X Course Advisor FREE Course Advisor
(Close)
Watch Tutorials
macProVideo.com
Close

無料プレミアムアクセス

プレミアムハブの記事、プロジェクトファイルとから、各チュートリアルビデオの最初の10%の私たちのライブラリ全体にアクセスするオンラインチュートリアルのライブラリを

今すぐ無料アカウントを作成しよう!

PhotoshopでヨルダンRudesssヘッドシェービング
Google翻訳で翻訳さ

私の友人および隣人ヨルダンRudess 、とキーボーディストドリームシアターは (と!macProVideoインストラクター )迅速なプロジェクトで彼を助けるために数年前に私に尋ねた-新しいローランドのキーボードを保持している彼のいくつかのプロモーション映像を撮影。それはすべて非常に短期間でアップした、その日の午後私たちは私の前の庭に入ったと一部の画像を撮影する少しソニーのデジタルカメラを使用するので。ラッシュでは、しかし、ヨルダンは、彼の頭を剃ることを忘れないように管理し、そして我々は撮影日時、私は彼の無精ひげを取り除くことができれば私に尋ねた。

In this tutorial, I'm going to show you one quick 'n' easy Photoshop approach to this problem.

ステップ1 - の画像とズームを開く

我々は良いを得るために利用できる最大の解像度で作業する必要がある、ここに冷や汗もの。

ステップ2 - クローンスタンプツールを選択してください

コピースタンプツールは、(また、キーボードの"S"を押すことで、選択する)あなたは、画像内の他の領域からピックアップピクセルで画像にペイントできます、そしてこの仕事のための理想的なツールです-私たちはするつもりだヨルダンの頭の他の部分からきれいな肌で無精ひげの生えた頭皮の皮膚を塗りつぶすために使用します。

ステップ3 - ブラシのサイズを設定する

次のステップは、我々がピックアップしてペイントするつもりか大画素の面積が設定されるコピースタンプツール、の大きさと硬さを設定することです。そのためには、をクリックしてください

このブラシは私達にジョーダンの頭に比べて比較的小さい塗装面積を与えるので、正確に描画することができます、そしてその一つで、塗装のピクセルは、背景のピクセルにスムーズにブレンドします。

ステップ4 - クローンポイントを設定し、絵を描く

ここで最も重要なステップです - あなたがしてペイントするピクセルをコピーしようとしている元となる領域を設定。実際のクローンポイントを設定するには、Optionキー (Mac)またはAltキー (Windows)キーを押したまま、そのためには、十字型のアイコンを参照してください、クローンを作成する元となるポイントにコピースタンプを移動して、クローンの領域を設定する]をクリックします。

私たちはここでやろうとしていることは明確な皮膚と無精ひげを描くために、彼の裸の頭蓋骨の残りにマッチするヨルダンの頭の毛の領域を見つけることです。無精ひげの生えたエリアの隣に肌の色や明るさに一致する彼の頭の上の任意の場所では動作します、とあなたがペイントする領域のコピースタンプツールを配置することによって、一致をテストすることができます。

それは良い試合になるようにコピースタンプツールの円内のサンプル領域が見える場合は、クリックして、透明な肌で無精ひげをペイントにドラッグします。

ショートストロークを使用し、コピースタンプクローンの領域では、(デフォルトで)ペイントしているエリアに平行に移動することに注意してください。最終的には、クローンは、ピクセルの右側の種類できなくなる領域をヒットされます。そのときは、ちょうど戻ってステップとヘッドの別の領域からクローンポイントを再サンプリングします。

ステップ5 - すべての毛を削除する絵画を続行

そう、ちょうどすべての毛が除去されるまでペイントし、必要に応じてクローンポイントを調整してください。あなたは皮膚の色合いと陰影に一致するように頻繁にすべてのストロークのようなクローンのポイントを移動する必要があります。イメージを改善し、肌のトーンが少し豊かなものにする為に、最後に少し色補正を使用すると、剃る説得力になってしまいます。

そして、それはこれだけです!

より多くのPhotoshopの画像のノウハウの再触れる必要ですか? このチュートリアルをチェックアウト

Richard Lainhart

Richard Lainhart | Articles by this author

Richard Lainhart is an award-winning composer, filmmaker, and author. His compositions have been performed in the US, Europe Asia, and Australia, and recordings of his music have appeared on the Periodic Music, Vacant Lot, XI Records, Airglow Music, Tobira Records, Infrequency, VICMOD, and ExOvo labels. His animations and short films have been shown in festivals in the US, Europe, and Asia, and online at ResFest, The New Venue, The Bitscreen, and Streaming Cinema 2.0. He has authored over a dozen technical manuals for music and video hardware and software, served as Contributing Editor for Interactivity and 3D Design Magazines, and contributed to books on digital media production published by IDG, Peachpit Press, McGraw Hill, and Miller Freeman Books. Previously an Adobe Certified Expert in After Effects and Premiere, a demo artist for Adobe Systems, and co-founder of the official New York City After Effects User Group, he was, from 2000-2009, Technical Director for Total Training Productions, an innovative digital media training company based in New York and California.

Comments

Feb 16, 2011
Rounik
Well... I really need a haircut. This will help me a lot. Although I might need more of the content aware fill tool to help me out!

Thanks Richard! Great tut & kudos to Jordan Rudess too!
Feb 18, 2011
fredwardo
Neat post Richard! I have a feeling I'm going to have an awful lot of bald friends in the near future! :)

Keep 'em coming!
Feb 23, 2011
Hrmonik
lol...you just shaved his head
You must be logged in to post a comment.
Create an Account  Login Now

What is macProVideo.com?

macProVideo.com is an online education community featuring Tutorial-Videos & Training for popular Audio & Video Applications including Adobe CS, Logic Studio, Final Cut Studio, and more.
© 2018 macProVideo.com
a division of NonLinear Educating Inc.
Link