X Course Advisor FREE Course Advisor
(Close)
Watch Tutorials
macProVideo.com
Close

無料プレミアムアクセス

プレミアムハブの記事、プロジェクトファイルとから、各チュートリアルビデオの最初の10%の私たちのライブラリ全体にアクセスするオンラインチュートリアルのライブラリを

今すぐ無料アカウントを作成しよう!

Photoshopでしわを減らす
Google翻訳で翻訳さ

Check out our Photoshop: Body Modifications course!

もちろん、Photoshopは、コピースタンプ、スポット修復ブラシや、より最近ではコンテンツアウェアフィルのようなツールに触れ、そのシンプルで効果的な写真で有名です。彼らが使用するシンプルなツールであるしかしものの、彼らは常にその作業に適したものではないし、そしてそれらがある場合でも、彼らは常に最善の方法で使用されていません。

この記事で私はあなたの顔からしわを減らすのではなく、削除するためのテクニックを表示するつもりです。しわを減らすことで、イメージを操作するが、それは自然と未編集の状態に保つことに成功する可能性が高くなります。私はそれがすべての傷や欠陥を除去するために現実的なことはありません見つける。とに加えて、顔は完全にそれらを取り除くことを探して自然な何少数のしわを持っているのに十分成熟した誰かに属している場合?それだけで奇妙に見えます。


ステップ1 - リンクルフリーのレイヤを作成します。

[背景]を押して(新しいレイヤーのショートカット)としてすでにオープンして編集しているというイメージを持つ

wrinkle free layer


このレイヤーを選択してください。


ステップ2 - ブラシを設定

修復ブラシツールやプレスJJ]を選択します。

brush settings


すべてのレイヤーを選択することで、非破壊的なワークフローを作成し、背景レイヤーのピクセルをサンプリングするだけリンクルフリーという名前のレイヤーの上に戻ってそれらを描くことができるようになります。


ステップ3 - ヒールの準備をする

ピクセル上で修復ブラシツールでオプションクリックしてもしわのない肌のセクションをお試しください。

brush size


編集されると一緒にコントロール、Optionを押しながらそれぞれを増減するにはカーソルを上下にドラッグするかによってしわの幅よりもわずかに大きくなってブラシのサイズを変更する最初のしわ以上ブラシを置きます。


ステップ4 - ブラシをソフトにします

ブラシが正しいサイズになると、agin コントロールオプションを押したままこの時間が左右にドラッグすることによって、少しエッジを柔らかくする。ブラシは、その辺の80%の羽毛を持っているときに停止します。

soft brush


これは難しいどんなあなたが肌に行った編集のエッジを参照するようになります。


ステップ5 - スタートヒーリング

一度ブラシはしわしわが無料という名前のレイヤーを1つずつ上のペイントする準備がスタートです。

wrinkles painting


できるだけ多くのしわとして描き、任意のピクセルの損傷を心配しないで、画像はすぐに少し歪んだという醜い見て開始されます。これはOKです。

ヒント:そのようなペイントするブラシのソースによってピックアップされている眉、唇または鼻孔などのオブジェクトに注意する。これはオプションを押しながらあなたが行くように新しいソースを選択することにより、再サンプリングを保つ避けるために。


ステップ6 - しわのリターン

一度すべてのしわは、イメージがかなり恐ろしい見えるフリーリンクルという名前のレイヤーによって根絶されています。しかし、すべてこの層がやってする必要があることをそれらを根絶できない、しわを減らしています。

opacity slider


バックグラウンドのレイヤー上にしわを再表示を確認するために開始できるようになるまで、これを達成するために、リンクルフリー層の不透明度を減らすことを開始するレイヤーパネルでレイヤーの不透明度スライダを使用してください。あなたの写真に最も適したものにパーセンテージを設定します。鉱山は61%で、私はそれがうまくいくと思う。

この手法は、むしろそれを完全に削除せずに、いずれかの古い写真のスキャンで折り目を軟化、または写真のタトゥーの影響を軽減する、あまりにも他のものに対して機能します。今あなたがそれを行う方法を知って、あなた自身にそれを適用することができますほかに何かを参照してください。

After vs Before

前後の対


Check out our Photoshop: Body Modifications course!

David Smith

David Smith | Articles by this author

David Smith is Scotland's most qualified Apple and Adobe certified trainer. Having completed his education at Edinburgh College of Art's BAFTA winning Film School, David moved straight into TV production, first as a Vision Mixer then quickly becoming, at the age of just 24, a director of live TV studio productions. In 2001 he moved into Higher Education where he became a lecturer in TV Production, specializing in post-production and live studio production. During this time, and working with the support of the BBC, Channel 4 and independent production companies, David was instrumental in the design, development and implementation of industry-approved vocational courses across Scotland's Colleges. In 2006, after working closely with Apple Computers to create a unique multimedia studio for education at the Music and Media Centre in Perth, David became Scotland's first Apple-Certified Trainer for Pro Apps. This led on to David forming the first Apple Authorized Training Centre for Education, north of Manchester. In 2008 David made the move to full time training and joined the ranks at Academy Class, Ltd. where he continues to train industry professionals as a certified trainer across the Adobe Creative Suite and Apple Pro Apps range.

Comments

You must be logged in to post a comment.
Create an Account  Login Now

What is macProVideo.com?

macProVideo.com is an online education community featuring Tutorial-Videos & Training for popular Audio & Video Applications including Adobe CS, Logic Studio, Final Cut Studio, and more.
© 2018 macProVideo.com
a division of NonLinear Educating Inc.
Link