X Course Advisor FREE Course Advisor
(Close)
Watch Tutorials
macProVideo.com
Close

無料プレミアムアクセス

プレミアムハブの記事、プロジェクトファイルとから、各チュートリアルビデオの最初の10%の私たちのライブラリ全体にアクセスするオンラインチュートリアルのライブラリを

今すぐ無料アカウントを作成しよう!

Photoshopでスマートフィルタを使用して生成速度
Google翻訳で翻訳さ

Check out our Photoshop: Lighting & Light Effects course!

スマートフィルタは、Photoshopのフィルタの多くのしっかりした制御を取ることができるのに最適な方法です。この記事では、写真のオブジェクトがはるかに速く、それが実際よりも動いているように見えるように画像にスマートフィルタを使って見ていきます。それは、イメージの動的な外観を与えるために、スポーツの撮影に使用するために素晴らしい技術です。


ステップ1 - スマートフィルタをスイッチオン

Photoshopで画像を開きます。アイブそのスピードと敏捷性で有名なクリーチャーを選んだ。

A snail


[効果]メニューに移動し、[スマートフィルタ用に変換]を選択します。


ステップ2 - [レイヤ]パネルを確認してください

レイヤーパネルでは、レイヤーが背景レイヤーからスマートオブジェクトに変更されていることがわかります。

Smart object


それは、Photoshopでスマートフィルタを有効にするスマートオブジェクトへの変換です。

ヒント:あなたが代わりにしたい場合は、単にレイヤーパネルでレイヤーを右クリックし、[スマートフィルタに変換を選択します。結果は同じどちらの方法です。


ステップ3 - 選択を作成する

[ツール]パネルから選択ツールを選択します。イムは、この特定イメージ用に、あなたはあなたのためのより適切な別のツールを見つけるかもしれないマグネット選択ツールを選択するつもり。

Magnetic Lasso Tool


あなたがそのすべての部分と四肢を選択していることを確認して、あなたのオブジェクトの周囲に基本的な選択を行います。よりよい選択のより多くのオプションを使用するには、で動作するように自分のままにします。


ステップ4 - クイックマスクを使用した選択の絞り込み

行進アリがアクティブな状態で、[q] を押して、必要な選択のいずれかの改良を可能にするクイックマスクモードをアクティブにする。

Quick Mask Mode


ブラシツールを選択し、Dは黒と白のデフォルトに色を設定するには、Bを押してください。

Brush Adjust


マウスを押しながらブラシサイズを小さくする大きくするか、左には、右のドラッグ中にコントロール- Optionを押して適切なサイズのブラシのサイズを変更します。

Soften Brush


それでもコントロール-オプションを使用して、マウスボタンを押しながら、ブラシを柔らかくするために上下にドラッグする硬化、それまで。これは、ペイントのようにブラシを制御する非常にクールかつ効率的な、しかし主にクールな方法になります。

それは完璧に近かった気になるまでクイックマスクのエッジの周りに黒と白、ペンキの間に前景色と背景色を切り替えるためにXを使用した。選択範囲に追加するには、白と減算に黒を使用。

refined edge


ステップ5 - 選択範囲を保存

今選択は完了ですが、我々はまだそれのための準備ができていないです。そう、それを保存します。 選択しに行く

Save Selection


今すぐコマンド+ Dを押して選択を解除します。


ステップ6 - Motionぼかしフィルタを適用

フィルタに行く


ステップ7 - マスクを追加する

スマートフィルタはスマートフィルタと呼ばれるマスクに適用されている方法は、レイヤーパネルで見ることができます。

Smart Filters


[OK]をクリックします。


選択を選択して保存済選択の概要をリロード

Load Selection


塗りつぶしのオプションを開くにはスマートフィルタと呼ばれるマスクのサムネイル ​​を選択し、EnterキーをShiftキーを押しながらF5キーを

The Fill dialog box


選択した領域の塗りつぶし色として黒使用するかを選択します。フィルタなしの画像は、選択した領域内に表示されます。

Unfiltered image


ステップ8 - マスクを絞り込む

画像は、エッジの周りにきれいに少し見えるかもしれません。ので、少しマスクの周りのエッジまでもう少しリアリズムの粉塵を追加する。

以前と同じようにブラシツールを選択し、唯一のこの時間は、約20%にブラシの不透明度を減らします。

opacity 20%


彼らはあいまいに開始されるまでフォアグラウンドの色として白を使用しては、高速移動するオブジェクトを期待するかもしれないとして、マスクのエッジの一部をペイント。

Mask working


ですから、今は、高オクタンに超スピーディーなアクションショットを任意の画像をそこにすることができますされています。


Check out our Photoshop: Lighting & Light Effects course!

David Smith

David Smith | Articles by this author

David Smith is Scotland's most qualified Apple and Adobe certified trainer. Having completed his education at Edinburgh College of Art's BAFTA winning Film School, David moved straight into TV production, first as a Vision Mixer then quickly becoming, at the age of just 24, a director of live TV studio productions. In 2001 he moved into Higher Education where he became a lecturer in TV Production, specializing in post-production and live studio production. During this time, and working with the support of the BBC, Channel 4 and independent production companies, David was instrumental in the design, development and implementation of industry-approved vocational courses across Scotland's Colleges. In 2006, after working closely with Apple Computers to create a unique multimedia studio for education at the Music and Media Centre in Perth, David became Scotland's first Apple-Certified Trainer for Pro Apps. This led on to David forming the first Apple Authorized Training Centre for Education, north of Manchester. In 2008 David made the move to full time training and joined the ranks at Academy Class, Ltd. where he continues to train industry professionals as a certified trainer across the Adobe Creative Suite and Apple Pro Apps range.

Comments

You must be logged in to post a comment.
Create an Account  Login Now

What is macProVideo.com?

macProVideo.com is an online education community featuring Tutorial-Videos & Training for popular Audio & Video Applications including Adobe CS, Logic Studio, Final Cut Studio, and more.
© 2018 macProVideo.com
a division of NonLinear Educating Inc.
Link