X Course Advisor FREE Course Advisor
(Close)
Watch Tutorials
macProVideo.com
Close

無料プレミアムアクセス

プレミアムハブの記事、プロジェクトファイルとから、各チュートリアルビデオの最初の10%の私たちのライブラリ全体にアクセスするオンラインチュートリアルのライブラリを

今すぐ無料アカウントを作成しよう!

Mac OS Xのライオンクイックヒント、パート2
Google翻訳で翻訳さ

Mac OS Xの10.7(ライオン開発コード名)にアップグレードしたか、それについて考えている人のために、ここでは、新しいOSの多くの変化と快適得るのを助けるためにライオンのクイックヒントの雑多だ。


1。メールでのクラシックレイアウトを使用して、

年間のApple Mailを使用した後、私は実際にメールのライオンのバージョンで新しい3列のビューを我慢できない。あなたが私に似ているし、もう慣れた設定に戻したい場合、単にメールを選択してください


2。ミッションコントロールのデスクトップをカスタマイズする

私はライオンの新しい紹介してきた別のHUBの記事でミッションコントロール機能を 、しかしここで私が言及していないワンチップです:あなたのミッションコントロールの仮想デスクトップの名前を変更することはできませんので、(デフォルトでは、

これを行うには、現在のデスクトップで[システム環境設定]を開き、[ デスクトップ]を選択します

Desktops in Mission Control


3。スクロールバーではなく、コンテンツをスクロール

ライオンの新機能の多くはIOSの標準に基づいているように見て、それは、あなたがトラックパッドまたは他のマルチタッチデバイスを使用しているときに、デバイス上で二本指で上下にドラッグすると、下にウィンドウの内容をドラッグわかるような気がしてくるそれは、iPhoneやiPadの場合のよう。これは、ライオンが自然スクロールと呼ぶものです。しかし、これはスクロールホイールとトラックボールまたはマウスを使用する場合は、はるかに少ない理にかなっている、とあなたは、ウィンドウのスクロールbarsand contentupを移動するホイール​​をスクロールするために使用して。

ライオンのデフォルトでは、この動作は

Un-natural scrolling


これを実行すると、あなたのホイールをスクロールすると予想される方向でウィンドウのスクロールバーを移動します。このチップはあまりにも、多くのアップル社製以外のマウスやトラックボールで動作することに注意してください。

また、このオプションを変更すると、マルチタッチデバイスも同様に同じように動作させることに注意してください。あなたが両方の長所を持つようにしたい場合は、Pilotmoonソフトウェアのフリーチェックアウトライオンのためのスクロール逆転するが、マルチタッチデバイス用ナチュラルスクロールを維持しながら事前にライオンのように動作するようにスクロールホイールデバイスを設定することができます、。


4。ユーザのライブラリフォルダを表示する

ライオンでは、ユーザのライブラリフォルダは、(あなたのユーザーのフォルダの1つではなく、システムレベル1)、ビューからそれをめちゃくちゃにして新しいユーザを保つためには疑いが隠されていません。しかし、多くのMPVのメンバーを含め、私たちの多くのために、ユーザのライブラリフォルダへのアクセスが不可欠です。多くのサードパーティのオーディオプラグインは、例えば、デフォルトでそこにインストールされます、そして時にはそれらまたはそれらの環境設定やプリセットを移動または削除する必要があります。私たちの最後のヒントは、それを開くと、簡単に将来の使用のためにそれを見つける方法を紹介します。

これを行うには

私はあなたがこれらのヒントが役に立つ見つけた願っています。あなたがお持ちの場合、お近くの画面にすぐに来て、ハブの詳細ライオンクイックヒントを探します。


Richard Lainhart

Richard Lainhart | Articles by this author

Richard Lainhart is an award-winning composer, filmmaker, and author. His compositions have been performed in the US, Europe Asia, and Australia, and recordings of his music have appeared on the Periodic Music, Vacant Lot, XI Records, Airglow Music, Tobira Records, Infrequency, VICMOD, and ExOvo labels. His animations and short films have been shown in festivals in the US, Europe, and Asia, and online at ResFest, The New Venue, The Bitscreen, and Streaming Cinema 2.0. He has authored over a dozen technical manuals for music and video hardware and software, served as Contributing Editor for Interactivity and 3D Design Magazines, and contributed to books on digital media production published by IDG, Peachpit Press, McGraw Hill, and Miller Freeman Books. Previously an Adobe Certified Expert in After Effects and Premiere, a demo artist for Adobe Systems, and co-founder of the official New York City After Effects User Group, he was, from 2000-2009, Technical Director for Total Training Productions, an innovative digital media training company based in New York and California.

Comments

You must be logged in to post a comment.
Create an Account  Login Now

What is macProVideo.com?

macProVideo.com is an online education community featuring Tutorial-Videos & Training for popular Audio & Video Applications including Adobe CS, Logic Studio, Final Cut Studio, and more.
© 2018 macProVideo.com
a division of NonLinear Educating Inc.
Link