X Course Advisor FREE Course Advisor
(Close)
Watch Tutorials
macProVideo.com
Close

無料プレミアムアクセス

プレミアムハブの記事、プロジェクトファイルとから、各チュートリアルビデオの最初の10%の私たちのライブラリ全体にアクセスするオンラインチュートリアルのライブラリを

今すぐ無料アカウントを作成しよう!

InDesignのCS5のベースラインに維持
Google翻訳で翻訳さ

私はそれが私が書いたように線が私を導いていたという点で動作するノートPCを持っている学校がいかに有用覚えている。私はまだcantisをdoandすることができませんでしたことの一つは、美しい直線的に書き込みをしてください。


ステップ1 - ベースライン

InDesignはまた、ベースライングリッドを介してこれらのガイド線を持っていることなどの行くとそれを見てみましょう。メニューバーに表示するために行く

ドキュメント全体の平行、水平の青い線の全シリーズが何であるかを表示されます。これは、ドキュメントのベースライングリッドです。

Baseline grid


あなたは、まだ、ドキュメントにテキストフ​​レームを描画する必要があります(あなたが、一部の列を追加するならば、それは後で私たちを助ける)とプレースホルダのテキストを記入していない場合。メニューからタイプを選択する

あなたが二重ページの広がりを見ている場合は、ページの別の領域上に、または隣接するページにこの作業を繰り返します。このようなものを(これはより多くのインパクトを持っているとして、私は別のXの位置にテキストフ​​レームを設定していることに注意してください)​​が必要です。

Example page 1

Example page 2


明らかにInDesignは、自分とは異なり、直線的にテキストを設定することで助けを必要としません。しかし、両方のテキストフ​​レームのテキストの配置をよく見て。各フレーム内の列の間の位置合わせは完璧です、しかし、そうでない2つの独立したフレーム間。より詳細に見てみる、または定規から水平方向のガイドをダウンさせる試みることでズーム、それはそれを行うはずである。彼らはレベルでないことに注意してください!

Misaligned text


テキストの位置がずれている理由は、テキストフ​​レームの両方が異なるのx位置を持っているという事実によるものである、とテキストを整列させる唯一のものは、各ボックス内の個々の最先端のサイズです。文書のための場所では、全体のアライメントはありません。

Leading


ステップ2 - ベースライン、出てこい!

ベースライングリッドは、この問題を解決し、すべてのフレーム、それらが配置されているに関係なく、内のすべてのテキストが完全に揃っていることを保証します。その結果、あなたの文書は、はるかに満足し、専門的になります。それが動作するように置いてみましょう。

あなたがテキストをクリックすると、InDesignですばやく連続のすべてのテキスト(オーバーセットテキストを含む)の5倍もの選択ハイライト表示さ​​れることをご存知ですか?それを試してみてください。

段落の書式設定のコントロールパネルを使用して、ベースラインに揃えるには、アイコンをクリックしてください:

Paragraph formatting

Align to baseline


すべての選択されたテキストは、ベースラインのグリッドではなく、技術のフレームに準拠します。他のボックスに同じ操作を行いますし、アライメントを見てください。


ステップ3 - おっと?

あなたのテキストの整列は突然私のように間隔を倍に増えた?心配は、ベースライングリッドの設定とフォントのリーディングサイズ(両方どれだけの行の間にスペースを出力するフォントを指示しようとしている)との間で生じた紛争ありません。

The Baseline is broken


解決するには物事はInDesignに行く

あなたは目の前にあなたのベースライングリッドの設定を見ることができます。

Baseline Preferences


犯人は、 すべての設定インクリメントであり、私は12ポイントを述べています。それは、フォントのための主要な設定と一致する必要があります。 14.4 ptにそれを変更すると、ダブルスペースを修正します。

Fixed Grid


今、ちょうど上記の絵のように、あなたのテキストが美しく、すべてのページやスプレッド上のすべてのテキストフ​​レームにまたがって配置されます。ドキュメントは、シャープで結果として、より専門的になります。


これらと深さのツアーの多くを取るInDesignのチュートリアルビデオ

David Smith

David Smith | Articles by this author

David Smith is Scotland's most qualified Apple and Adobe certified trainer. Having completed his education at Edinburgh College of Art's BAFTA winning Film School, David moved straight into TV production, first as a Vision Mixer then quickly becoming, at the age of just 24, a director of live TV studio productions. In 2001 he moved into Higher Education where he became a lecturer in TV Production, specializing in post-production and live studio production. During this time, and working with the support of the BBC, Channel 4 and independent production companies, David was instrumental in the design, development and implementation of industry-approved vocational courses across Scotland's Colleges. In 2006, after working closely with Apple Computers to create a unique multimedia studio for education at the Music and Media Centre in Perth, David became Scotland's first Apple-Certified Trainer for Pro Apps. This led on to David forming the first Apple Authorized Training Centre for Education, north of Manchester. In 2008 David made the move to full time training and joined the ranks at Academy Class, Ltd. where he continues to train industry professionals as a certified trainer across the Adobe Creative Suite and Apple Pro Apps range.

Comments

You must be logged in to post a comment.
Create an Account  Login Now

What is macProVideo.com?

macProVideo.com is an online education community featuring Tutorial-Videos & Training for popular Audio & Video Applications including Adobe CS, Logic Studio, Final Cut Studio, and more.
© 2018 macProVideo.com
a division of NonLinear Educating Inc.
Link