X Course Advisor FREE Course Advisor
(Close)
Watch Tutorials
macProVideo.com
Close

無料プレミアムアクセス

プレミアムハブの記事、プロジェクトファイルとから、各チュートリアルビデオの最初の10%の私たちのライブラリ全体にアクセスするオンラインチュートリアルのライブラリを

今すぐ無料アカウントを作成しよう!

PhotoshopのチュートリアルCS5:グラデーションツールを使用してカラー補正
  • PhotoshopのチュートリアルCS5:グラデーションツールを使用してカラー補正

Google翻訳で翻訳さ

私はPhotoshopのが大好きです 。それは、世界中のプロのデザイナー、写真家、ホームユーザーの心を獲得しているそれらのまれなアプリケーションの一つです。それの効果は、それがうまく、本当に日常のポップカルチャーに組み込まれているとなっているように普及してきました。 Photoshopを使って写真やデジタル画像を変更するというアイデアは、オックスフォード英語辞典は動詞として Photoshop 追加した程度に私たちの語彙に入っています:"デジタルコンピュータソフトウェアを使用して変更(写真画像):画像は明らかにフォトショップでされている"!

私はPhotoshopで一番好きなツールの一つは、グラデーションツールです。何故なのかが、Photoshopで私が緩んでさせてはいけないと私は、少なくとも一つの層で、グラデーションを使用しているにバインドされています!しかし、私は写真の領域をカラー補正するための手段として、グラデーションツールを使用して考えたことはありません...ここではメインの画像に別のレイヤーにグラデーションを使用しますが、それでは直接写真自体でこれを達成する方法を見てみましょうことができる(はい、それはPhotoshopの失言ですが、しかし、それはファイルサイズと処理時間を短縮するのです!)これを行う方法を学ぶために読んで...


ステップ1

最初に、ツールパレットからグラデーションツールを選択します。と、グラデーションエディタで透明なグラデーションの前景色を選択します。


ステップ2

あなたの色を選択してください。 PhotoshopのCS5でいい感じでは、Open GLのカラーピッカーから色を選択することです。 Macでコントロールのオプションのコマンドとクリックを押しながら、Windows上:Shiftキーを押しながらAltキーを右クリックします 。これは、写真の領域を明るくするために使用する適切な色を選択できるようになります。

以下の問題のある写真で、絵の上半分が暗すぎると我々はその地域の緑を引き出すために、グラデーションツールを使用することができます。


ステップ3

で、正しい色にしたい画像の領域上で勾配をドラッグします。以下の例では、最も明るい領域に暗い点から始まるグラデーションをドラッグ。このグラデーションの不透明度は40%です。ただし、勾配を適用した後に不透明度を変更する場合は、通常、元に戻す不透明度を変更し、勾配の再描画などには多くの試行錯誤につながる可能性があります。別の方法もあります...


ステップ4

我々は、代わりに別の不透明度の設定で再描画のイメージにそれを適用した後、グラデーションをフェードとブレンドすることができます! [編集 ]を選択

フェード窓からは、それらを適用する前に、不透明度とブレンドモードの両方で異なる設定を試すことができます。


ステップ5

ABの変更[プレビュー]チェックボックスを使用すると元の画像対フェード結果を参照してください。結果に満足したら、[OK]をクリックします。

For the picture above an opacity of 99 and blending mode of Soft Light brought out the greens in the top area. Be aware that there are other ways in Photoshop to achieve this. Some techniques will give better results than others - but this can be a particularly fast and acceptable method in many situations.
.
.
There are plenty more Photoshop tips and tricks. This particular tip is one of many from the Photoshop CS5 101  Core Photoshop CS5 tutorial by Jim Kanter. I'd highly recommend checking it out even if you are familiar with Photoshop!

Rounik Sethi

Rounik Sethi | Articles by this author

Rounik is the Executive Editor for Ask.Audio & macProVideo. He's built a crack team of professional musicians and writers to create one of the most visited online resources for news, review, tutorials and interviews for modern musician and producer. As an Apple Certified Trainer for Logic Pro Rounik has taught teachers, professional musicians and hobbyists how to get the best out of Apple's creative software. He has been a visiting lecturer at Bath Spa University's Teacher training program, facilitating workshops on using music and digital media tools in the classroom. If you're looking for Rounik, you'll most likely find him (and his articles) on Ask.Audio & macProVideo.com.

Comments

Feb 26, 2013
Maha
I need photoshop
You must be logged in to post a comment.
Create an Account  Login Now

What is macProVideo.com?

macProVideo.com is an online education community featuring Tutorial-Videos & Training for popular Audio & Video Applications including Adobe CS, Logic Studio, Final Cut Studio, and more.
© 2018 macProVideo.com
a division of NonLinear Educating Inc.
Link