X Course Advisor FREE Course Advisor
(Close)
Watch Tutorials
macProVideo.com
Close

無料プレミアムアクセス

プレミアムハブの記事、プロジェクトファイルとから、各チュートリアルビデオの最初の10%の私たちのライブラリ全体にアクセスするオンラインチュートリアルのライブラリを

今すぐ無料アカウントを作成しよう!

ストーリー作曲HDとiPadのストーリーボードを作成する
Google翻訳で翻訳さ

2011年8月1日にCinemek社はApp Storeで、そのストーリーの作曲家HDソフトウェアを立ち上げました。私はこれは確かに一見の価値ありと思った!以下は、すべてのあなたのソファの快適さからか、どこにあなたがiPadを使用して、ストーリーボードを作成するには、この革新的なアプリを使用するステップ·バイ·ステップのアプローチである。


ステップ1 - 新しいストーリーボードを作成します。

メニューボタンをタッチして、新しいストーリーボードを開始するには、シンボルに触れて表示されるウィンドウから。

start the story


必要に応じてストーリーボード、プロダクションと監督に名前を付けて、キーパッドの完了をタッチします。メニューを閉じるには、Xを押すと、ストーリーボードの準備が整います。


ステップ2 - いくつかのシーンを追加します。

すべてのストーリーボードは、多くの時間が必要に応じてされると下のメニューで新しいシーンのアイコンをタッチのシンプルなタスクです。詳細を追加して、一つのシーンから始まります。

ヒント:あなたはすでに1つのシーンがありましたらまた(それがとにかく似ていると仮定して)代わりに次のシーンを複製することができます。

Adding a scene


次のステップは、iPadのフォトライブラリから静止画像をインポートすることにより、シーンにコンテンツを追加開始することです。

adding content from the Photo Library


上部メニューのフォトライブラリのアイコンをタッチすると、すでに場所やアニマのために写真を同期している場合、あなたはそれらを選択し、ショットのようにそれらをインポートすることができますフォトライブラリを開きます。


ステップ3 - 配置場所

あなたのフォトライブラリの画像の数がある場合は、明らかに彼らは、ショットの順序ではないでしょうね、あなたは異なるシーン間には、イメージの一部を繰り返すことをお勧めします。

ストーリーボードHDは、これを有効にするためにうまくiPadのタッチスクリーンを採用しています。タッチしたままのシーンを、ディスプレイだけでIOSのホーム画面にアプリの周りを移動するように、順序にシャッフルして静止画をすることができ、編集可能なワークスペースに変換します。

Arranging locations


選択したショットを複製するには、単に下のメニューで重複したアイコンをタッチします。

duplicate icon


ステップ4 - 文字を追加する

別のウィンドウでそれを開くと、男性キャラクターを追加するには、文字アイコンをタップするショットでストーリーHDSのキャラクタジェネレータ最初のタップを使用して文字を追加して開始します。

Add a male character


文字が追加され、あなたがジャンルを変更することができます新しいメニューされ、方向に直面したり、文字を削除します。

resize/reposition the character


私が行っているように文字を回転させると、もう少しトリッキーです:ピンチジェスチャーに再び同じような二本の指を使用しています。しかし、むしろそれらを一緒にスライドするよりかは別として、ねじれ運動のしたい方向に回転させます。それはピンチを適用することは簡単だとして、しかし注意してください

ステップ5 - 複数の文字を追加します。

キャラクターのアイコンに別の文字を追加する2番目の時間をタップします。この時間は、女性に文字を変更し、代わりにデフォルトのプロファイルに変更アイブ。

Profile female character


これは今変更することができる唯一の​​文字で、元の文字が、ここで最初の文字がよりを追加する前に、完璧であることを確認してロックされています。

ヒント:元の文字を変更する必要がない場合は、さらに下のメニューの[削除]アイコンを使用して2番目の文字を削除します。


ステップ6 - 文字に指示を追加します。

ストーリーボードHDは、ストーリーボードに文字の動きを示すためにいくつかの本当に素晴らしいオプションがあります。文字が画面を横切って移動したことを示すには、右メニューの矢印アイコンをタップします。

Move a character


矢印が追加されましたら、それは指一本または2本の指を使用して(単なる文字のように)それをねじる回転でそれをドラッグして移動スケールを変更するには、ピンチの動きを使用して編集することができます。

あなたは下のメニューでフリップアイコンをタップして右に反転する場合、デフォルトでは矢印は常に、左を指しています。


ステップ7 - 電源を入れ文字

第二の矢印オプションが回転させます。これは、シーンに回して文字を示すために使用されます。

Rotate characters


ただ動きの矢印のように、回転矢印はねじれやドラッグなどの矢印を修正または削除するには下のメニューを使用して、つまんでちょうど同じ方法で編集することができます。

注:最初に新しい矢印を削除しない限り、新しい矢印が追加された後の文字と同様に、各矢印は編集不可能になります。


ステップ8 - [スクリプトの追加またはLotus Notes

各シーンは、テキストで注釈を付けることができ、おそらくあなたは、いくつかのスクリプト、あるいはカメラのメモまたは類似を追加します。右のメニューから鉛筆アイコンのショットタップにノートを追加することができます。

Adding text


あなたがしてショットに戻ってDoneをタップしたいものを入力できるテキストエディタが開きます。

The added text


テキストはショットエディタに表示されませんが、それはストーリーボードに表示されます。


ステップ9 - オーディオを追加します。

あなたが各ショットにスクリプトを追加したい場合は特にもう一つの大きなツールは、オーディオを追加することです。

Add audio to a shot


オーディオレコーダーを開くには、下のメニューでオーディオアイコンをタップします。録音は録音ボタンをタップして開始する準備ができてyoureのiPadの内蔵マイクでは、あなたが言う何でも記録し、シーンにそのファイルを添付しますとき。


ステップ10 - シーンの長さを変更する

シーンエディタの下部にあるメニューから、ローリングメニューを出すために、時計アイコンをタップします。あなたのショットのために必要な長さに分、秒、フレームのオプションをロールバックします。

change scene length


もう一度メニューを閉じるには、再び離れて時計のアイコンから、画面をタップします。


ステップ11 - カメラの動きを追加する

ドリー、ズーム、トラックとパン:ショットに追加することができる4つの基本的なカメラの動きがあります。一人一人は左メニューのアイコンから選択することができます。

Camera movements


第一緑色の四角形で示さドリーの開始点であり、2番目は赤の四角形はドリーのエンドポイントです:ドリーには、2つの位置を示しています。あなたがピンチ、必要に応じて、ドリーの動きを編集するには、小さな長方形をドラッグすることができます。ボトムメニューには、INからOUTへドリーを切り替えることができます。

ズームだけでなく、二つの位置を示しています。緑色の四角形で示さ最初はズームの開始点である、2つ目は赤い四角形は、ズームのエンドポイントです。あなたがピンチ、必要に応じて、ズームの動きを編集するには、小さな長方形をドラッグすることができます。ボトムメニューには、内から外へズームを切り替えることができます。

Camera zoom controls


トラックは、2つの位置を示しています。緑色の四角形で示さ最初のトラックの開始点で、2番目は赤の四角形は、トラックのエンドポイントです。あなたは、必要に応じてトラックの動きを編集するか、四角形をつまんでドラッグすることができます。ボトムメニューには、開始または終了ポイントエディタを切り替えることができます。

Track options


緑色の四角形で示さ最初にパンの開始点であり、2番目は赤の四角形はパンのエンドポイントである:パンは、2つの位置を示しています。あなたは、必要に応じてパンの動きを編集するか、四角形をつまんでドラッグすることができます。ボトムメニューには、開始または終了ポイントエディタを切り替えることができます。

Pan options



ステップ12 - シーン内の異なるショットへの切り替え

ショットの切り替えはとても簡単です。トップ·メニューからページのアイコン上でストーリーボードタップから新しいパネルにアクセスすることができます。これは、エディタでそのショットを編集するには、別のショットをタップすることができ、そこから全体のストーリーを明らかにする。

Back to the storyboard


別の迅速なオプションは、ショットの編集画面の右下にありナビゲーターを使用することです。 [戻る]または[進む矢印をテーピングすると、各ショットを通って、または前方にスキップします。

Navigator view


ステップ13 - ストーリーボードを確認

[OK]をので、あなたは、すべてあなたのショットをしたカメラの動き、オーディオ、ノートと必要な他のすべてを追加しました。今ではバックストーリーを見てみましょう。

あなたが作ったかもしれないすべてのシーンが含まれているメニューに戻って取るシーンボタンをタップします。

Reviewing the scenes


あなたは下のメニューからウォッチアイコンを見て、触れておきたいシーンをタップします。ストーリーボードは、フルスクリーンビデオとして開き、再生を開始します。

Playing back your storyboard


ステップ14 - あなたのストーリーをエクスポートする

ストーリーボードが完了したら、それがエクスポートして共有することができます。

ストーリーボードを選択した状態で上部にあるメニューボタンをタップします。メニューウィンドウ内の共有アイコンをタップして、2番目のメニューがそのような名前を付けて保存...、PDF書き出し書き出しQuickTimeメールストーリーボードなどのオプションを提供してポップアップ表示されます。

Exporting options


watchable QuickTimeムービータップエクスポートQuickTimeを作成することができます。

Export to Quicktime


ビデオがアップロードされ、パスワードにできますし、あなたが選ぶ誰とでも。MOVファイルを共有Cinemekに属するサーバにレンダリングされます。

The final storyboard


これは非常に使いやすいと楽しいアプリケーションです。これは、単純なストーリーボードを作成するには、全く私には時間がかかりません、私はそれがうまくストーリーを伝えるの良い仕事をしていると思います。私はいくつかの段階で追加されたことを確認したいとIdを考えることの一つはそこに任意のイラストレーターのためのいくつかの種類の描画機能ですが、それは本当に大したことではありません。アプリは場所を訪問するyoureの場合は、あなたのために非常にうまく仕事ができるiPhone用にもご利用いただけます。

$ 29.99ストーリー作曲HDをダウンロードしてください。


David Smith

David Smith | Articles by this author

David Smith is Scotland's most qualified Apple and Adobe certified trainer. Having completed his education at Edinburgh College of Art's BAFTA winning Film School, David moved straight into TV production, first as a Vision Mixer then quickly becoming, at the age of just 24, a director of live TV studio productions. In 2001 he moved into Higher Education where he became a lecturer in TV Production, specializing in post-production and live studio production. During this time, and working with the support of the BBC, Channel 4 and independent production companies, David was instrumental in the design, development and implementation of industry-approved vocational courses across Scotland's Colleges. In 2006, after working closely with Apple Computers to create a unique multimedia studio for education at the Music and Media Centre in Perth, David became Scotland's first Apple-Certified Trainer for Pro Apps. This led on to David forming the first Apple Authorized Training Centre for Education, north of Manchester. In 2008 David made the move to full time training and joined the ranks at Academy Class, Ltd. where he continues to train industry professionals as a certified trainer across the Adobe Creative Suite and Apple Pro Apps range.

Comments

Sep 23, 2013
Pino Pgl
Complimenti per la traduzione!
Chi sono questi valenti traduttori? Stanlio e Ollio?
You must be logged in to post a comment.
Create an Account  Login Now

What is macProVideo.com?

macProVideo.com is an online education community featuring Tutorial-Videos & Training for popular Audio & Video Applications including Adobe CS, Logic Studio, Final Cut Studio, and more.
© 2018 macProVideo.com
a division of NonLinear Educating Inc.
Link