X Course Advisor FREE Course Advisor
(Close)
Watch Tutorials
macProVideo.com
Close

無料プレミアムアクセス

プレミアムハブの記事、プロジェクトファイルとから、各チュートリアルビデオの最初の10%の私たちのライブラリ全体にアクセスするオンラインチュートリアルのライブラリを

今すぐ無料アカウントを作成しよう!

運動部2、テキストパスにテキストをアニメーション化
Google翻訳で翻訳さ

最初の部分は、このシリーズの、我々だけではなく、テキストレイヤーのアンカーポイントを使用してテキストをアニメーションを見ましたが、グループの層の上に他の層とテキストを調整する。パート2では、私たちは、幾何学的なパスに沿ってテキストをアニメーションを見てみましょう。このシリーズの技術のすべては、いくつかの非常に複雑なエフェクトを作成するために、相互に組み合わせて使用​​することができますことを心に留めてください。


ステップ1 - セットアップ

イムは、私たちの例では5秒間に720p30のプロジェクトを作成しよう。 Tキーを押すと、テキストツール、私のキャンバスの中心にいくつかのサンプルテキストを入力して起動します。通常、私は、テキスト編集モードから抜け出すは、Escキー打つだろうが、この手法ではないため、テキスト編集モードのまま。 [テキスト]タブには、F4、レイヤーペインで選択したテキストレイヤーを持つとレイアウト]セクションに移動します。レイアウトコントロールブロックでは、パスに対してレイアウトする方法を設定します。さて、楽しい時を過すために準備ができていた!

Figure 1

図1


ステップ2 - シンプルなシェイプの作成

パスのオプションブロックにレイアウトのセクションを下に移動します。デフォルトでは、パスの形状は、スプラインを開くように設定されています。閉じたスプライン、このメニューで、円、矩形波とオプションのすべての作業はほとんど同じ方法です。病気はあなた自身の上の他のユーザーと1、実験を示しています。病気後のジオメトリを取得。

あなただけ見て、アクティブなテキストツールやテキスト編集モードでテキストレイヤーをキャンバス内の図形を操作することができます。その始まりと終わりにテキストやコントロールポイントの下の行を参照してくださいYoullは。キャンバスの端の部分でこれらのポイントをつかんでドラッグします。プロジェクトの開始および-100のキーフレームパスOffsetパラメータで再生ヘッドを配置します。プロジェクトの最後に再生ヘッドを置き、100〜キーフレーム。再生を開始して、線に沿ってあなたのテキストの動きを監視します。

Figure 2

図2


ステップ3 - 複雑な形状を作成

また、ラインナップを変更し、[開くスプライン、円、矩形波とは、この作品には、Optionキーを押しながら、新しいコントロールポイントを作成するには、行の任意の場所をクリックします。複雑な形状を作るために周りのこれらの点をドラッグします。ご希望の場合、B-スプラインにパスタイプを変更します。ラップアラウンドでの作業youreのは、行の終わりに達すると、テキストがすぐに再び、そのパスを開始させます。単独でこのテクニックを使用すると、単純または複雑なパスに沿ってテキストを実行するために非常に簡単かつ迅速な方法を提供します。

Figure 3

図3


ステップ4 - 幾何学的な図形を使用

再生を停止し、プロジェクトの先頭に再生ヘッドを設定します。今Geometryにパスの形状を変更し、我々は、Shapeソースがうまく表示されます参照してください。 コマンド2

Figure 4

図4


ステップ5 - アニメーションパスのシェイプ

再生を停止し、プロジェクトの先頭に再生ヘッドを設定します。背中の矢印レイヤーの可視性をオフにし、それを強調表示します。その中心のキャンバスコントロールを右クリックし、ポップアップメニューから、[頂点の編集]を選択します。 インスペクタ

Figure 5

図5


結論

私は、この技術がどのように詳細かつ複雑になることができるカバーする時間や空間を持っていけない。それはあなたの様々なコントロールやオプションを試していくつかの時間を過ごすことを願っています。ライブラリ図形をカスタマイズ、独自の図形を描くには、今の基本的なツールは、簡単かつ迅速に、非常に驚​​くべき、複雑なテキストパスをしなければならない。


クイックリンク:

運動部1、アンカーポイントのテキストをアニメーション化

運動部2、テキストパス(あなたがそれを読んでいる)内のテキストをアニメーション化

モーションパート3、シーケンステキスト内のテキストをアニメーション化

運動部4のテキストをアニメートすると、パーティクルテキスト(近日公開予定!)



Ben Balser

Ben Balser | Articles by this author

Ben Balser studied educational psychology at Loyola University, and after retiring from a 20+ year IT career, now produces, consults, teaches, and rents equipment for media production as a full time job. As an Apple Certified Master Trainer, he ran the Louisiana Cajun Cutters FCP user group for 8 years, taught post-production at Louisiana State University and has lead their annual teen filmmaking bootcamp. He teaches currently for AATC facilities across the USA and for The Orchard Solutions. He has consulted for higher education, government, broadcast and private production facilities.

Comments

Mar 19, 2013
sjc
No need to respond, I just want to say Ben is one of the best teachers I've ever read. The dude is very smart, creative and ahead of the curve. : >
You must be logged in to post a comment.
Create an Account  Login Now

What is macProVideo.com?

macProVideo.com is an online education community featuring Tutorial-Videos & Training for popular Audio & Video Applications including Adobe CS, Logic Studio, Final Cut Studio, and more.
© 2018 macProVideo.com
a division of NonLinear Educating Inc.
Link