


ステップ4

別のセットから使用するお気に入りのグリフのひとつを検索します。したら、グリフ自体を右クリックして選択してください


ステップ5

表示メニューに戻り、それをロードするように設定して、新しく作成されたグリフを選択します。選択したグリフが追加されていることを確認してください。

そのグリフセットは、すべてあなたのためにあなたと滞在するInDesignのコンピュータ上のドキュメント。


David Smith

David Smith | Articles by this author

David Smith is Scotland's most qualified Apple and Adobe certified trainer. Having completed his education at Edinburgh College of Art's BAFTA winning Film School, David moved straight into TV production, first as a Vision Mixer then quickly becoming, at the age of just 24, a director of live TV studio productions. In 2001 he moved into Higher Education where he became a lecturer in TV Production, specializing in post-production and live studio production. During this time, and working with the support of the BBC, Channel 4 and independent production companies, David was instrumental in the design, development and implementation of industry-approved vocational courses across Scotland's Colleges. In 2006, after working closely with Apple Computers to create a unique multimedia studio for education at the Music and Media Centre in Perth, David became Scotland's first Apple-Certified Trainer for Pro Apps. This led on to David forming the first Apple Authorized Training Centre for Education, north of Manchester. In 2008 David made the move to full time training and joined the ranks at Academy Class, Ltd. where he continues to train industry professionals as a certified trainer across the Adobe Creative Suite and Apple Pro Apps range.

Comments

You must be logged in to post a comment.
Create an Account  Login Now

What is macProVideo.com?

macProVideo.com is an online education community featuring Tutorial-Videos & Training for popular Audio & Video Applications including Adobe CS, Logic Studio, Final Cut Studio, and more.
© 2018 macProVideo.com
a division of NonLinear Educating Inc.
Link