X Course Advisor FREE Course Advisor
(Close)
Watch Tutorials
macProVideo.com
Close

無料プレミアムアクセス

プレミアムハブの記事、プロジェクトファイルとから、各チュートリアルビデオの最初の10%の私たちのライブラリ全体にアクセスするオンラインチュートリアルのライブラリを

今すぐ無料アカウントを作成しよう!

あなたのアルバムをプロデュースしながら組織的に滞在
Google翻訳で翻訳さ

Check out our Keynote courses!

の作成、またはアルバムを製造することは困難な作業です。それは1曲が、10、または13曲を書き、作り出すのに十分な注意が必要です?それは処理する多くのことができます!あなたがモルの丘より山のようにはるかに見えることができますあなたのファーストアルバム、作業している場合、これは特にそうです。

私の初期の作品では、私が書いた、組織のあらゆる種類以上が私のプロジェクトを続けるために、記憶に頼る傾向があった。しかし、私は最終的にCDに収録されているすべてのものを置くという時、私は小さなディテールが省略されていること(私の怒っているバンドの仲間と一緒に)気づくに驚かれると思います。

私は自分のために非常にシンプルなスプレッドシート、私はビデオゲームのサウンドデザインで学んだこと、組織の形態を開発するために始めたときです。非常にシンプルな4つのカラムシステムで、私は、一目で、曲は生産の彼らの様々な段階にあったどこに言うことができる。これは等、聞くことによって伝えるために、プロジェクトのCubaseのファイル、またはロジックを開放するよりもはるかに効果的であった

In this tutorial, I'd like to show you how I set up my spreadsheets using Numbers to help me keep track of where I am in any particular album.

ステップ1

私はいつも、単に" "として私の最初の列にラベルを付けることから始めます。しかし、それは" トラック "、等であり得る

ステップ2

それはあなたが簡単に、任意の特定のトラック上での現在位置を一目ではないかので、次の部分は、本当に重要です。これは、[ステータス]列です。私は私が使用する3つの主要な記述を持っている。 、"録音""ミキシング"、そして"完了"。さらにいくつか思い付く気軽に。私は過去に使用した他のいくつかの説明がされている、"歌詞ニーズ"を、等、"ギターニーズ"を

ステップ3

私の番目の列はすべてのタイプのプロジェクトのために必要な、ほとんどのポップアルバムのために非常に関係ありません。リミックスの列には、単に私がこのアルバムからのリミックスシングル先となるトラックを選択させるチェックボックスです。曲がチェックされている場合、これは4番目のカラムにつながる。

ステップ4

私はどのリミックスアーティスト、またはアーティストを割り当てる場所4番目の列は、リミックスこの曲になりますです。リミックスは、通常、自分の音楽にさらされないことがあります他の群衆にあなたのトラックを得るための素晴らしい方法です。

そしてこれは実際にそれである。確かに、あなたが望むようにはより多くの列を追加することができます、しかし私はそれが非常にシンプルにしてみてください。また、同様にカラーコードをあなたの様々なトラックをして歓迎し、必要であれば、ステータス列を取り除くされています。しかし、もしこれを行う場合、あなたは明確に示す下部の凡例を作ることを確認、何色が何を意味する。次に例を示します。

  • Red = Recorded
  • Blue = Written (also the color of sadness)
  • Green = Finished (Also the color of money!)

あなたがもっとこの方法で作業を開始するとして、私はまた、アルバムのファイルでの実際のスプレッドシートファイルを配置することお勧めします。この背後にある考え方は、お使いのコンピュータがダウンした場合、あなたのアルバムと一緒に、組織は、二次ドライブ上にあること、です!

...あなたは右、二次ドライブ上にプロジェクトがあるのですか?

Check out our Keynote courses!

G.W. Childs IV

G.W. Childs IV | Articles by this author

Sound Designer, Musician, Author... G.W. Childs has worn many hats. Beginning in the U.S. Army back in 1991, at the age of 18, G.W. began learning electronics, communications and then ultimately audio and video editing from the Department of Defense. Upon leaving the military G.W. went on to work for many exciting companies like LucasArts, Lucasfilm, Propellerheads, Cakewalk, Midway, MTV. With all of these exciting companies he's either worked as an editor, or sound designer, even sometimes as an actor. G.W. is currently working as an author for Cengage Publishing. He has written the titles 'Creating Music and Sound for Video Games', 'Rewire: Skill Pack', and 'Using Reason on Stage: Skill Pack'. As a musician G.W. has played for years in the band Soil & Eclipse on COP International Records. Additionally, he's worked as a remix artist for acts like Gene Loves Jezebel, Ray Charles, James Brown, Chiazm, Razed in Black, and more.

Comments

You must be logged in to post a comment.
Create an Account  Login Now

What is macProVideo.com?

macProVideo.com is an online education community featuring Tutorial-Videos & Training for popular Audio & Video Applications including Adobe CS, Logic Studio, Final Cut Studio, and more.
© 2018 macProVideo.com
a division of NonLinear Educating Inc.
Link