X Course Advisor FREE Course Advisor
(Close)
Watch Tutorials
macProVideo.com
Close

無料プレミアムアクセス

プレミアムハブの記事、プロジェクトファイルとから、各チュートリアルビデオの最初の10%の私たちのライブラリ全体にアクセスするオンラインチュートリアルのライブラリを

今すぐ無料アカウントを作成しよう!

Photoshopでカバーフローのスタイルの反射を作成する
Google翻訳で翻訳さ

すべてのあなたのライブラリ内のアルバムカバーのイメージは黒鏡に反映されるように表示されている、Apple iTunesのカバーフローの効果を見てきました。このチュートリアルでは、私たちはあなたに使用してその効果を作成する簡単な方法を示すつもりだAdobe Photoshopを

Let's get started.

ステップ1 - 新規の空イメージを作成します。

最初に、あなたが何かを行う前に、あなたの背景色が黒に設定されていることを確認-あなたの前景色と背景色が白と黒、それぞれをデフォルトに設定されている場合、 スイッチの前景色とでは背景色のボタンを(巻き矢印)をクリックします白は、前景と背景の黒になるようにそれらを切り替えることがツールパレットの下部にある。

なぜかはすぐにあなたが表示されます。

次に、 ファイルを選択します。

もちろん、お好きなサイズの新しいイメージを作ることができますが、ここで重要なことは、我々は背景色が黒にしたいです。しかし、新規画像のダイアログだけが、白透明、または背景色に背景の内容を設定できるように、これは私達が私達の背景色は黒を作った理由です。背景色を選択し、[OK]をクリックします。

ステップ2 - 反映するための画像を配置

次にあなたが反映するイメージを追加する - 私はCDのどれかからカバー画像を使用しています。これを行うには、 ファイルを選択します。

コピー&ペーストや、別のメソッドの代わりに場所を使用する利点は、イメージとターゲットイメージ(私はここにあるとして)よりも大きい場合は、配置された画像が自動的にデスティネーションイメージに合うようにリサイズされるということです。あなたが配置に満足している場合は、画像を配置するには、Returnキーを押します。

ステップ3 - 画像のレイヤーをシフト

Select the image layer and Shift-drag it up towards the top of the frame with the mouse, or nudge it with the arrow keys:

ステップ4 - 画像のレイヤーを複製

配置した画像のレイヤー名をコントロールクリックし、デフォルトの名前と設定を受け入れて、ポップアップメニューから[ レイヤーを複製を選択します。

ステップ5 - 重複レイヤーの位置を変更

複製したレイヤーを選択した状態で、Shiftキーを押しながら上または下にドラッグしますので、元の画像のレイヤーの一番下にスナップさ層を少しずつ動かす。

ステップ6 - 重複レイヤを反転

重複レイヤーが選択されたままの状態で、[ 編集]

ステップ7 - 重複レイヤーにグラデーションのレイヤーマスクを適用します。

選択された重複層の維持、レイヤーパレットの下部にあるレイヤーマスクを追加ボタンクリックします。

レイヤーマスクは、それが添付されているためにレイヤーの透明度を制御する追加の非表示のレイヤーです。私達は私達が直接表示されませんレイヤーマスクに、単純なグレースケールのマップをペイントするつもりだが、それは我々がミラーの表面をシミュレートするために、反射層をフェードアウトできるようになる。マスクは暗いところでは、層がより透明になります、それは軽量なところ、層がより不透明になります。

今グラデーションツールを選択し、背景の線状グラデーションの基本的な前景が選んだ:

今すぐ元のレイヤーの中間程度に反映さ層の底部から約それを上向きにドラッグします。

そしてそこにそれがある- カバーフローの効果を!

より深く行く衝動ガットPhotoshopは

Richard Lainhart

Richard Lainhart | Articles by this author

Richard Lainhart is an award-winning composer, filmmaker, and author. His compositions have been performed in the US, Europe Asia, and Australia, and recordings of his music have appeared on the Periodic Music, Vacant Lot, XI Records, Airglow Music, Tobira Records, Infrequency, VICMOD, and ExOvo labels. His animations and short films have been shown in festivals in the US, Europe, and Asia, and online at ResFest, The New Venue, The Bitscreen, and Streaming Cinema 2.0. He has authored over a dozen technical manuals for music and video hardware and software, served as Contributing Editor for Interactivity and 3D Design Magazines, and contributed to books on digital media production published by IDG, Peachpit Press, McGraw Hill, and Miller Freeman Books. Previously an Adobe Certified Expert in After Effects and Premiere, a demo artist for Adobe Systems, and co-founder of the official New York City After Effects User Group, he was, from 2000-2009, Technical Director for Total Training Productions, an innovative digital media training company based in New York and California.

Comments

You must be logged in to post a comment.
Create an Account  Login Now

What is macProVideo.com?

macProVideo.com is an online education community featuring Tutorial-Videos & Training for popular Audio & Video Applications including Adobe CS, Logic Studio, Final Cut Studio, and more.
© 2018 macProVideo.com
a division of NonLinear Educating Inc.
Link