X Course Advisor FREE Course Advisor
(Close)
Watch Tutorials
macProVideo.com
Close

無料プレミアムアクセス

プレミアムハブの記事、プロジェクトファイルとから、各チュートリアルビデオの最初の10%の私たちのライブラリ全体にアクセスするオンラインチュートリアルのライブラリを

今すぐ無料アカウントを作成しよう!

Photoshopで美しいメタリックテクスチャを作成する
Google翻訳で翻訳さ

このクイックではPhotoshopの先端Imはどのようにリアルな外観の光沢のある金属のテクスチャのための基盤を作ろうと行くことをお見せするつもり。テクニックは非常に単純ですし、アプリケーションとバリエーションの多数を持っています。

3Dアプリケーションのテクスチャを使用した作業は本当にPhotoshopの、特に金属の質感の素材を作るとき私は違う考え方に貢献してきました。光沢のある金属材料は、1つの異なるプロパティを持って、彼らはものを反映している!彼らは光沢のある表示にするもの厥!もし何かが反射であるという幻想を与えるためにしたいのであれば、あなたは反射で開始する必要があります。


ステップ1

そうアイブ氏は、Google検索からの倉庫の内部のこの画像を得た。これは私が私の金属材料に反映するイメージです。

image of warehouse interior


ステップ2

イムは、 画像に移動して、16ビットカラーに変換するつもり

この例では、つや消しメタルの外観を行おうとしてイム。起毛金属の表面が荒れているので、それは反射が非常にぼやけされることを意味します。より洗練されたあなたは(参照画像をぼかすになります少ない金属をしたい

ここでは、74px程度でGausianブラーを適用することイム。

Applying gaussian blur


ステップ3

今カーブの調整レイヤーを使用して、いくつかの色補正を適用するつもりイム。個々のカラーチャンネルを使用して、私は根本的に画像を変更することができます。あなたは、アイブレッドカーブのチャンネルを使用して、それが赤い色の​​多くを引き出し見ることができます。この単純な調整は、イメージをさらにメタリックになります。

Pulling the red out of the image


ステップ4

次はイム露出調整レイヤーで全体の明るさを増加させる予定。

Increasing the overall brightness


ステップ5

次はつや消し効果です。この試されてきた手法です。まず、新しいレイヤーを作成し、白で塗りつぶしと効果を使用してノイズを大量に追加します。

Adding noise


次の使用効果

Adding motion blur


その後、変換

Getting rid of the edges


ステップ6

あなたが出費に見合うだけの価値の多くを得ることができるこの次のビットです。ブラシレイヤーに異なる描画モードと不透明度のレベルを試してみることは効果でさまざまなバリエーションを作成することができます。アイブ氏は32%に不透明度を設定し、ここで様々なブレンドモードの例をいくつか示します。

Blending mode 1


Blending mode 2


Blending mode 3


ステップ7

一度満足している、それらを選択し、 コマンドキーとOption - Eを (Windows上ではCtrl - Alt - E)を押して新しいレイヤーにすべてのレイヤーを結合。

Merge all layers


ステップ8

あなたが望むようにここからの上では、テクスチャを使用することができます。 Imはちょうどいくつかのテキストにテクスチャをクリップするつもり。ちょうど(Altキーを押しながらクリックして 、いくつかのテキストを入力し、マージされたテクスチャレイヤーとオプション- OR)の下にドロップします

clipping the texture to text


ステップ9

最後にベベルのビットと、テキストレイヤーにエンボス。

Bevel and emboss


完成した金属の影響が考えられます:

The finished metallic effect


ステップ10 - その他の効果

私が以前言ったようにぼかしの量を使用すると反射率の異なる量を与えることができます。 6pxがぼやけて、その後グラスの効果で処理同じ画像をHERESに。

glass effect


同じテキストで結果をHERESに。私は私が好きな結果を得たまでIVEは単に切り取られた画像を移動。

Metallic glass effect on text


これが役に立つことを願って。で独自のプロジェクトでそれを試してみてくださいAdobe PhotoshopのCS5

Also, check out the newly released Photoshop tutorial on lighting and effects:

Toby Pitman

Toby Pitman | Articles by this author

For the past 20 years Toby has worked as a professional guitarist, programmer and producer. Clients include Sir Paul McCartney, George Michael, Shirley Bassey, Yusuf Islam, Giles Martin as well as the London 2012 Olympic Ceremonies. He has also worked extensively in TV, Advertising and Film. As well as composing himself he has also worked alongside many composers like David Arnold, Clint Mansell and Simon Franglen on many major film releases. An expert in synthesis and sound design Toby has also lectured for Apple on their Logic Pro music software which he has used since its days on the Atari. He has also worked as an educator for the International Guitar Foundation and the Brighton Institute of Modern Music teaching guitar. In his spare time (of which there is very little) he moonlights as a motion graphics artist specialising in Cinema 4D and After Effects.

Comments

Sep 12, 2011
i want to see how is works have seen it on my friends laptop so i want to try it too.thanks
You must be logged in to post a comment.
Create an Account  Login Now

What is macProVideo.com?

macProVideo.com is an online education community featuring Tutorial-Videos & Training for popular Audio & Video Applications including Adobe CS, Logic Studio, Final Cut Studio, and more.
© 2018 macProVideo.com
a division of NonLinear Educating Inc.
Link