X Course Advisor FREE Course Advisor
(Close)
Watch Tutorials
macProVideo.com
Close

無料プレミアムアクセス

プレミアムハブの記事、プロジェクトファイルとから、各チュートリアルビデオの最初の10%の私たちのライブラリ全体にアクセスするオンラインチュートリアルのライブラリを

今すぐ無料アカウントを作成しよう!

PhotoshopにIllustratorからベクトルマスクをインポートする
Google翻訳で翻訳さ

マスキングは、の基本的な部分であり、Photoshopのワークフローとマスクを作るために多くの異なる方法は、もちろん、あります。レイヤーマスク、ベクトルマスクとクリッピングマスクは、自分の長所や課題を持つすべてのテクニックです。

この簡単なヒントでは病気のあなたのベクトルをインポートする際に非常に迅速かつ簡単な方法を示してイラストレーターとベクトルマスクに変換する。この記事で使用するプロジェクトファイルをダウンロードすることができますこの記事の下部にあるリンクをチェックアウトしてください。


ステップ1

ここで私はGoMedias鮮やかなベクトルパックのいずれかからベクトルのシー​​ルドを持っている。私はパスを選択し、 コマンド+ C(Ctrl - Cを PCで)クリップボードにコピーする。

ステップ2

Photoshopの上の私には2つのレイヤーを持っている。下にはテクスチャ背景画像です。


一番上は、私がウェブから得た金属の質感です。このレイヤーでベクトルマスクを作成するには、レイヤーパネルのCreate Mask]アイコンを私Command -クリック(Ctrl + Cキー PC)を選択。このアイコン上で定期的にクリックするとグレースケールの値に基づいてピクセルを明らかにするまたは非表示にレイヤーマスクを作成します。

ステップ3

選択されたベクトルマスクのサムネイルは、単にパスを貼り付けると、Illustratorからコピーした。 Photoshopは、パスをインポートする方法を尋ねてきます。 "パス"を選択してください。

ステップ4

あなたがそれらのサイズを変更する必要があるかもしれないので、パスは、Illustratorで規模に応じて非常に小さいに来るかもしれない。


自由変形ツールとリサイズを呼び出すためのコマンド+ T(Ctrl - Tを PC)。 ShiftキーとOption(Shiftキーを押しながらAltキーの PC)を押しながら、比例的にスケーリングするためにドラッグします。変換を適用するためにEnterを叩いて。


あなたは、トップレイヤのみだけが入って貼り付けたパスの内部に明らかにされていることがわかるはずです


ステップ5

あなたがマスクされたレイヤーにしたいレイヤースタイルを追加するために現在は無料。


終了結果をHERESに。


なぜ、ベクトルマスク?

ベクトルマスクは、とても明白に加えて、theyreスケーラブルを持っている!ベクトルマスクはピクセルのまま完璧どんなに過激なスケーリング、スケールアップ時に低下するピクセルベースの​​マスクとは違って。

彼らは非常に密接にまたパスの前提を作業レイヤーを図形に関連しています。ほとんどの人は、ベクトルでPhotoshopとの関連が、それは(もベクトルマスクを作成するために使用することができる)ペンツールのようにイラストレーターのすべての基本的な機能を持っていけない

もうひとつの選択肢は、そこに偉大なベクトルシェイプのせん断数です。 GoMedias素晴らしいアーセナルのコレクションから専属に、設計要素は、特にブラシ、シェイプまたは複雑なマスクとコンポジットを作るために、ピクセルベースの​​画像から抽出さで見つけることは難しいだろうPhotoshopのために持って来られることができる。

ここでこのハブの記事のための無料のプロジェクトファイルをダウンロードしてください!


よりお探しですか?より自由なチェックアウトのPhotoshopIllustratorの右側の列でそれぞれのカテゴリをクリックして記事を。

さらにお探しですか?のためのビデオチュートリアルの完全な範囲のチェックアウトのPhotoshopIllustratorを

Toby Pitman

Toby Pitman | Articles by this author

For the past 20 years Toby has worked as a professional guitarist, programmer and producer. Clients include Sir Paul McCartney, George Michael, Shirley Bassey, Yusuf Islam, Giles Martin as well as the London 2012 Olympic Ceremonies. He has also worked extensively in TV, Advertising and Film. As well as composing himself he has also worked alongside many composers like David Arnold, Clint Mansell and Simon Franglen on many major film releases. An expert in synthesis and sound design Toby has also lectured for Apple on their Logic Pro music software which he has used since its days on the Atari. He has also worked as an educator for the International Guitar Foundation and the Brighton Institute of Modern Music teaching guitar. In his spare time (of which there is very little) he moonlights as a motion graphics artist specialising in Cinema 4D and After Effects.

Comments

Jul 14, 2011
DaveP
*sheer*
Jul 14, 2011
Jazzy
I just love this tutorial ! It's a pretty straightforward technique that opens up so many creative possibilities. In my opinion, this is a really inspiring example, makes me want to make something. Thank you Toby, thank you MPV.
You must be logged in to post a comment.
Create an Account  Login Now

What is macProVideo.com?

macProVideo.com is an online education community featuring Tutorial-Videos & Training for popular Audio & Video Applications including Adobe CS, Logic Studio, Final Cut Studio, and more.
© 2018 macProVideo.com
a division of NonLinear Educating Inc.
Link